いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

スキだらけの幼なじみって最高だな!「天野めぐみはスキだらけ!」は心が喜ぶ漫画です

漫画 漫画-天野めぐみはスキだらけ! 漫画-おすすめの漫画

欲しい。天野さんみたいなスキだらけの幼なじみが欲しい。


あまスキの読者がそう思ったことは、一度や二度ではない。
勘違いして欲しくないのは、天野さんの可愛さは、パンチラやおっぱいだけではないということです。


いやもちろん、パンチラやおっぱいも素晴らしいんだけど(笑顔)


幼なじみだからこその焦れったさ、もどかしさ。
それでも隠しきれない、天野さんの「好き」。


そんな展開に私たちは魅了され、悶えてしまう。
シチュエーションがもう、男のロマンと言っても良いものばかり。


4巻を読んで、確信しました。
「天野めぐみはスキだらけ!」は、心が喜ぶ漫画です。

無防備すぎる天野さんに喝だ!


天野さんの家に誰もいなくて、おまけに鍵も無い時に限って、水浸しになってしまう天野さん。
これもある意味、スキなのか?(不運の類かもしれないけど)


幼なじみの学に助けを求め、シャワーと着替えを借りることになります。
さらっと書いたけど、女子が自分の家のシャワーを使うというシチュエーションだけですでにグッと来る。
高校時代、そんなイベントがありましたか?
私は無かったぞ(涙)


おまけに、学の母のTシャツでは胸がキツくて入らないという事態。
これもね、天野さんがわざわざ「胸がキツくて着れないー」って言ってるのが、また男心を揺さぶってくる。
ただ服が小さくて着れないと言われたら、じゃあそのへんのテキトーな服を、と返すこともまだできます。


しかし、「胸がキツくて」なんて言われたら、おっぱいのこと考えるだろ、男の子のは。


http://blog-imgs-95.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161016171726c55.jpg


誰だってこうなる。私だってこうなる。


逆に言いたい。
妄想するのが礼儀だ……と(それは違う)


少し考えれば、そんな妄想をさせかねないということも気づきそうなものですが、無邪気な天野さんには分からないでしょう。
男の子にもね、色々あるんだよ天野さん……


天野さんの凄いところは、ある意味学の想像を超えてくるところです。


http://blog-imgs-95.fc2.com/z/e/l/zelkova777/2016101618173510c.jpg


彼シャツじゃないか(憤怒)


格好がすでに、スキだらけです。


この漫画は最高か(喝だ!喝!大喝ですよこれは!)



……失礼、心の声が表に出てしまいました。
男の子だもん、仕方ないよね(最悪これ言えば許されると思ってる)
何が「ぷるん」ですか!これみよがしに揺らしてくれちゃって(笑顔)


家に来た女子が、自分のシャツ着ているシチュエーションは、素晴らしく萌えることが分かりました。
私は雑誌掲載時に描かれることのなかった、天野さんが「着たあと」のシャツにも、一人で悶々としてましたけど。
女子が着たシャツを、自分がまた着るんですよ。
ドキドキするに決まっているじゃないか!


という展開を、ねこぐち先生に単行本のおまけとして希望しました。



で、単行本のおまけに載っていたのがこれ。


http://blog-imgs-95.fc2.com/z/e/l/zelkova777/201610161727143a5.jpg


やったぜ


※雑誌掲載時の感想
www.itutado.com

幼なじみの距離


天野さんと学は、学生生活で重きをおいている部分が違います。
天野さんはスポーツ科なので、所属している剣道部の活動優先。
一方、学は特進コースなので、勉強優先です。


主戦場としているフィールドは、それぞれ違っていて。
二人共、そこで結果を出そうともがいています。


自分と違うところで頑張っているから、ふと、相手との距離を感じることもある。
体育祭で、皆から注目され活躍する天野さんの姿は、学に彼女との距離を感じさせるものだったのでしょう。


f:id:watari11:20161016174348j:plain


天野さんがあまりに眩しくて、自分とは違う世界の住人のように思えて。
少し寂しくなる気持ちは、非常によく分かります。


幼なじみの活躍を、どこか誇らしげに。そして少し寂しげに見る学。
非常に共感してしまうシーンでした。


でも、それは決して学だけが抱えている気持ちじゃない


学の寂しいという気持ちを、天野さんもまた持っていました。
勉学が好調な学を見て、自分が置いていかれてしまったように感じていて。


でも今回の体育祭で、学が同じように思ってくれていたのなら。


f:id:watari11:20161016174438j:plain


それはきっと、追いついたということだから。


学の心のモヤモヤを吹き飛ばす、天野さんの最高の笑顔。
学も同じように思ってくれていたという嬉しさ。
追いついたという嬉しさ。


天野さんの「好き」が溢れてきて、読者は悶えるしか無いんだ!


こんなに可愛くて良いんですか?
人類が、幸せになってしまう……
ニヤニヤせずに、この漫画は読めません。


※雑誌掲載時の感想
www.itutado.com

この表紙が凄い!


天野めぐみはスキだらけ!は、表紙も毎回の楽しみです。
最新号の表紙も、透けたレインコート+水着みたいな健全なエロを披露してくれました。
サンデー読者の表情は大変なことになったそうです。
電車で読んだ人は、社会的に死亡したというニュースも入っています。


4巻に収録された表紙では、やはりこれが図抜けていた。


https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/watari11/20160728/20160728005900.jpg


……参った。私の負けだ。その竹刀で打って下さい(懇願)


私も剣道部でしたが、女子がこんな格好で道場にいたら、全く練習できないですね。
ねこぐち先生は、実にけしからん人物です(笑顔)


剣道着+水着の組み合わせなんて見たこと無いよ……反則だよ……

終わりに


単行本4巻の表紙は、今まで一番好きです。
夕焼けの通学路感が、青春っぽさを存分に表現しています。
ベンチに座っている姿も、危うさを感じるあたり、凄く天野さんらしくて可愛い。


本当に面白い内容でした。心が喜ぶ漫画だね!
今回は2話くらいに絞って感想書いてますが、本当はもっと書きたかった。
あまりネタバレしすぎると、読む楽しみがなくなるので自重していますが、読み終わったらぜひ以下の記事も読んでみて下さい。
※単行本に収録されている話の、雑誌掲載時の感想です

「天野めぐみはスキだらけ!」見てもらいたい!似合ってると言われたい!その素直な気持ちに悶絶する - いつかたどり着く

「天野めぐみはスキだらけ!」最新号の表紙に参った!という読者が続出して話題に - いつかたどり着く

「天野めぐみはスキだらけ」天使と悪魔の女の子、くるっと回ってあっかんべー! - いつかたどり着く

「天野めぐみはスキだらけ!」スキだらけ過ぎて、好きが漏れる瞬間が最高に良いんだ! - いつかたどり着く



4巻発売記念で、試し読みも豊富です!

seiga.nicovideo.jp


【1巻感想】
www.itutado.com

【2巻感想】
www.itutado.com

【3巻感想】
www.itutado.com

スポンサーリンク