いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「天野めぐみはスキだらけ!」チラ見してくる幼なじみが可愛すぎた件

漫画 漫画-天野めぐみはスキだらけ!

今週、天野めぐみはスキだらけが読めないという事実に、日々枕を濡らしてます。
嘘です。単行本でなんとか持ちこたえています。


何言ってるか分からない?
先週のサンデーは合併号でした。そういうことだよ!


時間は経ってしまいましたが、最新号の「天野めぐみはスキだらけ」が、非常に良かった。
毎週書いてるけど、やっぱりこの漫画は良いんだよ!


http://www.itutado.com/entry/2016/08/04/%E3%80%8C%E5%A4%A9%E9%87%8E%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%EF%BC%81%E3%80%8D%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81%E4%BC%BC

※先週号は天野さんのチア姿がはじけてます

気になる幼なじみ


最新号は、いかに天野さんが学を「気にしているか」がよく分かる回でした。
チラ見ですよ、チラ見。


今回は学と天野さんというシチュエーションではなくて、体育祭で選手として活躍する天野さんと、裏方の学という感じで描かれています。
接触する機会は最後くらいしかないから、お互い話す機会は、当然それまでない。
でも天野さんは学が気になる(これ重要)


でもじっと見ていたら、目立つし周りの人に何か言われるかもしれない。
……だったらもう、やることは決まっている。


f:id:watari11:20160816000916j:plain


チラ見の時間だああああああああああああああああああああああ!!!


失礼、テンションが上ってしまいました。
女の子にチラ見されるというのは、僕の中では一種のステータスです。
だって、気にしてもらえてるってことだからね!?


ということを飲み屋で熱く語ったら、社会の窓でも空けていればチラ見されるんじゃねーのとかいう冷めた意見をもらいました。
僕は、それで喜ぶような人種じゃないです。。。


学が自分の方を見ているのを確認したからか、ちょっと気合が入っている天野さんが可愛すぎる。
良いとこ見せたい、って気持ちが伝わってきます。
ちょっとした動作に、好意が滲み出ているから、この漫画は本当に素晴らしい。

離されたくない

今週号はチラ見が良かったのは間違いありませんが、二人の関係性が良いなと思える回でもありました。
天野さんは、持ち前の能力で体育祭で大活躍します。
それを裏方で見ていた学。


どんな気持ちになるか、想像するのは難しくありません。

f:id:watari11:20160816001810j:plain


天野さんがあまりに眩しくて、自分とは違う世界の住人のように思えて。
少し寂しくなる気持ちは、非常によく分かります。


親しい人の活躍は、どこか自分が置いていかれてしまったような気分になりますからね。


幼なじみの活躍を、どこか誇らしげに。そして少し寂しげに見る学。
非常に共感してしまうシーンでした。


でもこの漫画は、ここで終わらない。終わらせたりしない。


学の寂しいという気持ちを、天野さんもまた持っていました。
勉学が好調な学を見て、自分が置いていかれてしまったように感じていて。


でも今回の体育祭で、学が同じように思ってくれていたのなら。


f:id:watari11:20160816002354j:plain


それはきっと、追いついたということだから。


この天野さんの笑顔が眩しくて、ゾンビや悪魔でもないのに浄化されるところでした。
※サンデーのゾンビはまあ浄化されないんだけど(どうでもいい)


お酒を飲んでるわけでもないのに、某漫画みたいに「しふく~」って言ってる読者が多数出たそうです。
ソースは僕。


この二人の関係性は、僕をどうしようもなくニヤニヤさせてきます。
学が頑張れば天野さんも頑張るし、その逆もある。
互いに負けないように。並んで歩けるように。
そういったものを、感じさせてくれます。


いやホント、ここの天野さんの笑顔が可愛すぎて。
心がときめいてしまうシーンでした。
天野さんが可愛くて、今日も僕は幸せです。

終わりに

天野さんの可愛さを堪能しちゃいました。
手でニヤニヤを隠すようにしているシーンもまた、非常に可愛かったです。


f:id:watari11:20160816003307j:plain


誇らしかった、学にそう言われたのが嬉しかったんだろうなあ。


学の誇らしかったに対して、「ウチもだよ」と答えた天野さん。
勉学好調の学が……という意味だとは思うけど、学が言葉にしなかった寂しさも、読み取っていたのかもしれません。


……こんな幼なじみが、欲しかったなあ(ため息)

スポンサーリンク