いつかたどり着く

漫画を中心とした感想&レビューサイト。

最近おすすめの漫画

最近在宅勤務していることもあって、漫画を読む時間が増えています。
どうやら10万円も支給されるみたいですし、何に使おうかなーとか検討中の人がいたらぜひ漫画を買って欲しいので、最近オススメのマンガを紹介します。


新作を応援という意味も込めて、2020年に1巻が出た漫画を多めに取り上げてみました。
ランキング形式じゃないので、どれが1番オススメなんだ!と思われるかもしれませんが、掲載したのは全部オススメなので、よろしくお願いします。
※たっぷり漫画にお金を使いたいという方のために、2作品ほど10巻くらい刊行されている漫画も紹介します。

今年1巻が出たおすすめの漫画

怪異と乙女と神隠し

いやあ、めちゃくちゃ面白い漫画が出ました。


28歳の元ヒット作家で、最近すっかりスランプの書店員のむっちりお姉さんが、怪異に巻き込まれる現代怪異譚。
オカルト版にこそ入り浸らなかったものの、不思議ネットや哲学ニュースのオカルトまとめを読み漁っていた頃の自分の気持ちがムクムクと湧き上がってくるのを読んでいて感じました。
怖いのに、どっか惹かれてしまう謎めいた怪異というのを、非常に魅力的に描いています。


ヒロインの小説家という設定が効いていて、彼女と一緒に私も好奇心の方が勝ってしまい、怪異にのめり込んでしまうのがちょっと悔しい。
このヒロインの菫子さんはデカくて(物理)可愛い。

f:id:watari11:20200426012641j:plain
色々とデカい

このムッチリとした肉付きが魅力的ではありますが、怪異のせいで合法ロリと化す能力を得るのもポイントが高い。
熟れ始めという武器だけではなく、色んな要素で性癖を刺してやろうという心意気を感じる。
オカルトには美女も美少女も映えるということを、この作品は証明してくれているのだ……!
怪異に詳しい謎多き男・化野くんの妹も、お兄ちゃん大好きで非常によろしい。熟れた薫子さんに嫉妬しながら高めあって欲しい。


……ヒロインについてばかり書いちゃうけど、読んだらマジでオカルトニュースを調べたくなる作品。
試し読みしたら多分すぐに単行本買っちゃうと思う。
yawaspi.com

宙に参る



宇宙船がセスナ機くらい身近になった未来でも、変わらないモノを見つけた。

近未来サイエンスフィクション作品とのことですが、個人的には結構先の未来です(笑)
人類が地球を飛び出してどこぞにコロニーを作って生活しているような未来でも、今と変わらないものが確かにある。
息子が何らかの事情で脳だけ残して外見が完全にロボットでも、夫の遺骨を届けるために実家(地球)に帰ろうとしたりする。


宇宙系漫画の名作プラネテスはかつて、「愛し合うことだけが、どうしてもやめられない」と述べました。
この漫画の主人公のソラは、すごく技術者然としていて声高に愛を叫んだりはしないけど、行動や言葉の端々に夫や息子への愛を感じさせます。
どれだけ人類が進化しても、そういった人としての営みは残っていく……とメッセージを勝手に受け取りたくなる。
ちなみに息子から見ると、夫婦はラブラブだったらしい(笑)


終始ハイテクノロジーと人間臭さが混じっていて、何というか文化って強いと思わされる。
自立小惑星型AIと将棋を指すなんて、その際たるものでしょう。
どれだけ技術が進歩しても、人間はそんなに高尚な存在になれるわけじゃない。
むしろ、ならなくて良いんじゃないかな……なんてことを考えたくなる魅力を持った作品です。

to-ti.in

僕の妻は感情がない


性癖に刺さる(ド直球)


家に届いた家事ロボットに恋をして、お嫁さんになってもらう漫画です。
異種間恋愛フェチに刺さるというか、家事ロボットとの恋がめちゃくちゃ刺さる。
アンドロイドとの恋を描いた、まほろまてぃっくも好きだったんだ……!
※ブコメで指摘ありまほろまてぃっくに修正しました。すみません!

今作のヒロインである家事ロボットのミーナは、この世界では旧型らしく表情のバリエーションがあまり多くありません。
漫画的には難しくなるのかなと思いきや、不自由があるからこそ刺さる表現もあるのだということを実感させてくれます。

f:id:watari11:20200426022605j:plain
少し強く抱きしめてみる


タクマと違い、ニーナが好きという感情を明確に認識しているということはないでしょう。
けれど、ふとした時に出る行動の理由は、愛しさなのではないだろうか……と思わせてくれるからたまらない。
正しい夫婦の形は分からないけれど、分かりたいから抱きしめる。その行動が、そこにある愛しさを証明してくれているのだ……!
夫の役に立ちたくて、レンジにも嫉妬しちゃうそんなミーナちゃんが私は好きです。

comic-walker.com

キミオアライブ


今年の注目作として連載時から単行本化を楽しみにしていた作品です。

主人公・長谷川君男はやりたいことが多すぎる高校1年生。
自分の好きなことを詰め込めた夢ノートに書き込んだことは全部やりたいけど、普通に生きていく限りそれをやる時間は到底ないことも彼は知っていました。
そんな君男が、ユーチューバーになることを選んだ時……当初は少しだけ訝しんでしまいました。
私自身もユーチューバーと呼ばれる人の動画は見ますが、単なるユーチューバーの漫画化ならば面白くないだろうなと思っていたからです。


そんな杞憂は2話目で吹き飛ばされました。
やってみたいことを動画にする。そのために、全力を尽くしている。
一人で無理ならば、仲間と協力して、やりたいことを成し遂げていく様がたまらなく熱い。


楽しそうにしている君男は、無敵です。周りの人間は馬鹿なことをと思いつつも、気になってしまった時点でもう敗北しています。
気にした時点で、実は関わりたくなってしまっているんですよ。口では馬鹿らしいと言いつつも、楽しいことに自分も加わりたくなってしまう気持ちが生まれていて。
周りを巻き込んでいく様は、自分もその輪の中に入ってみたいと思わせてくるほどの魅力を持っています。
心を高ぶらせてくれる作品です。前作のボーイミーツマリアも面白かったけど、これはもう……たまらん!

comic-days.com

パリピ孔明


話題になった時、タイトルで読まず嫌いしてしまいましたすみません!

ちょっと悪ふざけが過ぎたようなタイトルしてますが、ストーリーはとても真面目で、孔明が渋谷のクラブにいたシンガーの英子の軍師となり、彼女の夢を叶えるためにその策略を振るうという作品。
クラブ文化と孔明なんて合うのか……と思いましたが怖いくらい孔明がフィットしちゃうという(笑)
三国志風の格好のまま、バーカウンターでドリンクを作っている姿はシュールなのに様になってしまうのが恐ろしい。


この漫画の好きな部分は、孔明が英子を推したいと思って推しているところです。
彼女の歌でかつて共に夢を追いかけた仲間を思い出すことができた孔明は、彼女の才能を遺憾なく発揮させるステージに立たせたいというのが行動理由。
義理とかビジネスではなく、惚れた才能のために尽力しているというのが熱い。


ピンチをチャンスに変える策はあっても、それを成功させるだけの力を英子が持っていなければ意味がない。
英子がそれに見合うだけの力を持っているから、孔明も策を振るい道を示したくなるのだろう。
新たな戦場での孔明の活躍が楽しみに過ぎて、今ではコミックデイズで課金して読むようになってしまったのがちょっと悔しい。

comic-days.com

3巻くらいまで出ているおすすめの漫画

今年に入って3巻が出たくらいの、ちょっとまとまった作品が読みたいという人向けの漫画も少し紹介します。

君は放課後インソムニア


今一番、甘酸っぱい青春で溢れている漫画です。
不眠に悩んでいた主人公・中見が、同じく不眠のヒロイン・イサキと出会うことで変わっていく様が、最高に青春。
秘密の天文台で、つかの間の睡眠と秘密を共有するという展開がもう、泣きたいくらい甘酸っぱい。


不眠を解消するために、二人でちょっと遠出をしてみたり。
一緒にいることで、中見はアクティブになっていき、これまで関わらなかったクラスメイトたちとも関わっていく。
けれど、けれど1番大切なのは二人の時間。秘密を伝えるために、時に心臓の鼓動さえ届くくらい近くなる。


二人だけのラジオとかもう、エモ&エモで狂いそう。
眠れぬ夜を二人で超えようとする様が、狂ってしまうくらい私には眩しくて……大好き!

よふかしのうた


読めば間違いなくよふかししたくなる!

だがしかしのコトヤマ先生の最新作『よふかしのうた』の3巻も、4月に発売しています。
何というか夜の開放感というか、誰にも縛られない自由な感覚を絶妙に表現してくれる作品です。

日頃自由に生きているつもりでも、やはりいつもはどこかに「他人」を感じていて、我々は狭い家の中で小さな自由を謳歌しています。
それが夜に外に出たら、人はまばら。少し歩ければそれも消えて、世界に自分ひとりだけのような感覚……みたいなのを見事に思い出させてくれる。


ただ、一人を描く漫画ではなくて、夜には夜の住人がいる。
それが吸血鬼なのが、漫画の楽しいところ。吸血鬼と夜ふかしして遊ぶって楽しすぎるでしょ!
夜は深く、楽しく更けていく様を見たら、夜ふかししたくなるに決まっているもうこれは、本能に訴えかけてきているに等しい。
絵が抜群に上手いから、構図はカッコいいしヒロインは可愛い。主人公の真面目にバカなところも好き。

スキップとローファー


友達になりたいヒロインNo1。

この漫画の主人公・みつみちゃんは、過疎地から東京の新学校に入学します。
努力家で勉強熱心だけど、いわゆる「イケてる」人たちからすると、彼女はズレています。
そのため、不協和音が生まれることもしばしばあって。

けれど、みつみちゃんはいつだって一生懸命で。
分からなくてぶつかるのであれば、それを分かりたいと思う。大切にしたい縁ならば、みっともなくても守ろうとする。
そんな不器用で一生懸命なみつみちゃんに、みんなが惹かれて、毎日が少し楽しくなっていく様が泣きたいくらい愛おしい。

天然でちょっとズレているけど、みんなを幸せにする力を持っているみつみちゃんと友達になりたくて仕方ない。
この輪の中に、こんなにも入りたいと思う作品は久しぶりすぎて、少し戸惑ってしまうレベルです。
アフタヌーンで読むたびに、単行本で読み返すたびに。みつみちゃん大丈夫かなとハラハラすることもあるけれど、頑張って最後には何とかしちゃうみつみちゃんがたまらなく愛おしい。

comic-days.com

ながたんと青と


4巻まで出てるけど、これも推している作品なので紹介させて欲しい……!

京都の老舗料亭を舞台に繰り広げられる、15歳差の年の差夫婦の物語。
夫婦と言っても、そこに恋愛感情は特に無くて、二人のつながりはビジネス的なもの。偽装の夫婦といった表現がふさわしいような関係性でした。


しかし昔なじみの料理人が全ていなくなり、料亭の客足も悪くなる厳しい状況が、二人の距離を少しずつ縮めていきます。
ビジネスパートナーとしての距離ではなく、夫婦としての距離に近づいていく姿に、思わず魅入ってしまったり。
年下の夫・周はこれまで冷静な姿しか見せていなかったのに、垣間見せた未熟さが、いっきに夫婦の距離を近づけた時なんかはもう、ドキドキしちゃうシーンです。
周の未熟さを妻のいち日は可愛いというけれど、年上として接しようと無意識に少し肩に力が入っている感じのいち日も、私は愛おしい。


つまり二人とも可愛いってことだよ!
でもこのまますんなりと、お互いを好きになるほど二人は平坦な人生を歩んできていないのが、またもどかしくもあります。

あと、この漫画読んでるとお腹空くしお酒が飲みたくなるんですよ。
現状外出がとてもし辛い中、美味しいご飯を食べて親しい人をお酒を飲み交わす姿は、この事態が過ぎ去ったら馴染みの店で思う存分飲み食いしたい……ということを思わせてくれるのではないでしょうか・
派手さはないけれど、二人の心の距離と同じ様に、ゆっくりと心に染みてくるタイプの作品です。

comic-days.com

10巻くらいまで出ているおすすめの漫画

大人買いしたい人向けの作品も紹介します。GWにぜひ読んで下さい。

かげきしょうじょ!!


今1番読んでもらいたい少女漫画。集英社版も再編集されて発売されてます!

簡単に言ってしまうと、宝塚音楽学校に入学した少女たちの物語です(名前は違うけど)。
これがもう、熱い。
夢に向かって進む姿は当然熱いんですが、もちろん順風満帆ではなく、挫折や葛藤がそこはあって。


それらを乗り越えていくのは、あくまで自分の力。
教師や先輩、友人が手を差し伸べることはあっても、その手を取って走り出すのはどこまで行っても自分自身なのだ、いうことを読んでいて強く感じます。
夢を追いかける彼女たちは眩しく、そして強い。


当初思っていた未来ではなくても、学ぶことで新たに見えてくる道があって、それを目指して全力で頑張る少女たちの姿が最高に魅力的。
最新刊では、そんな彼女たちが先輩になっていて、先輩としてどんな風に振る舞うのか楽しみで仕方ない。
今まで彼女たちが教わってきた伝統を、今度は自分たちが下に伝える番なのだ。言葉だけではなく、立ち振舞や行動で。
教える中で、彼女たちにも成長に繋がる何かがきっとある。それを読むのが、今からめちゃくちゃ楽しみです。

阿・吽


高みを目指す二人に飲み込まれる。
最澄と空海を描いたこの漫画も、遂に10巻から二人の道が本格的に交わり始めました。


二人にしか分からない境地で、二匹の龍が絡み合い登っていくかのような姿を見せられてしまい、その大きさに圧倒されて。
彼らの行く道はまさに海のようで、絶え間なく押し寄せる波は、進む者の進行を妨げる。
その波を理解し、乗り越えていく姿に、どうしようないくらい魅入ってしまう……。


もちろんここに至るまで紆余曲折あって、色々な政治的な問題もあって、なかなか交流できなかったり修行を中断せざるを得ない事態があったり。
それらを乗り越えて、ようやく二人が再開しているので、読み続けてきた読者にはグッとくるものがあります。
二人を取り巻く環境も目まぐるしく変わっていき、互いの存在を支えに、これまで道を歩んできて今に至る。
これをまとめて読めたら幸せでしょう。


史実の知識がなくても、そしてあっても楽しめる凄まじいパワーを持った作品です。

七つ屋志のぶの宝石匣


恋愛と宝石ミステリーの両方が入り交じる極上のエンターテイメントだと言いたくなる!

二ノ宮知子先生の最新作も、気づけば10巻に到達していました。
二宮先生の描くちょっと怖かったヒロインが、私は大好きなんですよね。
今作のヒロイン・志のぶはある特殊能力を持っていて、それを使って婚約者の顕定を助けたり。


しかしこの二人もかなりこじらせていて、傍から見るとお似合いだしパートナーとしても最高だと思うんですが、互いを大事に思うが故に離れようとしちゃったり。
好きという感情の前に婚約者になってしまったのが、それぞれを縛っていると勘違いさせたりしているんだろうな。

宝石ミステリーの方も、北上家失踪の謎にかなり迫ってきています。
怪しげなダイヤが、彼らをどこに導こうとしているのか、待ちきれなくてKissの連載で追うようになってしまいました……(笑)
基本的にはコメディ調で、時にシリアスを織り交ぜてくるバランスが絶妙で、読み応え抜群。流石というしかない。
ぜひ、このタイミングで読んでもらいたい作品です。

comic-days.com

注目の新連載情報

まだ単行本も出ていない、期待の新作が知りたいという人向けの作品を紹介。

スインギンドラゴンタイガーブギ

comic-days.com

ここ最近で1番注目しているジャズ漫画。
何かが始まるエネルギーで満ち溢れている。キャラの立たせ方も非常に秀逸。粗さが不思議と魅力になっている。
単行本出たら絶対買うしプッシュしたいと思っている作品。モーニングで連載中。

少年のアビス

tonarinoyj.jp

私が死ぬほど好きなラブコメ、『初恋ゾンビ』の作者の最新作。
元々青年誌出身の作家なので、今作は久しぶりの青年誌ということもあって気合十分。


閉塞感のある田舎を舞台に、少年がアイドルだった少女と出逢い、共に「落ちていく」姿を描いている。
今のところ光が差し込む世界はなく、少年を中心に色んな人が沈んでいく未来しか見えないのだけれど、彼らが沈む中で何かを見つけたりするのかを、見守っていきたい。
ちょっとエッチな部分もあるのでドキドキしてます(笑)

百合オタに百合はご法度です!?

comic-action.com

メタ百合・ラブコメディと謳っているように、百合好きの少女が頑張って入学した女子校で、百合な世界観にそぐわないギャルと仲良くなってしまい、自分が百合的な感じになってしまう作品です。
これまで1話しか公開されてないんですが、その1話が最高に楽しくて。
百合好きの少女のリアクションが、いちいち面白い。彼女にはツッコミの才能がある。

f:id:watari11:20200426043951j:plain
M1グランプリでもなかなかこのツッコミはできまい


本来はなんでもないような場面でも、百合好きの彼女だからこそツッコミたくなるポイントが面白い。
なるほど、そういう視点なのかというメタさが楽しめる。
個人的には「私が百合になっちゃうの!?」でめちゃくちゃ笑った。
あんまり書くとネタバレになってしまうので、ぜひ読んで下さい。

対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~

comic-walker.com


はてぶでも話題になったので今更ですが。
勢いと熱量があってめちゃんこ面白い。
ゲームをするお嬢様は口が悪くなるのは世界のルールなのだろうか。ギャップがまたたまらない。
前作の柚子森さんも好きだったので、今後が非常に楽しみ。

おとなりに銀河

甘々と稲妻の作者の最新作。やっぱ漫画の上手い人の作品は1話から面白い。
家族のために頑張る主人公の姿は好ましいし、何考えているか分からないヒロインが、住み込みアシスタントという状況を楽しんでいるということが伝わってくるのも何となく嬉しい。
1話を最後まで読むとタイトルの意味を理解する。
すごく好きそうなラブコメが始まって幸せ。早く試し読みができるようになって欲しい。みんなに共有したい。

往生際の意味を知れ!

spi.tameshiyo.me

あげくの果てのカノン作者の最新作。
この人は、やはりぶっ飛んだキャラを描くのがとても上手い。
読んでいてゾワっとするような嫌悪感を覚えるようなシーンを描いたかと思えば、同じ人物がそのまま平然とコメディー回で笑わせてくる。
ヒロインのサイコパス感に存分に楽しめる作品です。
個人的にスピリッツのサイトの人物紹介が好き。ヒロインの紹介が「♥ 市松の元カノ。」と非常にシンプルだけど描くべき大事なことあるよね!?


終わりに

3月は出版業界も好調だったみたいですが、4月はメインの書店が休業するところが多く、代わりに電子書籍が伸びているとはいえ流石に補うまではいかないでしょう。
はてなブログを読む層は電子書籍派が多い気がしますが、私は部屋が漫画で埋もれて死にかけるという体験をするまでは紙で買っていこうと思っています。
愛用書店は営業時間短縮で頑張ってますが、この状況が長引くと中小の書店は淘汰されてしまうでしょう。
それも時代の流れといえばそうかもしれませんが、個人的には長く残って欲しいなと思っているので、通販で支援できる仕組みも貼っておきます。
https://note.wrl.co.jp/n/n462a6180b968


本当はもっと書きたかったんですが、今これを書いてるのが朝の5時なのでタイムアップ。久しぶりのブログ更新で色々時間がかかってしまった……。
もっと最近の漫画が買いたい!という人向けに、紹介しきれなかった今年1巻が出た漫画のリンクを貼っておきます。参考にどうぞ。
※押して駄目なら押してみろ!は27日発売だけど……(笑)



あと完結した漫画が読みたいなら、今世紀最高との呼び声も高いラブコメの超傑作『初恋ゾンビ』を読めば良いんじゃないかな!!17巻完結です!!

スポンサーリンク