いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

こんな幼なじみが欲しかった!「天野めぐみはスキだらけ!」が壁を殴りたくなるほど面白い件

漫画 漫画-天野めぐみはスキだらけ!

みんな、ラブコメは好きかー!?


僕は大好きだー!


こんにちは、ラブコメの伝道師です。嘘です。
最近面白いラブコメが多く、個人的に非常に嬉しい。
昨年くらいから話題になっているからかい上手の高木さんを初め、今年に入ってからも「彼女はろくろ首」のような面白いラブコメに、会うことができています。


更には、先日感想を書いた初恋ゾンビも素晴らしかったりして、幸せ続きです。

www.itutado.com

今回は、初恋ゾンビと同じくサンデーで連載され、私が毎週楽しみにしているラブコメ漫画をおすすめしてみます。

こんな幼なじみが、僕たちは欲しかったんだ……!

スキだらけって素晴らしい

ヒロインの天野さんは、むちむちなスタイルの持ち主です。
それでいてスキだらけです。

むちむち×スキだらけ=ヤバイという計算式は、男児たるもの本能で導き出せる。


天野さんの幼なじみの学は、東大目指して一生懸命勉強していますが、天野さんのような女性が近くにいたらどうなるか。


f:id:watari11:20160516001034j:plain


これで集中できるなら、男として僕は心から尊敬する。

スカートをパタパタして仰ぐって、じっと見ちゃいけないイベントですが、こんなに無防備にされたら気になるってレベルじゃねーぞ!
個人的には、下敷きでスカートの中を仰ぐシチュもグッドだね(ぉ


彼女のようなむちむちした女性は、多くの場合男性からの視線に晒され、何となく自分が「見られている」ことを意識しそうなものですが、天野さんの場合はそれがない。
それについての、学くんの分析がこちら。

f:id:watari11:20160516000911j:plain

うん、分析するためなら見ちゃっても仕方ないよね(弁明)


ラブコメの基本的なお約束として、ラッキースケベの多くは主人公だけの特権です。
そうじゃないと、彼らに自分を重ねる夢見るオタクたちが、憤慨してしまうからです。
決して僕のことではない。


だから遠藤豆、ほたるさんの裸を見たお前を許さない(だがしかしの話)

余談はこの辺にしておいて。

天野さんの場合、これだけスキだらけだと、主人公の学だけでなく、周りも天野さんのパンチラくらいは見てしまいそうなもの。
……が、周りは決して見られません。
学が奮闘するからです。

スキあらばパンチラしてしまう天野さんですが、そこを学がしっかりガードします。
勉強が第一と言いながらも、天野さんを守る学の姿が非常に微笑ましい。


彼は気づいているのか分からないけど、天野さんは学の前では、いつも以上にスキを見せてしまう。
それだけ気の許せる仲だと言うことを、学は何となく理解しているけど、認めないんですよ。
素直になれない様子を見ていると、思春期の男子っぽくて好感が持てる。


こんな風に書くとお色気漫画だと思われちゃうけど、天野さんのむちむちっぷりだけがこの漫画の魅力じゃない。


学の前で、天野さん女の子であろうとする姿が、たまらなく可愛いのだ!

学だから見せたい、女の子としての自分

学くんの気持ちはよく分かりませんが、天野さんは学に好感を持っていることは容易に読み取れます。
友達以上恋人未満、そんな甘酸っぱい雰囲気が彼女から伝わってくる。


天野さんと学は幼なじみで、家も近所。
ただし、天野さんはスポーツ科で、学ぶは特進。
登校時間は合わせられても、帰る時間はバラバラです。


でも彼女は、部活の後、皆と別れ、学を待つんですよ。


f:id:watari11:20160516001148j:plain

そして世界で一番可愛い嘘をつく。


自分、涙いいすか。
何なんだよ、何なんだよこれは!


僕は天野さんが可愛すぎて壁を殴りそうになり、近所迷惑を考えて枕を殴ったのだけれど、それでもエネルギーを散らしきれずに悶えてしまった。
これが悶えずにいられるわけがない。


もう少し深く読み解くと、天野さんは部活が終わり皆と別れた後、5時40分であることを確認しています。
だから、学を待つという選択をしているんですよ。
それは、学が大体6時まで図書室で勉強していることを知っているから。


教えてもらったわけじゃない。
一緒に帰りたい。
自然と覚えた理由は、それに尽きる。


……こんな幼なじみが欲しかった!!


天野さんの可愛い姿は随所に溢れていて、学にこっちを見て欲しくてスカートを短くしてみたり、学が家に来た時は女の子らしい服装にわざわざ着換えたり。
学に可愛いところを見てもらいたい。
そんな意地らしい姿を見せられるたび、僕の頬は見るに耐えないレベルで緩んでしまいます。
電車でそんな顔をしたら、社会的に死ぬでしょう。だから僕は一人で読むのだ。


砂浜での二人のやり取りは、1巻の中で一番好きなシーンです。


f:id:watari11:20160516001251j:plain


こんな展開ファンタスティック!!

思わず宇宙海賊していた時代のクセが出てしまいました。
このシーンだけ見ると、もしかしてこの良さが完全に伝わらないかもしれないので、少し補足します。


天野さんは剣道部です。
剣道は一般的に左手を重要視していて、右よりも左に多くマメができます。


件のシーンに戻ってみましょう。
学が天野さんより高いところにいて、天野さんは学に引き上げてもらおうと手を伸ばします。


左手を差し出したものの、その手はマメだらけ。
だから、彼女はその手を戻して、右手を差し出しました。


この乙女っぷりは、胸キュン必至です。


少しでも可愛いところ、綺麗なところを見せたいという行動に、僕の心の琴線は鷲掴みされてしまいました。
最高だね、この漫画は!

終わりに

この漫画の愛読者は口を揃えて言います。
こんな幼なじみが欲しかった……と。


そんな風に思ってしまうくらい、この漫画は魅力的です。
学が変に草食系じゃないところが、個人的には好きです。世の中の大人しい男性の大半はムッツリスケベなんだよ!(あくまで個人的な考えです)


初恋ゾンビと天野めぐみはスキだらけ!の2つが、現在サンデーで連載しているという事実。
あれ、ひょっとしてサンデーの黄金期って今?
……いや、どんなに贔屓目に見てもそうだとは言えませんが(笑)


ラブコメ好きにはたまらない作品です。読まないなんて勿体無いよ!

試し読みは下記リンクからどうぞ。

seiga.nicovideo.jp

スポンサーリンク