いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「天野めぐみはスキだらけ!」からかい上手の天野さん。だがしかし、スキだらけ

漫画 漫画-天野めぐみはスキだらけ! 漫画-おすすめの漫画

今年、私の中で「幼なじみキャラ」が非常に熱い。


「味噌汁でカンパイ!」の八重や、「初恋ゾンビ」の江火野さん。
素晴らしい幼なじみキャラが、私を魅了してくれています。


しかし、しかしである。
今年度のTop of THE幼なじみを決めるなら、私は「あまスキ」の天野めぐみを迷うことなく選ぶ。
※天野めぐみはスキだらけ!はあまスキという略称になりました。


幼なじみを時にはからかい、しかしその幼なじみの前で見せるスキだらけな姿。
キュンとくる要素しかない!


3巻はもうね、個人的には至高のラブコメと表現したい。

からかい上手の天野さん

ラブコメ回一、からかうのが上手なキャラは、間違いなく「からかい上手の高木さん」の高木さんです。
あのからかいのレベルになると……悶絶死できる。

www.itutado.com


天野さんも、高木さんレベルではありませんが、読者をニヤニヤさせてくれる「からかい」を見せてくれるんですよ。
落ち込んでいる幼なじみの学に対して、自分が食べていたアイスを同じスプーンで食べさせようとして。


ドキドキさせたところで、途中で引っ込めて自分で食べる。
小学生か!って、ツッコミたくなるレベルのからかいでした。
でもね、小学生レベルのからかいでも、その後の反応で、僕たちはどうしようもなく幸せな気持ちになってしまうのだ。


f:id:watari11:20160911152846j:plain


幼なじみを元気付けた、天野さんのからかい。
それは、天野さんといれば落ち込んでいても、「いつもの自分」に戻れてしまうということ。
それこそがまさに、天野さんと一緒にいる時間が、今の学にとって当たり前であることを非常によく表しています。


……羨ましい。なんて羨ましんだ。


幼なじみにからかわれたいだけの人生だった……


そもそも、そもそもですよ。
このシーンの直前に、学はいつものごとくラッキースケベ的な展開に遭遇しています。
いつも学に非はないんですが、天野さんからはパンチされるのがお決まりの流れです。
でも、そうしようと思っても、学に元気がないことが天野さんには分かってしまっていて。


どんな反応するかと思っていたら。。。


f:id:watari11:20160911154244j:plain


どうしたの、元気ないよ?という無言のヒップアタック。


この天野さんの動きが可愛くて、私は一人悶えていました。
みんな何気なく、流してませんか。
ここの天野さん、3巻通してトップクラスの可愛さですよ!


ちなみに天野さん、からかうのも得意ですが、周りから恋愛関係のことをからかわれるのが、一番得意なようです。


f:id:watari11:20160912000705j:plain


何が良いかって、天野さんはからかわれると赤面するってことだよ!
赤面女子は尊い。
つまり天野さんは尊い。

だがしかし、スキだらけ

今回のタイトルは、ハヤテのごとく!のとある回から引っ張ってきてたりします。
だから「だがしかし」なんて言葉を使っているわけですが、天野さんはどっからどう見てもスキだらけです。
読者的にはもう、スキしかない。


個人的に3巻のこのシーンは、あまスキのラブがコメってるシーンの中で一番好きです。


f:id:watari11:20160912002156j:plain


ツッコミまで含めて、ラブコメとして完璧。


この流れるような展開が、狂おしいほど好きです。
もうホント、天野さんらしくて可愛いんですよ。スキだらけ過ぎぃ!


あんまりこのシーンが好きなので、マンガサロントリガーという場所で行われた、「8月の新刊を語る回」で、あまスキ3巻をおすすめしてきました。



紹介にこのシーンを選ぶくらい、私はこのやりとりが大好きです。
我ながらセンスあるな(自画自賛)


これも毎回書いていることですが、天野さんは「スキ」だらけで「好き」だらけです。
だってさ、学が帰り道に現れた時の表情が、このレベルですよ?


f:id:watari11:20160911153344j:plain


この嬉しそうな顔。守りたい。


本当になんでもないシーンなんです。
帰り道のバス停で、学がたまたまやってきただけのシーンです。
いつも一緒に帰ってるだろ!ってツッコミを忘れてしまうくらい、嬉しそうにしていて。


「好き」が溢れてきて、僕の頬が大変なことになっています。


そして、学の寝言が紛らわしくはありますが、学から「すき」って単語が聞こえた時の、天野さんの反応ときたらもう。


f:id:watari11:20160911153435j:plain


顔どころか、腕まで真っ赤にしてしまう天野さん。


可愛すぎて胸が苦しい。

ドキドキしすぎて、天野さんも苦しそうである。
読者も苦しい。
つまりみんな苦しいシーン(寝ている学以外)


3巻最大の赤面シーン。
個人的には、孫まで語り継いでいきたいほどグッと来る赤面だと思ってます。
※語られる孫が可哀想なので流石にしません


何回でも書くけど、赤面している女の子は、国宝にしたいくらい素晴らしいものなんだ!

終わりに


自分でもちょっと思っていることだけど、私はあまスキが好きすぎる(笑)
最近のこのブログの更新、半分くらいがあまスキ感想です。あと初恋ゾンビ。
……これはあれだ。

サンデーが再び、輝かしい時代を取り戻しつつあるってことだよ!


売上は知りませんが、ラインナップはかなり充実してきていると思います。
やっぱりサンデーと言ったらラブコメなので、あまスキと初恋ゾンビに期待しているのかな、という気はしていますが。


そういえば、9月は「古見さんは、コミュ症です」と、「魔王城でおやすみ」が、遂に単行本発売です。
どちらも本誌で好きな作品なので、非常に楽しみ。



とりあえず、いつもの一言で3巻感想をしめます。


こんな幼なじみが欲しいだけの人生だった……


1巻感想
www.itutado.com


2巻感想
www.itutado.com


スポンサーリンク