いつかたどり着く

漫画を中心とした感想&レビューサイト。イベントレポも書きます

この会話劇を、ずっと読んでいたい!「うたかたダイアログ」が素晴らしすぎる!

複数の美形な異性からモテるわけでもない。世界を救うわけでもない。


「うたかたダイアログ」は、本当にその辺りにいそうな高校生男女による日常コメディーだ。
繰り広げられるのは、とてもためになるとは思えない話。無駄話と言ってもいいだろう。
でもその無駄話が、どうしようもないくらい楽しそうで羨ましい。


ひたすら楽しい、主人公二人を中心とした会話劇。
ずっとずっと、読んでいたいほどに魅力的だ。


www.youtube.com


会話の端々に溢れる残念さがいい!


この物語は、とあるショッピングモールで働く女子高生の宇田川と、男子高校生の片野。
片野は金髪チャラ男という見た目に反して、作中随一の純情キャラ。
一方の宇田川は、サバサバ系女子とも違うシュールさを持っていて、それを表情をあまり変えずに出してくるからおもしろい。


青春浪費系とうたっている「うたかたダイアログ」だが、そこは思春期の男女、恋の1つくらいは登場する。
片野は宇田川に恋をしているのだけれど、これがもう残念さ全開で。



f:id:watari11:20180130002815j:plain
恋が始まる前に終わりそう


「付き合ってくれない」という言葉から、人生の終わりまで連想するこの発想力よ……


コイツどんだけ宇田川のことが好きなんだ……、なんて読者も思わずツッコミたくなるボケっぷり。
目がマジだから、声を出して笑ってしまう。
ボケだけどボケじゃない。この残念っぷりが片野クオリティ。


当事者の宇田川も、普通なら引きそうな場面にもかかわらず、キレのあるツッコミ1つで終わらせる猛者っぷり。
冷静かよ、とこちらはこちらでツッコミたくなってしまう。
忘れてはいけない、この二人は同じくらい変わっているのだ。


しかし残念さで言えば、片野の方が一歩リードしている。
それは惚れた弱みに近いものかもしれない。
なんというかチョロい。全体的にチョロい。


f:id:watari11:20180130002937j:plain
決して褒めすぎではない。多少けなされてるぞ


なんでコイツは照れてるんだろう……


宇田川の言葉を好意的に解釈することにおいて、作中で片野に比肩する人間はいないだろう。
そこに少しでも「褒め要素」が入っていれば、片野くんはちょっとキュンときてしまうのだ。
がんばれカタノット お前がナンバー1だ(チョロさ的な意味で)

楽しすぎる会話劇を、ずっと見ていたくなる


この作品は、言葉のチョイスが本当に絶妙だ。
二人を中心に、登場人物のボキャブラリーが豊富で思わず感心してしまう。


片野くんが角度によってはイケメン、というセリフは出てくるかもしれないけど、そのあとの「トリックアートみたいな感じで」は、常人だったら逆立ちしても出てこない。
それに対する反応やツッコミが合わさると、楽しくて仕方ない会話劇になってしまう。


f:id:watari11:20180130003157j:plain
もうこれは、漫才と言ってもいいレベル


こんなの絶対楽しいに決まっている。


キレッキレの宇田川のボケと、間髪入れずに叩き込まれる片野のツッコミ。
芸術的なテンポ感と言っても、過言ではないだろう。
流れるように繰り広げられる会話劇に、ニヤニヤが止まらなくなってしまった。


生産性なんてなくて、こういうムダな会話が終始繰り広げられている。
それがどうして、こんなに楽しいか思わずまじめに考えてしまいそうになる。
でもすぐに分かった。


何気ない会話が楽しい、ということは誰だって一度は体験したことがあることだ。
二人が表立っていうことはないけれど、片野も宇田川も二人でする無駄話が楽しくて好きなのだ。
その楽しさが溢れて読者にも伝わってくる、きっと本質はここにあるのだろう。


もちろん二人の言葉のチョイス、反応、ツッコミすべてが高レベルというのも大きいし、あと何かこいつらかわいいのだ。
二人がかわいくて、楽しそうに会話している姿を見ていると、少し幸せな気持ちにさえなってしまう。


f:id:watari11:20180130003357j:plain
楽しそうすぎて、もう混ぜて欲しい


こいつら二人ともかわいすぎるだろいい加減にしろ!


ちょっと変わっていて、それでいて素直とかいう愛すべきキャラの二人。
そんな二人が織り成す会話劇が、楽しくないはずがないのだ。
今回の記事は二人に着目して書いているけれど、他のキャラのツッコミも非常に秀逸。
大体片野がツッコミ入れられる展開。残念系男子だからね、仕方ない。


読み終わった後の、幸せな読後感が約束されているこの作品が好き。
ずっと読んでいたい会話劇が、ここにあるのだ。

終わりに


今更プッシュするような作品でもないけど、もっともっと読まれてほしい。
1巻の帯をそれ町の石黒正数先生が書いているけど、それ町のような会話劇が好きな人は、絶対に「うたかたダイアログ」にもハマるはずだ。


少女漫画だけど、男性にも強くおすすめしたい。
片野みたいな男子高校生を男性は好むし、宇田川みたいなヒロインなんて男性は大好きなんだよなあ。


ずっと続いて欲しい会話劇を、ぜひ体験してもらいたい……


※試し読み
www.cmoa.jp


画像引用元
うたかたダイアログ/稲井カオル/白泉社

今日のおすすめマンガ

LINEマンガのムラサキが、スゴい画力でツッコミがほぼ不在のギャグを展開するという衝撃的な内容だった……
個人的な今年の注目作品の1つ。
LINE マンガは日本でのみご利用いただけます|LINE マンガ

スポンサーリンク