いつかたどり着く

漫画を中心とした感想&レビューサイト。イベントレポも書きます

中国嫁日記作者の騒動を通して、人を「信じる」ことについて考えた

騒動の内容は、全てではないけど漫画になっている。


第1話 気がついたら全てが失われていた : 月サンは困ってます


第2話 全てなくなっただけでは終わらなかった : 月サンは困ってます


で、NEWSポストセブンにも記事が乗った。



『中国嫁日記』作者 「ある日、いきなり無一文生活」を激白│NEWSポストセブン


中国嫁日記作者について何か言うことはないんだけど、この記事の一文にちょっと気になる部分があった。

――無防備に信用するからお金が無くなるのだと指摘されそうですが?

井上:起きてしまったことについては、ひとつずつ対応していくしかありません。ご迷惑をかけた人には謝るしかない。でも、スタッフを信じないと一緒に仕事はできなかった。少なくとも私はそうだったんです。だから、信じずに仕事をするという選択肢はありえなかった。


信じずに仕事をするという選択肢はありえなかった。これは別に気になることではない。
ただ、信じるという行為と任せっきりにする行為の繋がりが、しっくり来なかった。


上の事情の全貌はよく分からないので、言及はこれ以上しない。
今回の騒動をきっかけに、少し自分なりに「信じる」ということについて考えてみる。

疑った先に辿り着ける、「信じる」という行為


初対面の人間を信じる人は、まずいない。
その人が、どういった人間か分からないのに、信じるということは基本的にはない。


仮にあったとしたら、よほどの場合を除いて「考えることを放棄した結果」だろう。


「信じる」という行為にたどり着くまでに、人は対象に対して様々な疑惑・疑念を持つ。
そういった部分を1つ1つ取り除いた先にあるのが、「信じる」という行為。


簡単にできる行為ではないし、そもそも簡単にできてしまう方が本来おかしい。
だからこそ、「信じる」という行為は尊いものに感じられる。

信頼は糸の結び目


信頼と信用の違いはよく分からないけどが、ここでは「信じる」と似たような意味合いとして信頼という言葉を使う。


人を信じるという行為は、前述した通り尊いものだと思う。
人を信じて頼る、言葉にすれば簡単でも、行為としてはそうそうできるものではない。


しかし、例え疑惑を乗り越えて辿り着いた信頼だとしても、何かを相手に頼りっぱなしにしてしまうことは、やはり考えることを放棄している。


信頼は、糸の結び目のようなものだ。
互いに引っ張り合うことで、その結び目は強く結ばれる。。片方だけが引っぱっても、結び目は固くならない。
最初に固くしたとしても、結び目は時間の経過と共に緩んでいく。


だからこそ、互いに引っ張り合うことで、信頼という糸の結び目は強固になる。
どんなに信頼していたとしても、この行為を怠ってはいけない。
相手との関係が大切なら、尚更のはず。

信じた自分を誇って


此処から先は、完全に理想論。甘っちょろいお伽話。
疑いを抜けた先に辿り着いた「信じる」という行為でも、裏切られないという保証はない。


裏切られた時にどうするか。
相手が憎いだろう。信じていたのにと、恨むだろう。


でも、そういった負の感情に支配されるよりも。
信じた自分を誇って欲しい。正しいプロセスを踏んだ「信じる」という行為は、尊いものだ。
馬鹿だったと思わない欲しい。それは誇るべきことだ。


その上で、裏切った相手を憐れむなどすれば良い。
許してもいい。許さなくてもいい。
ただ、信じた自分を誇って欲しい。


「信じる」行為をやめるのではなく、人を見る目を養い、もっと強固な信頼関係を築けるよう努力すれば良い。
そういうことが、できる人間になりたい。




最後は完全に理想論で、自分がそうできるかと問われたら、口が裂けてもはいとは言えない。
でも思うだけなら、良いかなって。


人を「信じる」ということは、疑いを抜けた先にある尊い行為で。
そこで結ばれた「信頼」という糸の結び目は、互いに引っ張りあうことで強固なものとなる。

……と、私は思っている。


棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)

棺姫のチャイカ (11) (富士見ファンタジア文庫)

信じるということ (Thinking in action)

信じるということ (Thinking in action)

スポンサーリンク