いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画を中心とした感想&レビューサイト。イベントレポも書きます

からかい上手の高木さんスピンオフ!賑やかで楽しい「恋に恋するユカリちゃん」が良いのだ!

西方と高木さんって…付き合ってるの?


からかい上手の高木さん7巻感想で、「勘違いされちゃっていいよ」と高木さんが思っているのではないかと書きました。
実際にからかい上手の高木さんスピンオフ作品である、「恋に恋するユカリちゃん」で勘違いされかけています。
とはいえ、勘違いしている少女の方にも問題があって。


そう、勘違いしているユカリちゃんは恋に恋する女の子でした。


恋の話がしたいユカリちゃんに対し、親友のミナもサナエも興味がなくて。
会話のパスがあちこちに飛んでいく、三人のやり取りが楽しいのだ……!


というわけで今回は、高木さん祭として2日目として、恋に恋するユカリちゃんの単行本感想です。
※1日目の記事(からかい上手の高木さん8巻感想)
読者を幸せにするからかいという魔法。「からかい上手の高木さん」にニヤニヤが止まらない - いつかたどり着く
※3日目の記事公開中(からかい上手の(元)高木さん2巻感想)
大好きな人だから、ずっとからかっていたい。「からかい上手の(元)高木さん」にニヤニヤした! - いつかたどり着く

ユカリちゃんは恋の話がしたいのです


女子中学生。
そのくらいの年頃の少女ならば、恋バナに興味津々と言われても納得できます。
このスピンオフの主人公、ユカリちゃんは恋バナがしたくて仕方ない少女でした。


f:id:watari11:20180212185311j:plain
恋バナがこんなにしたい女の子も珍しい


泣いて喜んじゃう姿に、ニヤニヤしちゃう


もちろん、常日頃から恋バナができる環境であれば、ユカリちゃんもここまで喜んだりしないでしょう。
ユカリちゃんは、恋バナに飢えているのである。
その原因は、彼女の親友であるミナとサナエにありました。


どうせなら、一番仲がよいミナとサナエと恋バナがしたい。
ユカリちゃんもそう思っていますが、彼女たちは絶望的なくらい恋バナに興味がない。


f:id:watari11:20180212184741j:plain
これはキャッチボールではない。ユカリちゃんの特守だ……


頑張れユカリちゃん……!


思わずユカリちゃんを応援したくなるくらい、二人はまだ恋には興味がなくて。
恋バナや年頃の女子っぽいことをしたくても、ミナもサナエもすぐに別のことを始めてしまう。
何とか恋バナをしようと奮闘しますが、最終的にはから回る。
それがユカリちゃんクオリティ。


高木さんワールドで一番不憫な子、それがユカリちゃんなのだ……!
終始二人に振り回される、そんなユカリちゃんが私は大好きです。


そんなユカリちゃんの最近一番気になっていることが、ズバリ高木さんと西片が付き合っているかどうか。
アニメ「からかい上手の高木さん」のOPで、勘違いされちゃっていいよと歌詞の中にありますが、作中でも順調に勘違いされています。
原作6巻収録の、西片が高木さんに目薬を刺そうとしていたシーンを目撃し、それをキスしていたと勘違いするユカリちゃん。


※参考
このからかいは、人生を幸せにする。いつまでも「からかい上手の高木さん」を読んでいたい - いつかたどり着く


f:id:watari11:20180212185729j:plain
赤面するユカリちゃんがかわいい


まさに恋に恋するユカリちゃんらしい反応。


朝に目撃したユカリちゃんですが、下校時までしっかりと引きずっていました。
間違いなく授業は聞いていないでしょう。
このあとキスの味について話をする3人は、正直かわいすぎました。


からかいカフェ(2回目)がオープンするときは、ぜひユカリちゃんドリンクを作って欲しい。
味はレモン味でよろしく!

ずっと続いて欲しい、賑やかで楽しい日々


このマンガの一番の魅力は、ユカリちゃん・ミナ・サナエの3人の掛け合いです。
3人がワチャワチャしている光景は、微笑ましくて見ているこちらが楽しくなってしまう。


f:id:watari11:20180212185213j:plain
運動会の特訓中。足の速さの違いが一目瞭然


こんなの絶対笑っちゃうだろ!


ミナのこういう子供らしい反応が、時折ものすごくかわいくて困ってしまう。
サナエは足が早くて、ミナが中間くらいで、ユカリちゃんは足が遅い。
なのに困るのは中間のミナという構図が、もう最高におもしろい。
サナエがミナを少しいじめちゃう気持ちがわかる。


走る速さも好きなこともそれぞれ違う3人ですが、一緒にいて楽しいというのが作中から随所で伝わってきます
原作の「からかい上手の高木さん」とは違った眩しさが、確かにこの作品にはあるのだ……


3人一緒にいる光景を、もっともっと見てみたい。
そんな風に思わせてくるマンガです。
ずっとニヤニヤできる。でもミナとサナエが時折百合っぽくて、違う意味でニヤニヤしちゃう(笑)


f:id:watari11:20180212184941j:plain
思わずユカリちゃんもドキドキ


あらあらうふふ(笑顔)


本当はユカリちゃんもそこに混ざっていきたいんですねわかります。
誰かに恋人ができてしまうと、3人一緒にいる時間が減ってしまうので、もう少しこのままでいて欲しいというのが読者の総意です。
悪い虫が付きそう時は蹴散らす所存です(止めろ)

まとめ


読んでいて誰も傷つくことがない、ひたすら「楽しい」が詰まっていました。
女の子になってこんな青春時代を過ごしたい……!なんてことを終始考えてしまったり。
ポジションはサナエがいいです。ミナのほっぺたをふにふにしたいから(笑)


pixivで何話か試し読みができるようなので、こいつはもう読むしかないね!!
comic.pixiv.net


画像引用元
恋に恋するユカリちゃん/寿々ゆうま/小学館

高木さん祭第一弾

www.itutado.com

高木さん祭第三弾

www.itutado.com

スポンサーリンク