いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「初恋ゾンビ」素直になった幼なじみヒロインに、ぼくたちは悶えずにはいられないのだ

ヤバイ。これまで何回も書いたけど更に初恋ゾンビがヤバイ。


この漫画は、私の想像を簡単に超えてきます。
今週号の初恋ゾンビはもう、色々な要素が盛り沢山でした。
しかし、何と言っても主役は江火野さんなのです。


少しずつ、時間をかけて「幼なじみ」の距離を変えていく江火野さん。
これまでの歩みが、今週号で1つの形となります。
素直になった江火野さんが、今週号のサンデーの話題を全てかっさらいました。


立場は違えど、想う心は同じ


先週、江火野さんの心を傷つけてしまったタロウ。
しかし、それもイヴを守るため。タロウはひどいことをした事実を認めながらも、演劇が終わるまではそのままで行くことを決めます。
今週号で、初めてイヴもその現場を見ていたことを知りました。


そして指宿くんが、イヴからその時の江火野さんの反応を聞いてしまいます。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz201.jpg


ここで胸を痛めている理由は、何だろうか。


焚き付けたから……というのもあるでしょう。
ただ、それ以上に、指宿くんだけが知っている「江火野さんの恋心」を傷つけてしまったという痛みだと思います。
恋心を、安易に傷つけてしまったという痛み。


それは多分、自分もまた同じ気持ちを持っているからこそ、分かる痛みなのだと思います。
タロウやイヴは、傷つけたことは理解しても、「何」を傷つけたかを指宿くんのように分かっていません。
……本当に分かっていないのかは、判断つきませんが。
何となく、分からないように思考に蓋をしている気もしちゃうんですよね。


で、指宿くんが何をするかと言うと、江火野さんに謝っちゃいます。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz202.jpg


初恋ゾンビのヒロインは、みんな良い子だから困ってしまう。
指宿くんからすれば、恋のライバルである江火野さんが、タロウと不仲の方が心境的には良いはずです。
でも、指宿くんにはそれができない。


タロウと江火野さんが、自分が関与したことで仲が悪くなっている状況を良しとできない。
傷ついた恋心を、そのままにはできない。


傷ついた江火野さんの気持ちは、指宿くんがずっと大事にしてきた気持ちで。
指宿くんだからこそ、その痛みが分かるのだと思います。
こんな形で傷ついて良い気持ちではないことを、指宿くんが一番知っているから。


そして何より、タロウのことを誤解して欲しくないという気持ち。
イヴが傷ついていたという事情を知らない江火野さんからすれば、タロウがしたことは、受け入れにくいことでしょう。
だから、自分が悪いという形にして、タロウを許してもらう。
指宿くんが取った選択は、そういう思いがあったことが読み取れます。


何というか、恋人とはまた違うけれど、「相棒」感があって良いなあと思ったり。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz203.jpg


江火野さんも、タロウのために指宿くんが謝りにきたことを理解していて。
絶対好きになるという太鼓判を推す。
自分の正体を知らない女性に、こういってもらえて、指宿くんも凄く嬉しいだろうなあ。


二人が女性として出会えたら、性格は違えど、仲の良い友人になれたことでしょう。
その未来は、いつか来るかもしれません。
大人になった時、二人で買い物している光景とか見てみたいなあ。


江火野さんが言うように、指宿くんが女の子宣言した瞬間に、ヒロインは指宿くんのものとなるでしょう。
……きっと、この文化祭編までは。

気持ちに心を委ねて


指宿くんに謝られて、怒ったそぶりもなく、ポツポツと話し出す江火野さん。
ロミオとジュリエットを、チャラチャラしたカップルの話だと感じず、素直に読めたことを。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz204.jpg


かつての江火野さんだったら、興味の出ない物語だったでしょう。
ただ、指宿くんと出会って。タロウの別の顔を知って。
これまでの江火野さんの歩みが、「ロミオとジュリエット」を読んだ時の、今の江火野さんの感想を作っていることが容易に読み取れます。


「恋をするのに壁がある」


無意識にでも、江火野さんが感じている何かがあるからこそ、ロミオとジュリエットの物語をそう解釈できる。
連載当初からの読者としては、江火野さんの変化を実感できたシーンです。
ゆっくりと、けれど確実に、みんな成長してきたんだ……ということを改めて思いました。


江火野さんは、指宿くんが女の子だったらタロウは絶対好きになる……ということを指宿くんに伝えます。
前述した通り、それは今の時点では事実です。


ただ、ここで指宿くんは背中を押してしまいます。
江火野さんが素直な気持ちになれば、また違ってくる……と。


それは、何気ない一言だったかもしれません。
指宿くんの、率直な思いだったのは間違いないでしょう。
ただ、それが江火野さんに刺さる。


「素直」というキーワードが刺さる。
それが、江火野さんの壁を取る壊す、キーワードだからだ。


出番直前の舞台裏。
江火野さんは、ばったりタロウと出くわして。
イヴもいないため、正真正銘二人きり。


謝ってきたタロウに対し、ついつい強がりそうになりますが、ここで指宿くんの言葉を思い出す。
そこからの展開はもう、全ての読者を痺れさせる。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz205.jpg


自分の心臓の音が聞こえるくらいドキドキした。


江火野さんの勇気に、胸が熱くなる。。
素直になるということは、言い方を変えれば心を晒すということです。
無防備な心をタロウに晒しても、伝えたい気持ちがあって。


今、思っている気持ちを伝える江火野さん。
気持ちに心を委ねて、拙くても本当の気持ちを言葉にします。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz206.jpg


1つ1つの思い出を、心に浮かべて。
楽しかったこと、嬉しかったこと、ときめいたことを言葉に詰めて。


「全部タロウだったから…」ここが最高に悶える破壊力があります。
文章的には、何回読んでもつながりはよく分かりません。
けれど、読者は江火野さんが何が言いたいかを、感覚で理解してしまう。


思い出の中にいるのが、他の誰でもない「タロウ」だったから、今この瞬間の江火野さんの気持ちがあるのだ。


タロウと共にいたことで、作り上げた気持ちが、今ここにあるのだ。


江火野さんが一呼吸した瞬間、鳥肌が立った。
舞台への階段を上がる次のページが、読者を悶絶死させる凄いものだということを確信した。


そこにあったのは、本当に真っ直ぐな江火野さんの気持ち。
純粋なその気持ちは、あまりに美しくて、一瞬言葉を失うレベルです。


読み終わった直後は、悶えるどころか発狂しそうになっていました。
今週のサンデーで、文句なしに1番破壊力のあるシーン。
比較対象すらない、ダントツのレベル。


今回このブログでそのシーンの画像を使わなかったのは、絶対に本編を読んだ上で堪能してもらいたいからです。
イヴ好きも、指宿くん好きも、推しキャラを忘れてみんなが江火野さんの姿に魅了される。
抗いようのない力が、確かにそのシーンにありました。


人類が一斉にそのシーンを読めば1日は世界が平和になるね(ぉ


繰り返し読んでいる今週号ですが、このページは必ずじっと魅入ってしまう。
江火野さんが可愛いを通り越して、尊い。
スクリーンセーバーにしたい(してろ)


素直な心は陽の光、風の流れ。これぞ風光の心なり……という言葉が学園戦記ムリョウにあるけど、江火野さんから風光の心を感じたのだ
※誰がこのネタ分かるんだって感じですね


読み終わった直後は、上手く言葉が出てこないくらい心を揺さぶられてしまいました。
完敗です、峰浪りょう先生……

終わりに


単行本感想でもないのに、超ガチガチの感想になってしまいました。
もっと軽いテイストで書いたほうが好まれるんですが、この話は個人的に好きすぎて、そういう感情が全面に出てしまいました(笑)


今後気になる部分としては、やはり江火野さんの素直な気持ちを受けて、タロウがそれにどう答えるかでしょう。
別に問われているわけではありませんが、タロウもまた、江火野さんの半分でも、素直な気持ちを伝えてくれたら良いなあと思ったり。


また、人吉くんの代打でタロウがロミオ役を演じる可能性が結構高くなっています。
その場合、演劇であることを忘れて、江火野さんと心を通わせるシーンが見られるかもしれません。
今まで、実はイヴがその場面を見たことはありませんでした。
ただ、今回は舞台を外から見ています。
心を通わせるシーンが舞台裏である可能性もありますが、本当の意味で、イヴが江火野さんとタロウの仲を意識する瞬間が見られるかも……と期待しています。


いやあ、初恋ゾンビめちゃくちゃ面白いね。
毎週の楽しみ。水曜日が一番好きなのは、間違いなく初恋ゾンビがあるからです。
幸せになれるね。

みんなも、レッツエンジョイ初恋ゾンビ!
※背すじをピン!とのレッツエンジョイ競技ダンス的なノリで

スポンサーリンク