いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

もう描かなくなったあの人へ。何かを止めた人も、続けている人も読んで欲しい「結んで放して」

漫画 漫画-おすすめの漫画

もう描かなくなったあの人へ


そんな帯に描かれた一言を目にして、本屋でふと足を止めました。
買って読んでみると……うん、ちょっと目頭が熱くなったんだ。


題材は漫画ではあるんだけど、これは何かに憧れてその舞台に立って、憧れが舞台を去ったとしても、その舞台で何かを続けている人たち全てに響く物語だと思います。
同時に、その舞台を去った人へも響く。


宛名のない手紙、そんな印象をこの作品に感じました。

私はここにいるよ

同人イベントのあと、あの喫茶店のテーブルには、漫画を描く人が4人いた。時を経て、漫画を描き続けているのはプロの漫画家となった千畝ただひとりとなった。心の中でくすぶり続ける、同人時代の憧憬、情熱、そこにあった原点。そんなある日、もう描かなくなった憧れの人と街中で出逢う。同人誌の世界を舞台に、人生の岐路に立つ女性たちの気持ちが、優しく切なく静かに染み渡る、表題作「結んで放して」を含む、珠玉の短編集。


短編の中でも、やはり表題作である「結んで放して」が一番印象的です。
誰かに憧れて。同じ舞台に自分がいることを知ってもらいたくて。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161207011257ccc.jpg


漫画に限った話ではないけど、自分のあこがれの存在に、自分を知ってほしいと思うことは当然の感情だと思います。
ファンだけど、ファンじゃなくて。
同じ世界で生きる、仲間として認められたくて。


同じように、作ることに情熱を持っている人たちが集まれば、話も盛り上がる。
その相手が憧れの人だったら、きっとそれは夢のような時間。忘れられない時間。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/2016120701170361c.jpg


いつしか、あこがれの人は漫画を描かなくなっていました。
そういうことも、世の中には普通にあります。
でもそれが、なんで寂しいかと言えば、4人で語り合った時間が、同じ情熱を持った同志で漫画を描いた時間が忘れられないからでしょう。


プロになっても。連載を持っても。
あの時間が色褪せることはなくて。周りが描かなくなるなか、思い出だけが色褪せないから寂しくなる。


きっと誰しも、似たような経験はしたことがあると思います。
取り残されているような感覚を、読みながら思い出してしまいました。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161207013556268.jpg


憧れの人は、今は漫画から遠く離れたところにいて。
会えたことは嬉しい。でも同じくらい寂しい。


でも、寂しいだけじゃこの漫画は終わりません。
4人が1人になっても、書き続ける。
去り際に言われた言葉で、また胸に灯火が灯る。


いつか、憧れたあの人に言いたい言葉で、物語は締められます。


これ 私の漫画です よかったら読んでやって下さい


色々と含みを持たせているこの言葉が、私はとても好きです。
字面通りだけじゃない意味が、きっとこれには含まれていて。
私は漫画家ではないけど、それは分かりました。
どんな意味か……までは正確に分からないので、以下は私の推測です。


私はここにいるよ。今もこの場所にいるよ。
だから、いつでも戻ってきてね。


そんなメッセージが、込められている気がしました。
少しぶっ飛んだ話かもしれませんが、天地無用に「恋愛の時空」という曲があります。
その歌詞を、この作品を読み終わった後にふと思い出しました。


もう一度始まる いつだって戻れる 長い時間をかけた最高の恋だもの


恋ではありませんが、創作だって同じなのかもしれません。
昔いたその場所で、かつての仲間が今も頑張ってくれているのなら。
もう一度始められるし、いつだって戻れる。


そんな素敵なことを、考えさせてくれる作品でした。

終わりに


完全に表紙買いってやつですが、とても素敵な作品でした。
内容としてはビターな短編集ですが、読後感が非常に良い。


表題作以外の短編も、少し切なく、だけど優しく心に触れてくる感じが大好きです。
いやあ、良い漫画買いました!


表題作は試し読みできるので、ぜひ実際に読んでみて下さい!

【試し読み】
seiga.nicovideo.jp

年末だから、漫画感想記事で書いてしまったポエムを紹介する

雑記 雑記-ネタ

漫画の感想とか書いてると、このポエムどうやって考えたんだろうって言うときが結構ある。
一体、どんな顔してその時書いたんだろうな……と。


で、個人的にポエム度が高いなあと思った記事を探してみました。
※書いてる本人は、その時は至って真面目に書いてます。

愛しているから、せいいっぱいの嘘をつく。


www.itutado.com

この記事書いた時に使われた言葉。
恥ずかしいセリフ禁止!ってちょっと言いたくなりますね。でも当時の本人はいたって真面目に書いています。


ここが青春の最前線なんだ。


www.itutado.com


我ながら、よくこんなフレーズを思い浮かんだものだと関心する。
青春の最前線……うん、結構いいフレーズだよね(笑)
ポエムっぽいけど、この記事は個人的に非常に気に入ってる記事です。よかったら読んでね☆

恋に落ちる音がした

www.itutado.com

文章にすると普通っぽいけど、声に出して読むとじわじわくる。
「恋に落ちる音がした」なんて大真面目に言われたら、ちょっと笑ってしまうかもしれない。
にわかオタなので、多分このフレーズはメルトで覚えたんじゃないかな?

それはまるで、傷を優しく撫でるように。

www.itutado.com

谷川史子の作品読むと、センチメンタルになっちゃうからね、仕方ない。
開始10秒でこんな文章が読めるはてなブログ、は「いつかたどり着く」だけ!

想うことが苦しくて。想われることも苦しくて。

www.itutado.com

ポエムがところどころに入っているけど、ブクマ数は当ブログ記事でもかなり多い記事になりました。
今年のこのマンガがすごい!上位間違い無しだと思ってます。
さびレズか春の呪いが1位でしょう。間違いない(フラグ)

ヨナの心にハクがいる。ハクの心にヨナがいる。


www.itutado.com


暁のヨナの感想を書いている時の私は、誰よりも乙女だから良いのだ!!

伝えられなかった気持ちを、ちょっとだけ滲ませて。

www.itutado.com

春ちゃんのためになら、私はポエムくらいいくらだって書くさ!!
※なおその後ニセコイのポエムが書かれることは無かった模様

終わりに

これら全て、今年の記事です。
多分、1記事に1つくらいは絶対ポエムが入ってるんですが、目立ったのはこんなところか。


ポエミーな記事ばかり量産している本ブログですが、来年もよろしくお願いします。
※今年最後の記事ではありません。もうちょっとだけ続くんじゃ。


おまけ
君曜日の話をする時の私は、もはやポエム製造機。

www.itutado.com

www.itutado.com

心に刺さる恋があった。「AV女優とAV男優が同居する話。」を読んで

漫画 漫画-おすすめの漫画

10月終わりに買った単行本が、とても良かった。
色々あって感想書けてなかったんですが、その漫画が「このマンガがすごい!WEB」でランクインしていたのを見て、書いていないことを思い出しました。
ということで、今回は「AV女優とAV男優が同居する話。」の感想です。

「どうしてあたしたち、こんな風に出会っちゃったんだろうね…。」柊梓と館石大地はともにAV俳優。ひょんなことから偶然同居生活を送ることになった二人は、互いの仕事への思いと日々の時間を重ねるうちにどんどん距離が近づいていく。そんな中で始まった、淡く小さな恋。だが二人を待っていたのは、凄惨で冷たい現実だった――。

恋に落ちてしまった二人


お金がなかったAV女優・梓はルームシェアというのを条件に、格安でアパートに住めることになりました。
そのルームシェアの相手もまた、同じ業界で働くAV男優の大地で。

同業者の分、気を使わなくて住む。
お互いそう思って、フラットな関係を築いていきました。
大地の、女優さんだから抱かないといけないのかな?という考えが頭をよぎったという話に、梓は笑って答える。

http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161202003112968.jpg


金にならないセックスはしない。


この時はまだ、大地とそういう関係になる可能性を考えていなかったのがよく分かる。
多分、抱かれることは仕事になっていて、それ以外の意味を忘れかけているのだ。


別に、忘れることが悪いわけではありません。。
しかし、彼女たちは心を通わせてしまった。惹かれ合ってしまった。

http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/201612020037584c0.jpg


日々のちょっとした仕草に、言葉に、ときめいて。
少しずつ、心の距離が近くなっていく様は、読んでいてニヤニヤする。
読んでいてニヤニヤするのに、作中から溢れる「触れたら壊れる」雰囲気は、一体何なのだろうか。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/201612020043463e6.jpg


ああ、壊れた。


たった一言が、彼らが築いてきた小さな日常を壊していく。
心を通わせる前だったら、少し戸惑うだけで済んだかもしれない。
お互いに苦笑して、ゆっくりとカメラの前に向かっていたかもしれない。


でも今は、そうではないのだ。


日常が崩れていき。諦めだけが広がって。


それでも、願わずにはいられなかった想いが、ただただ切ない。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161202004927aa0.jpg


心に刺さるってこういうことなんだ。


胸が、痛い。
彼女たち以上に、読者が止めて欲しいと願ってしまう。
錆びたナイフで、何度も刺されているような錯覚を覚えてしまった。


彼女がそのときのことを思い出し、気持ちよかったと泣いてしまうのがまた切ないのだ。
好きな人と、体を重ねられる喜び。
本当は、二人だけのものにしてしまいたかった記憶。


しかしそれは、彼女たちだけのものじゃない。
いやむしろ、彼女たちのものではないのだ。


だからこそ、この漫画はたまらなく切なくて、心に刺さるのだろう。


ビター中のビター。でもバッド・エンドではない。
別の出会い方をすれば……、そう思ったのなら。
この続きは、単行本で確かめて欲しい。

心に刺さる短編

他の短編も、心に刺さるものばかりです。
全体的にビター。完全に救うことのできない物語もあります。


やはり、妹が兄に恋する話は印象的でした。
兄妹の好きじゃなくて、異性としての好き。
兄もきっとそうだと思いこんで。タガが外れて、抑えきれなくなった言葉が鋭く刺さる。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161202010046027.jpg


優しくしたいのに、傷つけたくないのに。
誰かが傷つく選択しかない展開そのものが、すでに読者の心をグサグサと抉る。
その生々しさに、どうしようもなく魅了されてしまう。


心が痛いのに、目が離せない。そんな作品ばかりです。

終わりに

表題作は、コミティアで出されたものらしいですが、しばらく参加していなかったので私は知りませんでした(笑)
ただ、作者の方は、昔どこかで作品を読んだ記憶があるんですよね。
それがどんな作品だったか思い出せないのが、何か悔しいわけですが。
読み直したいから、頑張って思い出したい……
(多分web漫画だったと思うんだけど)


心に刺さる作品が好きな方には、たまらない作品だと思います。
寝込んで動けなくなるほどではないけど、小一時間くらいは少しため息しか出なくなるかもしれません(笑)


【試し読み】
comic.pixiv.net

これが叫ばずにいられるわけがない!青春が爆発する「初恋ゾンビ」がもはや、尊い……

漫画 漫画-初恋ゾンビ

もう、我慢できない。
自慢ではありませんが、私はそこそこ忍耐力があります。


クラスの男子が掃除をサボっても、一人で掃除していました。
教師が職場放棄しかけた時も、何とか耐えて学級崩壊を阻止しました。
忍耐力には、ちょっと自信がありました。


そんな私にも、耐えられないことが存在します。
今週の初恋ゾンビの展開に対して、叫ばないということです。


本当に凄いものに出会った時、心が叫びたがることを知りました。


これは私だけじゃありません。
サンデーの漫画家たちも、今週の初恋ゾンビを絶賛せずにはいられない事態です。

「あかつきのタイラント」の伊織先生

「天野めぐみはスキだらけ!」のねこぐち先生

「古見さんは、コミュ症です。」のオダトモヒト先生


2016年が終わりかけていますが、あまりに凄くて、こう思ってしまいました。
私の2016年は、初恋ゾンビと出会うためにあったのかもしれない……

変わらないはずの距離が、縮まっていく

先週の記事で、幼なじみの恋は、近すぎるが故に難しいと書きました。

www.itutado.com


しかし、幼なじみではなく、江火野さんが魅力的な異性であることにタロウが気づき始めてから、関係は少しずつ変わろうとしています。
弟の初恋ゾンビを眠らせようと、弟の初恋相手である江火野さんを連れ出すタロウ。
手を握って駆け出したところまでは、意識しませんでした。


でもね、これは意識しないなんて無理だよ。だって男の子だもん。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1.jpg


無理でしょ(断言)


サイズの合わないスク水とか、もはや男性に対する凶器でしかない。
まっすぐ歩けなくなりそう(笑)


色々と出ているというか……もはや漏れてる
これは男をダメにする水着ですね。
省エネ男のタロウも、流石にこれにはちょっとクラっときていました。


そう、タロウがクラっときているんですよ。
巨乳好きのタロウですが、彼はそういう美味しい場面でも比較的冷静です。
実際、海に行った時も迫られたと錯覚した時以外は、水着くらいで慌てることはありませんでした。


タロウ自身がそのことに気づいていなくても、彼をずっと見ていて、タロウが大好きなイブはしっかりと気づいています。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz2.jpg


タロウに見張りを頼まれて離れる際に、しっかりと釘を指していくあたりは流石です。
ちょっと拗ねたような顔が可愛い。
イブはもう、知っているのでしょう。
タロウにとっての江火野さんが、「ただの幼なじみ」で無くなりつつあることを。


江火野さんの方は、こちらも無自覚ではありますが、指宿くんが登場してからタロウのことを明らかに意識し始めています。
弟から江火野さんを遠ざけたかったという話をタロウから聞いた時、江火野さんは少しドキっとしました。
タロウは初恋ゾンビのことを上手く隠しながら理由を伝えますが、それに対する江火野さんの反応がもう可愛くて。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz4.jpg


状況的には、江火野さんがそう思っても不思議ではないでしょう。
でも、私も江火野さんが大好きなので分かる。
江火野さんは、タロウに妬いていて欲しかったんだよ。


それを本人が気づいていないから、もう悶えて床を転げ回ってしまう。
タロウが妬いてくれている、そう思った時の江火野さんがどこか嬉しそうで、そうじゃなかった時の少し残念そうな表情が、何よりも強くそれを物語っている。
思わず、小さく言葉にしてしまったのがまた可愛い。
もう江火野さんが可愛すぎて……可愛すぎてむせび泣く。


でも、本当に凄いのはここからだった。青春が爆発する。

そして世界の中心に君がいる

タロウと江火野さんの、プールの中での逃避行。
が、広大な敷地があるわけでもないので、弟たちとだって突然ランデブーしちゃいそうになる。
場所はプール。会いたくない人がすぐ近くにいる。やることは1つ。


飛び込め。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz5.jpg


雑音の消えた世界に二人きり。
お互いの目に写るのは、相手の姿だけ。
次のページは1ページ使って。このコマをアップしたものが描かれています。


そこは本当に、二人だけの世界。
お互いが、相手の瞳に吸い込まれるかのように見つめ合う。
全てを忘れて、見つめ合う。
まるで読者も水中にいるかのように息苦しい。呼吸を忘れて魅入ってしまう。


あまりにも、あまりにも綺麗すぎて。二人だけの世界に引きずり込まれた。


水中から顔を出し、江火野さんが二人して何してるんだろうねと笑い出す。
そこでタロウが、弟の言葉を思い出すのだ。

兄ちゃんはさ、その性格に生まれなかったらきっと…
江火野さんのこと好きになってただろうね


ああ、そういうことなんだな。震えるように、私は次のページを迎えた。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz6_2016120100335188b.jpg


ここが青春の最前線なんだ。


目が離さなくなった。次のページに進むことを少し忘れた。
間違いなく、この瞬間、世界の中心に江火野さんがいた。


指宿くんも、イブのことも忘れて。
タロウと、そして読者の世界の中心には、確かに江火野さんがいました。

少しして、ようやく放心状態が解除されて。
体が異様に熱くなっていて、冷え込んだ夜でも窓を全開にする。
それでも体に渦巻いたエネルギーは散らされず、口元に布団を当てながら叫ばずにはいられませんでした。


青春の甘酸っぱさという表現でも足りない。
もはやこれは、青春の爆発なのだ。
耐えられる訳がない。叫ばずにいられるわけがない。


今、確信しました。
私の2016年は、この江火野さんと出会うためにあったんだ。


あまり強調されていませんが、タロウがしばらく呆然としちゃうんですよ。
江火野さんの言葉にも、そっけない反応を返していて。
これほど、タロウの気持ちを読者が分かりすぎてしまうケースはまず無いでしょう。


本当に凄いものに出会った時、きっと人は言葉も忘れる。
……冒頭で叫びたくなるって書いた?
それは、忘れた後に我を取り戻して、そして叫びたくなるのですよ!(ホント)


タロウと別れた後の、江火野さんの表情は、もう読者に対する江火野さんのトドメ。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz7.jpg


ああもう、最高だよ!!

少し荒い呼吸は、軽く走ったせいじゃない。
江火野さんのドキドキが、紙面を飛び越えて伝わってくる。
青春が溢れてくる。


もう、余計な言葉はいらない。
江火野さんの表情が全てだ。この眩しさが全てだ。
この青春は、もはや尊いのだ……

終わりに


週刊漫画の感想に2時間をかけて書いたことは、未だかつてありませんでした。
それくらい、今週の初恋ゾンビが素晴らしい。
2016年色々と漫画を買いましたが、本当に初恋ゾンビと出会うためにあった年じゃないかと思っています。


昔、からかい上手の高木さんがものすごく流行る前に、はてなでからかい上手の高木さんがもっと読まれますようにと書きました。
今は、もっと初恋ゾンビが読まれますようにと願っています。
未読の方は、まずは試し読みからどうぞ!ぜひ今週号が単行本化するまで読んで下さい。


【試し読み】
http://seiga.nicovideo.jp/watch/bk383641?track=series_page_174810seiga.nicovideo.jp


※この記事を、全ての初恋ゾンビ好きに捧げます

このマンガを読まずに、2016年は終われない!幼なじみたちの甘酸っぱい青春を描いたweb漫画「なんと染め抜く」が面白いのだ!

漫画 漫画-web漫画

今日で11月が終了です。2016年を終える準備できてますか?
俺はできてる(5部のアニメ化も待ってます)


みなさんも、なんだかんだ今年も終わりかー、みたいな空気が出ているでしょう。
社会人1年目の人たちは、忘年会の準備をしなきゃ……!みたいなところで年の瀬を感じているかもしれません。
甘い、甘すぎる。
まだ自分は死なないと思っていると戸愚呂に指摘された浦飯幽助より甘い。


甘酸っぱさに満ちた青春マンガ、「なんと染め抜く」を読まずに2016年を終えようとしているのだから!

近すぎて、伝わらない。伝えられない。

なんと染め抜くの概要はこうです。

幼馴染…一緒に居るのが当たり前、小さい頃からずっと友達の太助と陵。 そんな太助が陵を”女性”として意識したのは中学に入ってから。 そして想いを伝えられないまま舞台は高校へ。初めての好き、友達のままではいられないーー! 個性豊かな幼馴染たちと大人の階段を登る、青春ドタバタ恋物語が始まる。

http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/n1.jpg


一緒にいえるのが当たり前だった幼なじみ。しかし、ふとした時に幼なじみが特別な異性であることを意識してしまう時、甘酸っぱくて難しい恋が始まります。


主人公・太助の「好き」って気持ちがまっすぐ読者に伝わってくるのに、その想いはヒロイン・陵に届かない。
陵が望む自分であろうとして、自分の気持ちを押し殺して。
それでも、好きという気持ちが溢れて、心が伝えたいって叫んでいるから、私たちは青春の甘酸っぱさに飲み込まれてしまう


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/n2.jpg


本当は、二人で行きたい。
もっと、一緒にいる時間が欲しい。


本心はそう思っているのに、太助はその気持ちにそっと蓋をします。
陵が太助に、幼なじみでいることを望んだから。
一人だけ高校が違う彼女を、以前と変わらぬ幼なじみとして支えてあげようと思ったから。


好きなのに、まっすぐ気持ちを伝えられない。それにもう、たまらなくヤキモキしてしまって。
届いて欲しい。振り向いて欲しい。
読みながら、そう思わずにはいられないんだよ!

ずっと見てきた

陵と太助の恋が中心なのは間違いありませんが、もう1つ大切な恋がこの漫画では描かれています。
それは、二人の幼なじみの一人である、「ひぃ」の恋。


彼女は、太助のことが好きです。
いつ好きになったかは分かりません。ただ、彼を「好き」という気持ちで見てきた時間は長いことが分かります。
太助本人も忘れているようなことを、ずっと覚えていて。
それがどれだけ彼女にとって大切な思い出なのか、いかに太助を見てきたのかが伝わってきます。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/n3.jpg


彼女もまた、自分の気持ちを隠していて。
元々引っ込み思案な部分もありますが、一番の理由はそこではありません。
ずっと見てきたから、分かること。
太助がいつからか、一人の女の子を見てきたということ。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/n4.jpg


彼女は、その気持ちを押し殺す様を、読者に見せていくのかと思っていました。
違いました。私は彼女を見くびっていた。
太助が一人の女の子を見ている。自分は見られていない。


どちらも大切な友人。
失いたくない関係。それでも、諦めきれない想いがある。
振り向いて欲しい人がいる。


言葉には出さないけど、彼女は全身で言うのだ。私を見て!


髪型を変え、コンタクトにして。昨日と違う自分になる。
それは小さな、当人以外には本当に小さなことかもしれません。

http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/n5.jpg


それでも、太助の目にはひぃが写っていました。
間違いなく、ひぃが太助に少し届いた瞬間。


この青春の甘酸っぱさは、呼吸を忘れてしまうレベルだよ!

終わりに

個人的に、単行本の発売を首を長くして待っている作品です。
た、単行本化してくれますよねガンマ編集部!?
単行本化されなかったら、編集部に直訴しに行きますよ僕は(西新宿近いし)
※冗談です。念のため。


コミックガンマで全て読めるので、2016年が終了するまでに読んでみて下さい。
読み終わった後、きっと続きが気になって仕方ない体に変えられているはずですよ(ぉ


おすすめのweb漫画です。読んで下さい!
ganma.jp


【おすすめの青春マンガ】

こんな受験の友が欲しかった!「咲いたコスモスコスモス咲いた」が面白すぎて……最高!

漫画 漫画-おすすめの漫画

怠惰な大学生活も悪くはありませんが、やはり学生の本分は勉強です。
この記事を通学中に読んでいる学生諸君、勉強していますか?


勉強が好きな人間も世の中にはそこそこいますが、大多数の人間は好き好んで勉強はしません。
そこで誰もが、きっと一度は考える。


楽しく勉強する方法はないか?


好きな音楽を聞きながら勉強すれば、ノリノリな気分で勉強できるかもしれません。
ゲーム的な要素を取り入れて勉強する、なんて方法もあるでしょう。


ただ、男子に限ればもっと良い方法がある。
届かない夢だと諦めた方法がある。


可愛い女の子と一緒に勉強することだよ!


もうおわかりだと思いますが、今回紹介する「咲いたコスモスコスモス咲いた」はそういう漫画です。
羨ましくて壁を殴りたくなるぞ(忠告)

全てがπになる

タムラくんは東大を目指す秀才です。ヒロインのミシマさんは、そんなタムラくんに勉強を教えて欲しいとお願いするところから、物語はスタートします。
このミシマさんが、実に素晴らしいキャラなんですよ。


勉強をタムラくんに教えてもらいながらも、自ら新たな勉強方法を編み出し、それを実践していきます。
この勉強方法が、タムラくんの集中力を奪い、読者をニヤニヤさせてくれるものばかり。


例えば、バランスボールを使った勉強方法。
これは、どこぞのIT企業も椅子の代わりにバランスボールを使っていたりするなど、実際に実績もあります。
集中力アップ的な効果があるらしい。


一度でも勉強した事がある人ならわかると思いますが、集中力は勉強する上でめちゃくちゃ重要です。
当然、作中でも集中して勉強していると思うじゃないですか?


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161129014833a5f.jpg


絶対集中できるわけないじゃん!!


なんだろう、例えものすごく日本史の勉強をしていたとしても、数学の、特に円周率のことを考えちゃいそう。
ブログ書いている今でさえ、私の頭の中は円周率を連想してしまっています。
全てがπになる。
だってπがダイレクトアタックしてくるんだもの。仕方ないよね(笑顔)


他にも、逆立ち勉強法で太ももでタムラくんを締め上げたり、寝そべり勉強法で肉付きの良い足を見せたり。
健全な思春期男子の心を、これでもかとくすぐってきます。
念のために書いておくけど、保健体育の勉強しているわけじゃないからな。


多分友達がいない僕以外の大半は経験したであろう、問題の出し合いっ子。
タムラくんとミシマくんはそこから一歩進んで、お互いに作成した問題の解き合うということもします。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20161129014832941.jpg


自分の作った問題に取り組むタムラくんの様子を伺う、ミシマさんが最高に可愛い。
もう、一生その問題解けなくても良いからミシマさんに見ていて欲しい。


可愛い女の子が私のためだけに作成してくれた問題を解きたいだけの人生だった……

その勉強会に参加させて下さい!

勉強に集中できるか!みたいなけしからん展開が多い本作ですが、一番の魅力はそこではなくて。
本当に、ミシマさんが楽しそうに勉強しているんですよ。


勉強初期だと、無駄に蛍光ペンで線を引いちゃう時期があると思います。
ミシマさんもありました。
しかしそれが実に楽しそうで、良くないとは思いつつも見ていたくなります。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/2016112901483022c.jpg


作中で一番ミシマさんが興奮しているシーンです(笑)


ただ蛍光ペンで線を引く、それだけなのに凄く楽しそうで。
ミシマさんが勉強そのものを楽しんでいるかは分かりませんが、タムラくんとの勉強を楽しんでいるのは非常に伝わってくる。


だからタムラくんも、ミシマさんを可愛いと思う以上に、ミシマさんと一緒が楽しいって感じているのが分かります。
ちなみにこの話でタムラくんは、勢い余ったミシマさんに蛍光ペンでシャツをマークされてしまいます。
その時のセリフは、人生の中で言われてみたかった言葉【受験勉強編】で1位になること間違いなしです。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/201611290148295c2.jpg

おっふ、ミシマさん……

これも一種のマーキングでしょうか。
まあ私を始めこの記事の大半の読者も、重要じゃないからマーカー引かれないポジションだと思いますが。


……泣くな!泣いている暇は無いぞ!
いつか出会うあの子のために、枕を濡らしても勉強するのだ受験生……!
私も資格勉強します。壁を殴りながら。

終わりに

非常に面白い漫画ですが、帯がまた面白かった。
「落ちてもいい!」って書いちゃってます。流石にそれはまずいだろ!(笑)


こんな風に勉強してみたいな、なんて思ってしまう作品でした。
ニヤニヤ無しで読めないね。受験生は読むと悲しくなるから注意。


やわらかスピリッツも、ラインナップ充実してきましたね。
webで連載している作品なので、まずは試し読みをどうぞ!

【試し読み】
yawaspi.com

【ニコニコ静画でも人気です】
seiga.nicovideo.jp

「初恋ゾンビ」近くて遠い、幼なじみ。意識し始める展開に、もうニヤニヤが止められないのだ!

漫画 漫画-初恋ゾンビ

雪です!東京も雪が降りましたが、初恋ゾンビは絶賛夏休みです!
先週までは、無人島で指宿くんが無双していました。
ヒロインとしての座を、がっちりキープすることができた。


もし指宿くんがそう思っているなら、慢心も良いところです。
初恋ゾンビの慢心王としての名を、君に与えよう。


指宿くんは、絶対的な宝具を持っているわけではない。
立ち回りで、上手いことやっているというのが正直なところです。
実は女の子というのは非常に強力な宝具だけど、今は使えない、セイバーでいうアヴァロンみたいなもん。


そう、決して彼女は慢心できるような状態ではない。


近くて遠い、幼なじみの魅力に江火野さんの魅力に、タロウが気づき始めてしまっているのだから。

恋愛の才能

天地無用の「恋愛の才能」という曲に、以下のような歌詞があります。

約束は いらないわ
意味のない ルールよ Fum…
偶然に 出会うのも
恋愛の才能

夏休み、タロウも江火野さんもそれぞれ、弟や妹のお守りとして近くのプールに駆り出されます。
タロウは基本的に家から出ないタイプで、江火野さんも部活三昧の日々。
そんな二人が、夏休みに偶然出会うのであれば、それはもう、二人に恋愛の才能があると言っても良い。


さて、初恋ゾンビの江火野さんは出ていたとはいえ、本物の江火野さんは久々の出番。
江火野さんファンは、首を長くして彼女の出番を待っていました。
私もそうです。


全国5000万人の江火野さんファンの皆様、おまたせしました!


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1125a.jpg


……うん、うん。実にけしからん。


何というか、このレベルまでくるともはや不可避の暴力。


どんなに他に好きな子がいても、ガツンと強力な一発を絶対にもらっちゃうよこれは。
明らかに、色々と漏れてしまっています。
漏れまくってしまって、読者の表情が大変なことになっている……(笑)


主人公におんぶしてもらって、密着しているのにも関わらず、女の子だと気づいてもらった誰かさんとは比べ物になりません。


レベルを上げて物理で殴る強力さが、この画像で伝わると思います。
い、指宿くんは戦士じゃなくて魔法使いだから(震え声)

もう、「ただの」幼なじみじゃない

タロウの弟は、江火野さんが初恋の相手です。
ただ、しばらく会わなかったことで、その想いは薄れつつありました。


でも、だからといって「忘れた」わけではなく。
タロウと江火野さんについて話をして、タロウに発した一言は、多分、物語を動かすきっかけとなる一言だったのだと思います。


もしタロウが、省エネ思考じゃなければ……という前置きをして。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1125c.jpg


幼なじみとして、ずっと見てきて。
男の子みたいだった頃から、今に至るまで、長い間一緒にいて。
きっと、好きになっていたのではないか……
なるほどね。


ただ、私は弟くんとは、少し違う考えです。
タロウが省エネ思考じゃなくても、幼なじみであることが、魅力的な異性であることを気づきにくくさせていると思っています。


仮にタロウが省エネ思考ではなくても、江火野さんのことを意識することはほとんど無かったのではないでしょうか。
今、この瞬間までは。
おさななじみにの恋愛に必要なのは、きっかけなんですよ。


この直後のシーンがまた良いんですよ。
イブがタロウに対して、弟が言った言葉をどう思うかタロウに尋ねて。
タロウは、答えになっていない答えをイブに返します。
答えをはぐらかすように。


明らかに、これまでタロウは江火野さんに対して、異性として向き合っていませんでした。
ずっと一緒にいたからこそ、その関係は変わらないし、変われない。
でもそれが、思い込みであることに、タロウは気づきつつありました。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1125e.jpg


変わってないと思い込んでいた。夏祭りのあの日までは。
幼なじみが見せる、女の子としての表情。


その横顔が魅力的なことに、気づいてしまったあの時から。
タロウにとっての江火野さんが、少し今までは違う存在になっていました。


そして、今週号から、タロウにとっての江火野さんがまた少し変わっていきます。


http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1125d.jpg


プールで偶然見かけた、江火野さんの姿。
最初タロウは、弟の初恋ゾンビだと思っていました。
それがめちゃくちゃ輝き出した……と。


しかし、それは本物の江火野さんでした。
本物の江火野さんに対して、めちゃくちゃ輝いている、そうタロウが認識したんですよ。


タロウも、自分がそう思ってしまったことを意識してしまっていて。


ああ、ラブがコメりだしてきている!!


この後、弟の初恋ゾンビを復活させまいと、タロウが江火野さんをその場から連れ出そうとします。
手を掴まれた時の江火野さんの表情が、また最高に可愛い。
指宿くんとの恋愛模様は色々と複雑ですが、江火野さんとの恋愛模様はど直球に青春。


その甘酸っぱさに、思わずクラっとしてしまいます。
もう、タロウにとっての江火野さんは、「ただの」幼なじみじゃなくなりつつある。
可愛くて、魅力的な幼なじみだということに、ようやく気づいてきて。


こういう、感情の芽生えを丁寧に描いている漫画が、本当に大好きです。
幼なじみは、近いようで遠い、特別な距離感があって、それをしっかりと描いてくれているから、もどかしさも含めて全てにニヤニヤしちゃうんだよ!


江火野さんが可愛すぎて、生きるのが最高に楽しい……!

終わりに


はっきり言って、今週のサンデーで一番面白いラブコメは初恋ゾンビでした。
他の追随を許していないレベル。つまり最高ってことだよ!


ちなみに指宿くんの霊圧は消えてました。
江火野さんみたいに初恋ゾンビでの登場はできないからね、仕方ない。
(イブは完全に別の存在みたいなもんだし)


そうそう、今回イブは監視員姿になっていましたが、こんな可愛い監視員さんがいたら、そのプール通うわ。

http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1125b.jpg


初恋ゾンビはもっと読まれて欲しいと心から思っているので、興味のある方はぜひ試し読みからどうぞ!

【試し読み】
seiga.nicovideo.jp

スポンサーリンク