いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

単行本とか持っていないけど、たまに昔読んでいた漫画のちょっとしたシーンを思い出す

漫画 趣味

ちょっと飲み会の時に話したりしたネタ。
人間、よくそんなこと覚えてるなあというのは結構ある。


私は昔から割と漫画が好きだったけれど、子供の頃単行本をたくさん持っているというわけではなかった。
単行本を持っていなくても、雑誌で読んでいて印象に残ったシーンを今でも覚えていたりする。


例えば、サイボーグクロちゃん



何かこう、焚き火に爆弾入れたら異世界に辿り着いたみたいなシリーズがあった。
そこのラストで、小太郎とかいうキャラとシスカというヒロインにちょっとしたやりとりがあった。
その異世界はまだまだ広がりがあって、シスカは広がった世界を探索するという。
僕もついて行っていい的なことを言う小太郎に対し

俺達にとってはリアルでもお前にとってはファンタジーだ 帰れ


こんなことを言っていた。シスカか相棒の男かはちょっと覚えてない。
何か、ファンタジーの世界にいって冒険することを夢見ていたくらいの私には結構衝撃的だった。
お前の生きる場所は別にあるって、私も言われた気がした。


召喚王レクス 1 (コミックボンボン)

召喚王レクス 1 (コミックボンボン)


召喚王レクスでは、役目を終えたレクスが元の世界に戻るかを問われた時、この世界にいたいって言ったのも印象的だった。
レクスの場合は、そこが生きる場所だったのかなあと。


ロックマンX (fukkan.com―コミック・ロックマンXシリーズ)

ロックマンX (fukkan.com―コミック・ロックマンXシリーズ)


ロックマンXはゲーム未プレイだけど、アイリスを失った泣けなかったとエックスを殴るゼロが印象に残っている。
あいつのために泣けなかったんだ!そう激高するゼロの姿が、凄い人間っぽかった。
黙って殴られているエックスは、今思うと相当できたロボットだな。


おきらく忍伝ハンゾー 第壱巻 (fukkan.com)

おきらく忍伝ハンゾー 第壱巻 (fukkan.com)


おきらく忍伝ハンゾーだと、何か危ない武器を集めている時、あやめが鎧装備して邪鬼丸止めるシーンを覚えている。
邪鬼丸があやめに抱かれて、少しだけ……とか言いながら眠りにつくシーンが印象的。
その後、あやめがそろった武器の意思に取り込まれてしまうんだけど(確か)



まあ何が言いたいかというと、ボンボンって素晴らしい雑誌だったってことかな。



コロコロだとマイナーかも分からんけど、はるかなる甲子園 駆けろ!大空の最後の方のシーンが好き。
(ちなみに、タイトル分からなかったからコロコロ 野球漫画でググった)


駆けろ!大空 第2巻―はるかなる甲子園 (てんとう虫コミックス)

駆けろ!大空 第2巻―はるかなる甲子園 (てんとう虫コミックス)


俺達の夢は甲子園だぜって投手がストレートを投げ込んで三振取って甲子園決定。
彼らを導いた監督は姿を消していた……というような終わり。何か好きだった。

スポンサーリンク