いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

アニソンで「私を構成する9枚」を考えてみた(25歳です)

音楽 音楽-アニソン

私を構成する9枚というのが今人気の話題らしい(一部で)


トピック「私を構成する9枚」 - はてなブログ


9枚……9枚か。9と言われたら、打線を組むしかないね!
JPOPよりはアニソンを聞いている気がするので、アニソン限定で打線を組んでみます。
25歳ということもあるので、二十代前半の方とも後半の方とも、少しは共感できる打線になってるんじゃないかと勝手に思ってます。
違ったらごめん。

1(中)tune the rainbow


坂本真綾の曲は基本的にどれも好きだけど、その中でもトップクラスに好き。
初めて聞いたのは中学生くらいの時か。映画版の方がラーゼフォンは分かりやすかった(笑)


歌詞から伝わる優しさ、愛しさ、切なさ。
本編の中身と絶妙にマッチして、私の中でたまらない1曲になっています。

2番(遊)dis-


無限のリヴァイアスのOP。閉鎖空間の中での少年少女たちの暮らし、追いつめられ方。
全てが印象的な作品でした。終盤は何か怖かったなあ。
そんな作品の雰囲気を、OPが絶妙に表現してくれています。


傷ついてしまうことも 傷つけてさらけ出すこともないから


こういう歌詞が、非常に印象に残るんですよね。人と深くコミュニケーションを取ることを避けてきた感じが出ている。

3番(右)Butter-Fly


私前後の年代で、これを入れた理由を説明する必要は無いでしょう。近い年代のやつは大体歌えるレベル。
何かって言うなら、まあ青春ですよ。

4番(三)~infinity~∞

林原めぐみのラジオを聞いてたり、アルバム買っていたり。
ファンもどきの私ですが、この曲が特に好きだったりします。


何というか、素直に元気をもらえるんですよね。部活をやっていたころ、大会前によく聞いていました。
めちゃくちゃにがむしゃらに 空っぽに 歩いたその先に

この部分が最高にカッコよくて!今聞いても胸が熱くなります。

5番(一)恋愛の時空


天地無用が大好きだったんです、というか今でも好きです(笑)
GXも含めて好きな曲はありますが、TV版の天地無用の最終回が個人的に好みすぎて、その時に流れたこの曲は私の中で特別なものになっています。


もう一度始まる いつだって戻れる


思い出して少し泣きそうです。何かを積み重ねたことは、無駄にはならないと思わせてくれます。

6(捕)Wonderful Life

気楽に行こうぜとか、優しく力強く包み込んでくれる曲です。
プラネテスの原作は、これまで読んできた漫画の中でもトップクラスに好きですが、アニメも相当好きです。
この曲はEDですが、OPもまたカッコイイんだよ。

これまた中学時代の曲です。衛星アニメ劇場最後の思い出。

7(二)光るなら

最近のアニメの曲だと、1番好きな曲です。
四月は君の嘘という作品の「キラキラ」とした希望みたいなものが、ふんだんに散りばめられています。
OPの映像にマッチして、絶妙に青春の眩しさを表現してくれちゃってるんですよ!


この曲聞くとテンション上がっちゃいますね、正直。

8(左)地球Merry-Go-Round

住めば都のコスモス荘、昔は熱い感じのOPが好きでした。
しかし年齢を重ねてからこのEDを聞くと、たまらなく胸に染みてきて。
この曲の良さは、アニメ全話見てこそだと思っています。


住めば都のコスモス荘は名作だから、マジで見てくれ。

www.itutado.com

9(投)プラチナ

あの頃アニオタでも何でもなかった私が、リアルタイムでこの作品を見ることができたのは幸運でしょう(衛星放送が見れる環境だった)
完投、完封は当たり前。何年かに1回はノーノーとか完全試合やってしまいそうな大エースです。
CCさくらのセリフで「絶対大丈夫だよ」という印象的なものがありますが、この曲を聞くとそんなさくらちゃんの言葉を思い出します。


限界のない可能性がここにある この手に


この部分が凄く好き。できないことは何も無いって気にさせてくれます。
CCさくらは偉大だ……

終わりに

全体的に古いアニソンになってしまいました。
中学くらいの頃が、一番アニメを見ていたということが強いと思います。
東京来てからは、すっかり漫画しか読まなくなってしまいました。今見ているのだと、うたわれのOPとかが好きです。


晴れてハレルヤとか、最初入れようと思っていたらいつの間にか抜けていました(笑)
好きな曲は多々ありますが、そこから選ぶってやっぱり難しいですね。
書いていてちょっと楽しい記事でした。時間はかかったけど!


発端はこの記事

blog.rpgame.xyz

打線にしたのはこの記事

www.sugatareiji.com

スポンサーリンク