いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「ニセコイ」小野寺さんは呪文を唱えた。ぷぴぺぷ

漫画 漫画-おすすめの漫画

人気投票は完全にマリーの独壇場ですが、夏祭りでは絶賛春ちゃんが青春中です。


春の王子様だということを否定する楽ですが、その態度で逆に春ちゃんは確信を得てしまいました。
楽こそが、春の王子様だということに。


募る楽への気持ちを少しでも打ち消すように、自分の浴衣姿を褒めてくれなかったことへの不満をこぼしますが、それも楽の思いやりだったことが判明。
ちょっとしたことを覚えていてくれたら、そりゃキュンとしますよ。


私も苦手な食べ物を女の子が覚えてくれていて、食事する時とかに気遣ってもらえたらキュンとしますね。
ヴァレンタインでチョコもらえらた求婚します(関係ない)


楽の不器用な優しさが、春の心に染みていくのが読み取れました。
思い出すのは、姉の言葉。大好きな姉が話す、楽の良さ。
……このシーンで姉が出てくるあたり、切ない。楽への気持ちと姉が、結びついてしまうから。


そして打ち上げる花火。男女を結ぶという「お結び玉」。
楽と見てしまった春ちゃんは……


スキャン0016


可愛すぎて憤死レベルです(笑顔)


驚愕レベルの赤面力です。姉に負けずとも劣らない、素晴らしいものを持っています。
ニヤニヤするなという方が無理です。見てるだけで幸せ。

一度意識しちゃうともう、駄目なんですよね。
ドキドキが止まらないし、結ばれるという可能性を思ってしまったのかもしれません。


自分の気持ちを認めて、楽の方に振り返るシーンもまた素晴らしかった。
仕方ないんです、好きになっちゃっても。


楽とひとしきり祭りを楽しんだ後に、みんなと合流してワイワイと過ごしました。
その夜、姉とのお風呂で姉の想いを確認します。
お風呂ということで期待した人もいたかもしれませんが、残念ながらサービスシーンはあまりない(笑)


姉を応援することを決めた春。楽のことは好きだけど、同じくらい姉も大好きとのこと。
ここで重要なのは、「姉と同じくらい楽が好き」ということ。

春のお姉ちゃん大好きっぷりは読んでいて分かりました。
こんなやつ!と思いながら楽と接する内に思いが募り、誤解が解けた時には「大好き」になっていたのでしょう。


大好きな二人がくっつけば、この気持ちも諦められる。そう信じて。


スキャン0017

溢れる涙は、どこまでも切ない。。。
少し胸が締め付けられる感覚を覚えました。
恋を諦める瞬間は、いつだって切ないものです。


伝えられもしなかった気持ち。一人胸の中にしまい込んで。
小野寺姉妹は楽を良い人と評しますが、春も充分過ぎるくらい良い子だと思いました。

他人を想って、自分が1番辛い選択を選んだのですから。


それは、短すぎる恋……になるはずだったんですが、まあ朴念仁の楽さんは恋心は汲み取ってくれません。
会う機会はやっぱり多そうなので、簡単に忘れさせてはくれないようです。


やっぱり、いつかは言っちゃうのかなあなんて思いました。


春ちゃん回ですが、今週の要チェックポイントが小野寺さんにもありました。
この記事のタイトルにもなってます。文字だけ見ると意味不明ですね(笑)


春ちゃんとのお風呂で、楽への気持ちを確かめられた際の小野寺さん。

スキャン0018


春ちゃん、絶対字数と雰囲気で判断してますね!!

ぷぴぺぷじゃ正直何言ってるかわかんねーよ!
でも可愛いから許す(ここが大事)


小野寺さんの、こういうどこか子供っぽいシーンは頬が緩みますね。
ちゃんと言うのが恥ずかしいから、お風呂に少し潜って聞き取れないようにする……みたいな。

お風呂で「好きです」って発音すると、実際こうなるんですかね?
誰か実験してYouTubeにあげてください(ぇ


とりあえず、これから小野寺さんファンはニセコイで誰が好きか聞かれた時に
小野寺さんがぷぴぺぷ」と言うように。

画像引用元
ニセコイ古味直志集英社

スポンサーリンク