いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

自分以外を見ないで。その言葉を飲み込むことしかできない切なさ。「初恋ゾンビ」はいいぞぉ!

何回読んでもおもしろい。


月に何十冊もマンガを買っていると、新刊を消化するのに忙しく、なかなか作品を読み返すという時間が取れなかったりします。
そんな状況でも、初恋ゾンビ9巻は、毎週の休日になると読み返したくなってしまう。


タロウの幼なじみである江火野さんのかわいさが大爆発の9巻ですが、爆発するにあたって爆風を受けてしまうヒロインもいるわけで。
江火野さんの恋の芽生え、あるいはイヴの新たな力によって、指宿くんから切なさが溢れ出てしまう。


幼なじみのかわいさは下記記事にエビナーとしてのすべてをかけてまとめているので、今回は9巻での他のトピックスに触れてみたいと思います。


www.itutado.com

ヒロインの勇気が、主人公を動かす


江火野さんは、タロウとの関係が変わっていくことを恐れていました。
指宿くんが表れてからのタロウは、時折自分の知らない顔を見せるようになって、それが何だか寂しくて。


本来の姿を見せるようになったタロウとの関係は、今までのような「ただの幼なじみ」以上の何かを感じさせるようなものになっていました。
9巻では、自分自身の変化も感じるようになっていて、それに驚いていたりもします。


タロウとギクシャクしてしまった時、江火野さんが素直な気持ちを伝えたのも、大きな変化なのでしょう。
そもそもかつての江火野さんだったら、ここまでギクシャクさえしなかったかもしれません。
作中で育てた気持ちがあったからこそ、タロウに対して怒って、そして前に進むために心を晒して。


その江火野さんの勇気は、ちゃんとタロウにも届いていて。
タロウもまた、モヤモヤした気持ちを抱えていたことが描写されました。
江火野さんがタロウとの関係が変わることを恐れていたように、タロウもまた、「幼なじみ」以外の見方で江火野さんを見ることを恐れていたことがわかります。


f:id:watari11:20171106005636j:plain
変わることが怖かったタロウ。江火野さんの素直な気持ちを前に、タロウも少しだけ心を晒す


江火野さんの気持ちが、タロウを動かす。
ヒロインの振り絞った勇気が、主人公を動かす展開に、個人的には痺れてしまいました。
イヴが眠りについてしまうくらい、このときのタロウは江火野さんのことしか考えられなかったのでしょう。


タロウの心の真ん中に、微笑んでいる江火野さんがいた。


タロウが舞台に表れた時に、江火野さんは笑顔で、タロウは少し困ったような表情。
自分の心に今もなお戸惑っているのが分かって、おもしろいなあ。

そんな顔しないで。気づかないままでいて。


9巻は、指宿くんにとっては受難の巻と言っても過言ではないかもしれません。
モテ男ハラン先輩に性別を疑われて、甘栗のように剥かれちゃいそうになったりもするし、他のヒロインはタロウと距離をさらに縮めている感じだし。
指宿くんの辛そうな表情で、心を痛める読者が多数生まれています。


f:id:watari11:20171106005510j:plain
喜ぶタロウの顔が、胸を痛くする。


イヴが人に触れたことを、タロウは喜ぶ表情を隠さない。
それで傷つく人がいることを、タロウは知らないから。


そんな顔しないで。


きっと指宿くんは、そう言いたいはずです。
でも言えない。そんな感情を持っていることさえ、知られるわけにはいかない。
男だと偽っている限り、その気持ちは隠す必要があるから。


言いたいのに言えない。見ているだけしかできない辛さが、ドクンという心臓の鼓動ひとつで紙面から溢れてきてしまう。
指宿くんファンが、枕を濡らしてしまうようなシーン。


イヴとタロウでダメージを追っていると思いきや、江火野さんが着実に恋心を育てていることを知って、そっちでも苦しくなっていたり。


f:id:watari11:20171106012006j:plain
気づいてほしくない。その理由はまだ、指宿くんしか知らない


指宿くんの恋は、なぜこんなにも切ないのだろうか。
「だってタロウは…」、その後ろに続く言葉を考えただけで、胸が苦しくなってしまう


当初は「イブが好きなのに」や、「イブが好きなんだから」という言葉が続く気がしていました。
前者だったら、諦めの色がちょっと濃くて、想っても傷つくだけ……というような気持ちで。
後者だったら、複雑な気持ちはあるけれど、「タロウはイブが好きであって欲しい」という気持ちもあって。


あるいは少なからず、「タロウには自分を好きでいて欲しい」という気持ちもあったと思います。
その場合は、むしろ自分が主体的な形となって「ワタシが好きだから」というような言葉になるんじゃないかな。


と、雑誌掲載時は思っていましたが、9巻を読み直してみると、もう9巻時点である程度タロウが江火野さんに惹かれていることを指宿くんは知ってますね。
文化祭編あたりのアドバイスが、それを裏付けています。
なので、「江火野さんのことが好きかもしれないのに」というような言葉が続いた可能性も、大いにあるのではないでしょうか。


色々書いていますが、正解は多分すべてが含まれているのだと思います。
それらの気持ちがうまく言葉にならなくて、後に続く言葉を紡ぐことができなかったのだから。


私は自他共認めるエビナーですが、指宿くんの辛さは十分理解しちゃっているので、この気持ちはどんな形であれ報われて欲しい……
だって、あまりのも切なくて。
指宿くんにハッピーエンドください。

お母様、チョロい


指宿くんはサンデーヒロイン屈指のチョロインとして地位を確率していますが、娘もチョロければ母もチョロかった。
指宿父は、家族を捨てて初恋の人を追いかけにいったクズ野郎です。
そのせいで家族が壊れてしまったのだから、指宿くんが父親を嫌うのもムリはないでしょう。


それは指宿母も一緒。いやむしろ、直接的に自分より他の女性を好きだと言われてしまっている分、指宿くんより憎く思っていて当然です。
そう思っていた時期が私にもまじめにありました。


f:id:watari11:20171106013235j:plain
2回反論されたら落ちた。チョロい。


10年間の憎しみとはいったい……(呆れ)


結局愛憎は表裏一体というように、憎い気持ちはあったと思いますが、好きって気持ちは心のどこかに残り続けていたのでしょう。
それでもこの程度の弁明で「好き」が勝ってしまうあたり、お母さんチョロすぎ。


「養って欲しい」が「また一緒にいたい」って変換されるあたり、相当ヤバくて笑ってしまいました。
愛しい人からの「好き」に飢えていたのか、もうパニック状態。
湯気が出るくらい頬を火照らせている指宿母、おかわいいことこの上なし。


次に登場する時は、父親好みの服装になっているかもしれない。チョロかわいい母はたまに再登場させて欲しい(笑)

やっぱり可愛い江火野さん


9巻読み直してると、やっぱり江火野さん可愛いって思ってしまう。1分に1回くらいのペースで
生徒会選挙編のアフター話である第80話「アフター・ビター・ダーク」は、実は隠れた神回(エビナーに取って)


f:id:watari11:20171106014402j:plain
「いー」してる江火野さんが見られるのはこの回だけ!


学校ではなく自分の家ということもあってか、いつも以上に素の江火野さんが引き出されている気がします。
タロウ・江火野さん・指宿くんでワイワイ何かする会も珍しいので、そういう意味でも楽しい会。
打ち上げにイヴを参加させてあげる、指宿くんの粋な計らいも見たりできます。


ちなみに私と江火野さんを争っているねこぐち先生も絶賛する、太眉江火野さんのかわいさが凝縮されたシーンがこの話にある。


f:id:watari11:20171106014743j:plain
江火野さんの困り眉毛、最高だな!


ああもう可愛い。全部可愛い。
普段勝ち気な江火野さんの困り眉毛、毎秒困らせたくなるくらい可愛い。



そんなかわいい江火野さんが表紙の単行本3巻が、今なら1~2巻と合わせて無料公開中です。
11/9までの限定公開なので、あと3日間だけ。早く読んで!(ダイレクト・マーケティング)


初恋ゾンビ無料公開キャンペーン

終わりに


江火野さん以外にスポットを当てた9巻感想を書いていたはずなのに、いつの間にか最後に江火野さんのかわいさを讃える文章を書いている不思議。
エビナーだからね、仕方ない。
9巻は全体的に江火野さん回が多い巻ですが、10巻はまた指宿くんが盛り返してくる&指宿くんと江火野さんの絡みが増えてくるので、今から非常に楽しみです。


指宿くんや江火野さんを追うのが精一杯で、ちゃんとイヴの可愛さ、置かれている背景や苦しさを記事にできていないから、年内に何とか書きたいなあ。
ヒロインがみんな可愛い、そんな初恋ゾンビが私は好きです。

今日のオススメ漫画

スポンサーリンク