いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

赤面力が高いラブコメは素晴らしいのだ!「初恋ゾンビ」がやっぱり最高に面白い

ヒロインの赤面。


私はそれを、1つの「美」だと思っています。
ヒロインのその表情に、読者は時にどうしようもないほど魅せられてしまう。
赤面力の高いラブコメは、ほぼ例外なく面白い。
これが、私の持論です。
赤面力がそこまで高くないのに面白いラブコメって、近年だとからかい上手の高木さんくらいではないでしょうか。


で、初恋ゾンビ7巻は赤面力が非常に高い。
読んでいて、思わず嬉しくなってしまうレベルでした。


ラブがコメって、たーのしー!!と心底思った7巻感想です。


まだ名前をつけたくない、江火野さんの気持ち


単行本7巻はとにかく色々と言及したい部分が凝縮されている巻なんですが、何と言っても1番は林間学校編でしょう。
江火野さんとタロウの関係が、また少し変わっていくきっかけとなる話となっています。


林間学校というと、学生時代に私も経験したことはありますが、非日常的な体験。
そういうシチュエーションでは、恋が燃え上がることもよくあります。
当然、初恋ゾンビが輝いたり、失恋ゾンビ化したり。


で、迷惑な失恋ゾンビが誕生してしまっていたので、イブや指宿くんを助けるためにも奮闘するタロウ。
告白するシチュエーションを考えるまでは良かったのですが、そのメモを机に残してしまったのが頂けない。
まるで、タロウが誰かに告白するかのように、勘違いしちゃうじゃないですか。
そして、指宿くんが性別を隠している今、周りからすると、タロウが告白するような相手は一人しかいなくて。


で、勘違いした結果、江火野さんが素晴らしい状態になりました(笑顔)


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/201705281652327f0.jpg


赤面して、ドキドキしている江火野さんが可愛すぎる!!


タロウが、江火野さんに告白することは確定ではありません。
状況から推測して、そうである可能性が高いというだけです。
それでも、江火野さんは待ち人がいると、他の男子の誘いを断った。
タロウが来ることを、心のどこかで期待した。


他の男子の誘いを断って初めて、自分がタロウを待っていることを自覚するのが最高に可愛いんですよ。
まだ、自分の気持ちに気づいていなくて。気づかないようにしていて。
それでも、確かに彼女はタロウを待っている。
無自覚に、タロウであって欲しいと思っている。


こんなの絶対ニヤニヤするに決まってるじゃないですかやだー!!


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/2017052816523412e.jpg


自分とタロウとその後が想像がつかず、悶々とする江火野さん。
タロウが本当に告白してくるのか、自分がなんと答えるのか。
分からない。


分からないけれど、江火野さんの想像する「そのあと」は、どう見てもタロウを受け入れていた。
それはもちろんifではあるけれど、断ったifではなく受け入れたifを考えていたことが、江火野さんの気持ちをよく表していると思う。
「…今どこにいるの?」なんてドキドキしながら考えている江火野さんが、完全に乙女で苦しい。


しかし、自分たちの関係が変わることを、覚悟していなかったわけではない。
タロウの家に遊びにきた日、タロウが昔は省エネ男じゃなかったことを知って。
指宿くんが登場したことで、昔のタロウに戻りつつあることを聞いて。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20170528165231954.jpg


自分の知らないタロウになっていくのが、不安だった江火野さん。
でもこの時から、自分たちの関係が変わっていくことを、受け入れ始めたような気がしました。
それが少し怖くて、寂しいことだとしても。


なのに、ドキドキして待っていても一向にタロウは来ず。
他人の告白計画をタロウが立てていただけなので、当然と言えば当然なわけですが。


林に消えていったタロウを追いかけていって、その現場を目撃した江火野さん。
状況を理解して立ち去ろうとする……なんて、そんな展開ラブコメらしくありません。
見つかって、軽口叩いて江火野さんが赤面、くらいに思っていましたがそんな次元じゃなかった。


6巻感想時にも書いたのに、私はもう忘れていました。
江火野さんの恋は、呼吸が止まるくらいの青春だということを。


タロウは、江火野さんが誰かに告白されるためにきたと勘違いして。
江火野さんは、タロウが誰かに告白するためにきたと勘違いして。
それぞれが思っていたことを同時に口にした時、読者は完全に魅了されてしまうのだ。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20170528165236c35.jpg


この漫画はオレを殺す気か!


甘酸っぱすぎて、ニヤニヤ通り越して毎度の如く悶えてしまいました。
見つめ合って、訪れる沈黙とか最高すぎる。
お互いが、相手が誰かに告白するんじゃないか?ということに対してどこか怒っていて。

嫉妬まではいかないかもしれないけれど、気にしているのは間違いなくて。


江火野さんはともかく、タロウがそう思っていることが非常に大きい。
明確に、江火野さんを異性として意識しているのだ。
事実、あのお祭りの日と同じように、イブが一瞬停止したのが何よりの証拠です。


この瞬間、確かに江火野さんとタロウは、強く心を通わせていた。
戻ってきた時の、バラバラの視線。その後、ほとんど会話無く戻ってきたことが分かる。
それぞれがまだ、自分の気持ちを整理できていないから。上手く言葉にできないのだ。


彼らの心の中は、キャンプファイヤーの火で表現されていました。
それはまだ、小さな灯火かもしれない。
けれど、確かに、心に火が灯ったことは間違いないでしょう。


江火野さんの気持ちに名前がつく日まで、私は死ねないのだ。

指宿くんのときめき


ここまで江火野さんを取り上げましたが、もちろん活躍したのは江火野さんばかりではありません。
単行本7巻の表紙も飾った指宿くん。表紙からメインであることを主張している通り、7巻は全体を通して存在感を出していました。
本当は女の子であることは相変わらず明かせないままですが、タロウの発言や行動に、ときめいている様子が非常に可愛い。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20170528164439462.jpg


嘘みたいだろ……これが男の子として学校通ってるんだぜ


着替えの最中というのが、そこはかとなくエッチな感じを出しています。
例え指宿くんがぺったんこだとしても、色気とは関係がないのですよ!!


同じ部屋で着替えるという結構危ないシチュエーションにも関わらず、ときめきを隠せない指宿くんが可愛いのだ。
赤面が非常にグッド。やはり恋する乙女はこうでなくちゃ!


修学旅行編でも、指宿くんは男装女子ならではのエピソードを披露してくれます。
男子部屋に寝泊まりするわけですからね……事件が起こらないわけがない(笑顔)


タロウの隣の布団にいる指宿くん。
ルームメイトが強くした冷房を直で受けることになってしまい、無意識に暖を求めます。
するとこうなる。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20170528164436c2d.jpg


世界よ、これが日本のラブコメだ!!!


もうね、枕殴るくらい悶えてしまいました。
分かってる。ベタと言えばベタだ。それでも、悶えずにはいられないほどの破壊力がこの展開にはあります。
楽しすぎておかしくなりそう。


ヒロインが隣で寝てるんですよ。また可愛い寝顔しちゃって。
これが、ニヤニヤせずにいられるわけがない。
指宿くんが本当に男の子だとしても、これは間違えてしまいますわ。


ちなみに、タロウが離れようとしたことで冷気を感じ、ギュッと抱きしめてくる指宿くん。
もうこれは間違ってしかるべきですよ奥さん!!(誰だよ)
省エネ男のタロウでも、流石にドキドキです。
頭のなかで悶々と考えることを、誰が否定できるだろうか。


ちなみに、指宿くんはゴタゴタしている間に目覚めます。
目覚めますが、動転しすぎて眠ったふりを続けてました。
自分がやらかしたことを自覚していたので、何かこのシーンを読んでいる読者のごとく悶える指宿くん。
あれ、ひょっとして私、指宿くんだった?(違います)


で、機会を見て、寝ぼけたふりを続けて何とか自分の布団に戻る指宿くん。
ようやく終わり……なんですが、多分指宿くんは目が冴えてしまったのではないでしょうか。
タロウの優しさに、触れてしまったから。


http://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/20170528164437535.jpg


さりげない気遣い。タロウにしてみれば、大したことは無かったのでしょう。
でも、指宿くんからすれば違います。


自分が寒がっていたことに気づいていて。風邪をひかないように気遣ってくれて。
そういうさりげない優しさに、指宿くんがときめいていくのが分かります。


何というか、江火野さんと違い、指宿くんはタロウへの気持ちにずっと火はついているんですよ。
でもそれは、様々なハードルによって度々消されそうになっていて。
いっそ、消えてくれた方が、気持ち的には楽なのかもしれません。


でも、その火は消えそうになるたびに、再び強く灯る。
決して、消えてくれない。
消えそうになるたびに、今までより強く燃えるようになる気がするのは、私だけではないのでしょう。


ああもう、指宿くんも可愛すぎるんだよ!!

終わりに


今、初恋ゾンビを読める幸せを噛み締めてます。
幸せな時代に生きているなあと。
多分、この先ここまでラブコメ漫画に熱中できることはもうないでしょう。だからこそ、初恋ゾンビを今楽しみたい。


6巻、7巻で面白さが加速しているので、ラブコメ好きで未読の人にはめちゃくちゃおすすめしたい。
絶対、後悔はさせません。
指宿くんと、イブと、江火野さんをみんなで愛でるのです……


あ、長くなってしまったので、イブについては別記事とします。
次の土日に書くので、そちらも良かったらどうぞ。

スポンサーリンク