いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「初恋ゾンビ」これがエロかわいいってことだ!狂おしいほどヒロインが可愛い【全イブスキー歓喜】

巻頭カラー、巻頭カラーですよ!!


失礼、興奮しすぎました。
今週のサンデーは、初恋ゾンビが巻頭カラーで掲載されました。
雑誌後方に掲載され、単行本の売上もイマイチで打ち切りも噂された時代もありましたが、それら全てをはねのけて、初恋ゾンビはここまで来ました。
ファンの皆さん、喜んでいいのです。


私は喜んでますよ!



カラーということで、色をふんだんに使ったスプラトゥーンを連想されるような表紙。
仲の良いねこぐち先生もはまってますからね。
漫画家も、熱中している人が多いのかもしれません。


さて、そんな巻頭カラーの初恋ゾンビで描かれたのは、エロかわいい指宿くんの姿でした。
Twitterで検索すると、性別を超えて全てのイブスキーが歓喜の声を上げています。
それほどまでに、今週の指宿くんは凄まじい。

「素」の気持ちが、溢れる


先週に引き続き、みさをが物語をひっかき回します。
メインの恋愛には絡んで来ないみさをですが、ラブをコメらせる要員としては、非常に優秀。
峰浪先生も気に入っているらしく、サブキャラの中ではかなりの登場確率。


恐らくは朱々子も同じ役割を果たせるのでしょうが、いかんせん通う学校も、年の差も異なるのは大きい。
個人的には好きなキャラなので、もうちょっと朱々子にひっかき回してもらいたいのだけれど。


ラブコメって面白いなあと思うのは、今週号のスタートでは、彼らは生け花をやってるんですよ。
そこから脱衣が来るなんて、私には予想できなかった(笑)


https://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz5_2017090700485071c.jpg


指宿むいちゃいました


活け花をやっていたはずなのに、甘栗のようにむかれてしまう指宿くん。
甘栗と違って、そのまま美味しく頂かれたりはしないけど(少年誌だからね)


もう状況をつかめず放心状態の指宿くん。反応としては当然過ぎる。
ジョジョで例えるならこうだ。


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは みさをの前で花を生けていたと
思ったら いつのまにか服をむかれていた」


冗談みたいかもしれないけれど、これが何も間違っていないから起こる。
日本よ、これがラブコメだ……
ここまで胸元が露わになっても、女性だと気づかれないのかっていうツッコミは禁止な(説明していくスタイル)


簡単に状況を説明する、みさをに二人は睡眠薬を飲まされて、人に見つからないように大きなツボに放り込まれたら、
そこに水が投入されちゃった……っていうことです。
まあ、普通に考えると生け花と睡眠薬って全く結びつかないよね(笑)


指宿くんを助けるために、指宿くんを剥いていくタロウ。あくまで人命救助です。
しかしそんな状態で出ていくわけにもいかず、タロウに抵抗しようとするも、水の中にいるためどんどん体は冷えていく。
力が、抜けていく。
纏っていた殻が、剥がれていく。


クールな指宿くんはそこにいなかった。男装の指宿くんはそこにいなかった。
そこにいたのは、全読者の視線を釘付けにする力を持つ、ただのヒロインだった。


https://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz1_20170907004702672.jpg


エロかわいいってこういうことか……


破壊力抜群です。狂おしいほどかわいい。
溢れ出る色気。胸なんてなくたって、色気はいくらでも出せるんだと言わんばかりにムンムンです。
表情が最高すぎる。


男の子というベールが脱げ、女の子としての指宿くんが現れる。
それだけでもう、こんなにも魅了されてしまう。


どれだけかわいいかって、タロウが取った行動が全てです。


https://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz2_201709070047039fe.jpg


思わず、抱きしめた。
男だと思っていても、抱きしめずにはいられなかった。


タロウの理性を剥ぎ取って、素のタロウがしたい行動を引き出してしまったのだ。


ふと冷静になっても、もう一度自分の方に引き寄せる描写は、色々と考える余地がある。
この時タロウは、何を思ったのだろうか。


1つは、嬉しさだ。
タロウの恋心は、未だ消えていない。
今なお消えぬ恋心を抱いている相手に、触れられる嬉しさが、確かにそこにあった。
抱き寄せる姿に、愛しさを感じたのはきっと私だけではない。


もう1つは、悲しみだ。
イヴと違って触れられるのは嬉しいことだけれども、だからこそイヴに触れられないタロウの悲しさもまた際立つのだ。
江火野さんの恋の時、本当に魅了されている時はイヴのことをタロウは忘れてしまっている。
指宿くんを見る時、タロウはどこかでイヴを重ねて見てしまうのだろう。


ちなみに極限状態の中で、何も考えられない状態になっている指宿くん。
でもタロウの腕の中にいる彼女は、いつもより幸せそうでした。
「ずっとこのままで…」という指宿くんの言葉は、愛しさに満ちている。正直めちゃくちゃかわいかった!!

きっとそれは、指宿くんのためじゃない

今週は、メインではなかった江火野さん。
ですが、そこは私もエビナーですから、見逃しません。


指宿くんが女の子であることを隠そうと、今日も一人空回りする江火野さんですが、その中に「指宿くんのためじゃない」行動もありました。


https://blog-imgs-110.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz4_20170907004706c64.jpg


この直前に、みさをが指宿くんの手を触ろうとする行為を、江火野さんは阻止しています。
理由は、手なんて触ったら女の子だとバレてしまうというもの。


みさをがタロウに変わっただけで、上記画像のシーンも接触を防ぐ理由としては通ります。


でも、防いだ理由が異なることを、読者ははっきりと理解できてしまうんですよ。


峰浪先生はこういう描写が上手くて、感心してしまう。
ポーズとしては指宿くんを守るためでも、江火野さんは明らかにこの時、タロウと指宿くんが近づくのを嫌だと思っていた。
だから、間に入った。


2つ続けて書くことで、江火野さんの胸の内を言葉以上に伝えてきています。
この構成、ホント憎たらしいくらい見事。
二人を見る江火野さんの目に、間に、表情に。
他とは異なる理由で、タロウに女の子であることが伝わってほしくないと思っていることが、表れているのだ……

終わりに



今週も初恋ゾンビが面白くて、幸せでした。
この面白さをもっと多くの人に知ってもらいたくて、ついつい人に布教してしまいたくなる(笑)
先週は、1~7巻までのセットを二人にプレゼントしました。もちろん全て新刊です(暑中見舞いが欲しくて複数買いしてた)



8巻をあえて買わずに、面白かったら最新刊は自分で買ってねというスタイルです。
もっともっと人気が出てくれると良いなあ。


目指せ!サンデーの表紙!……というのを目標に、今後も初恋ゾンビを応援していきたいです(笑)

スポンサーリンク