いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

コミティア121でGETした同人誌感想をまとめたよ

寝坊したー!から始まった私のコミティア121。
連載の決まったとよ田みのる先生に「連載おめでとうございます!」というのを目当ての1つに、8/20(日)にビッグサイトに行ってきました。


ここ数年、コミケからはすっかり離れてしまいましたが、コミティアは去年からまた行くようになっています。
元々コミケより人は少ない即売会ではありますが、8月はコミケ1週間後ということもあって、かなり回りやすい環境でした。


前々からやりたいと思っていたのが、コミティアの同人誌感想です。
普段は商業誌……というか最近は初恋ゾンビ感想しかかけていませんが、同人誌感想も、Twitterに流すだけじゃなくて、ブログに書いてみたいなと前々から思っていました。
ということで、今回は面白かった同人誌の感想を書いていきたいと思います。


※1 本記事を書くきっかけ
blog.gururimichi.com


※2 他の方のコミティア記事
grand-spring.com



※3 GETした同人誌の一覧はこちら。

わたしの好きな幼なじみは

f:id:watari11:20170826160734j:plain


「となりのバカと続く嘘」の単行本を発売した、あむぱか先生の作品。
幼なじみの前ではヒーローでいたくて、クールな姿を見せ続けようとするヒロインが可愛い。
カッコいいも良いけど、やっぱり男の子は照れた顔とか笑った顔とか、そういう顔も見たいのである。


好きの形も色々あれば、恋人の形も色々あるのだなあと思える作品。
どうせそのうち、この二人は普通にイチャイチャするようになるけどな!


久遠せんぱいは今日もはなまる

f:id:watari11:20170826135628j:plain


帰国子女の主人公・北条と、面倒見の良い生徒会長・久遠先輩が織り成すコメディー漫画。
北条が犬属性丸出しで久遠先輩になついて、振り向いてもらおうと奮闘するけど、全く振り向いてもらえない。
少しくらい赤面が出るか……と思ったけど、一切ない。
だがそれが良い。


男はいつだって、届かない夢を追いかける生き物なんだ……(違う)
公務を執行する時に、生徒会の腕章をつける久遠先輩のスイッチの入れ方好き。


セクハラ男子と純情乙女

f:id:watari11:20170826141041j:plain


とにかく赤面が素晴らしい!


やはり可愛い女の子には赤面させたい。
気になっているからこそ、恥ずかしがっている顔が見たいというのは、やはり男性の本能かもしれない。
もちろん、される相手も「好き」だからこそ、その行為は許される。
その関係性が、ちゃんと伝わってくるから良いのだ。


ニヤニヤします。とにかくニヤニヤします。
ああ、やっぱり赤面は素晴らしい!

ペーパー欲しかった……(泣)


君の体は小宇宙

f:id:watari11:20170826142333j:plain


SFチックなラブコメ漫画。
謎は色々あるけれど、1番知りたいことは好きな人のこと……っていう感じの雰囲気に、ニヤニヤする。
女子高生が研究のためとはいえ、男子高校生の服を脱がせている光景は、とってもエロティックだと思いました。


下半身はまだ知りたくないらしいです。「まだ」……ね(ニヤニヤ)


恋に潜る

f:id:watari11:20170826144350j:plain


頬が緩んで仕方ない漫画。


個人的に大好きなラブコメディー。
男の子の好きという気持ちが届く気配はないけど、ヒロインの川端さんのことがどんどん好きになる。
明るく活発で、おまけにスキンシップが多くて。
こんなの絶対好きになるだろ……!


恥ずかしげもなく、アイドルの名前入りTシャツを着る川端さんが可愛い。
梅皿テクニカーの漫画は、やっぱり良いね……


バスカヴィルの剣

f:id:watari11:20170826150759j:plain


ファンタジー漫画。読み終わったあと、ため息が漏れてしまうほど素晴らしい。
国を追われた王女と騎士の物語で、騎士の葛藤も、それを王女が背負う強さも、素晴らしくて。
成すべきことを成すために、辛く険しい道を進む覚悟が、ありありと伝わってくる。


正直、読んでいて痺れるシーンばかりでした。
物語の濃度が濃い。もっと浸っていたい。
この1冊で完結しちゃっているけど、間の話とかもっと読みたいと思ってしまった……


ぶっきら嬢

f:id:watari11:20170826152459j:plain


このシリーズ、好きなんです。
私は全くそんなつもりは無いけれど、後輩に言わせるとおっぱい星人らしい。
それを踏まえてもう一度表紙を見ると……そういうことだよ!


コミティアを語る会でも、やはりおっぱい成分が良いと賞賛されていました。
並々ならぬこだわりを感じる。
ぶっきらぼうな巨乳女子……開拓の余地がまだまだある分野ですね!!(笑顔)


泥棒猫とわたし

f:id:watari11:20170826161131j:plain


変則的なイチャイチャラブコメ。
女の子がベタ惚れなのは事実だけど、男の子の方も無自覚にベタ惚れだからニヤニヤして仕方ない。
イチャイチャしているつもりはないかもしれないけど、傍から見たらめっちゃイチャイチャしているからね?


猫を抱っこするために、彼女経由とかもう何か、絵面的に甘々過ぎた。
彼女の赤面っぷりも素晴らしい。この漫画好き。


まあるくとらべる

f:id:watari11:20170826161727j:plain

私の好きな作品は恋愛が絡むのが多いけど、これは何というか、気心が知れた仲間内での旅行の話。
姦しい女性3人の中に男性が一人いるけど、振り回されているようで、意外と彼も気楽に行動している気がする。
男女間の友情が……みたいな話はよく分からないけど、この漫画では間違いなく成立していて、浸っていたい空気を作っている。


好き勝手やっていても、どこかでちゃんと相手のことを見て、気遣ったりして。
きっと分かってくれている、と思い込まない。伝えるべき言葉は伝える。
そういう関係性が、ものすごく好き。良い漫画だ……


いとしのテュラン

f:id:watari11:20170826162528j:plain


ヴァンパイア・ハンターと女吸血鬼のお話。
とにかくシャルロットが可愛い。
こんな吸血鬼になら、私も支配されたい(正直)


ちょっとした憎まれ口に思いやる気持ちを感じたり、何気ない仕草に親しさを感じたりできる。
そういう部分が、個人的にはその漫画を良いなあと思う重要な要素だったりする。
ここのサークル、これからちゃんとチェックしておかないと!!


人魚の涙

f:id:watari11:20170826163149j:plain


中学生の頃、通っていた定食屋でラブロマを読んだその時から、私はすっかりとよ田みのる先生のファンになっていました。
本作も、他のとよ田みのる作品と同様に暖かい。

本作のヒロインとも言える人魚は、人間の言葉が話せない。
話せなくても、喜びや悲しみといった心の揺れ動きが、熱のように伝わってくる。
あくまで、言葉は心を通わせる方法の1つなのだということを、私たちに教えてくれる。


言葉を駆使せずとも、心を許していく、通わせていく。
その過程が暖かくて、ちょっぴり切ないENDでも、胸の中に確かに残る暖かさがある。
とよ田みのる先生の作品は、心を満たしてくれるから本当に素晴らしいのだ……


あ、最後に。


ゲッサンでの連載決定おめでとうございます!


サークル情報
Twitter:とよ田みのる (@poo1007) | Twitter
pixiv:

終わりに

他にも面白い同人誌は沢山ありましたが、全部書くとキリがないので、今回はこんな感じで。
そうそう、私にしては珍しく百合作品もいくつか買ってしまいました。
ソフトな百合は結構好きなので、もっと色々な作品を読めるようになりたいです。


コミティアの後、マンガサロン「トリガー」で、コミティア本の話をするのも非常に楽しかったです。
漫画ブロガー界隈を離れて久しいので、久しぶりにコミティアの本の話ができたのが嬉しい。また次回も行こう。


次回のコミティアは11/23とのことなので、興味のある方はぜひ行ってみて下さい。
今回は前日設営ができない関係で、設営スタッフを大募集中とのことです。
私も参加を検討中。体力持つか分からないけど(笑)

スポンサーリンク