いつかたどり着く

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

中学生の頃、ハヤテのごとく!に出会った

ハヤテのごとく!が最終回を迎えました(遅い)


最終回が掲載されたその週よりも、次の週の作品が載っていない掲載誌を見た時、連載が終わったと強く実感するというのが私の持論です。
ハヤテのごとく!も、やはり次の週の掲載されていないサンデーを読んだ時、終わったことを実感しました。
サンデーに載っていることが、何というか当たり前だったなあ。


私がこうして漫画感想ブログで更新しているのは、間違いなくハヤテのごとく!というコンテンツがあったからです。
今回は、ハヤテのごとく!を懐かしむ記事でも書いてみようかなと。

ハヤテのごとく!はエロ本みたいな存在だった


中学生の頃の私は、ピュア&ピュアな少年でした。
当時からそこそこ漫画は読んでいましたが、ラブコメ漫画の単行本は全く持っていませんでした。


確か地元のCOOPでたまたまサンデーを立ち読みしていた時に、ハヤテのごとく!が始まって。
何だか分からないけど、その雰囲気が凄く気に入りました。
そこそこオタクだった私にも適度に分かるパロディ、ワイワイと賑やかな展開。
マガジンのエッチな漫画よりも、ハヤテのごとく!がある分サンデーが好きになっていました。


単行本2巻が発売された時、意を決して単行本購入。
多分、自分のお金で始めて買った漫画だと思います。
私はいつも週に数冊、親に漫画を買ってもらっていましたが、ハヤテのごとく!は何となく親に知られたくなくて(笑)


ラブコメ漫画を集めたことがなくて、何となく恥ずかしかったんですよ。
女の子とイチャイチャする漫画を読んでいると、思われたくないというか。


単行本は、しばらく布団の下に隠していた記憶があります。
もうね、エロ本みたいな扱い。
全く関係ありませんが、兄は当時マガスペで連載していた「ガチャガチャ」を机とベッドの間の微妙なスペースに隠していました。
うーん、この兄弟。



単行本4巻は、確かヒナギクが初めて登場する巻で、ヒナギクが表紙だったんですよ。
そのオーラが凄くて。
帯とかにも、何か結構売れてるみたいな情報が書いてあって。
あの時始めて、きっとこれは凄いコンテンツになると感じたのを覚えています。

ハヤテのごとく!感想ブロガーだった時代

昔以下みたいな記事を書いてことがある。
www.itutado.com


友達に誘われて雑記ブログを書いていた私ですが、ブログにハヤテのごとく!感想を書くようになって。
人気になりつつあって、オタク系ニュースサイトもハヤテのごとく!関連記事は結構補足してくれるようになりました。
反応があると、やっぱり嬉しくて。
いつの間にか、ハヤテのごとく!感想がメインコンテンツのブログになっていました。


当時、ハヤテのごとく!ブロガーは沢山いた。
キャラ一人一人にファンサイト的なものがあった。


有名どころだと、今もあるかは知らないけど、「ヒナギク様をみてるっ!?」かな。
マリアさんFCも、ナギFCも、西沢さんFCもあった。
咲夜FCの人は、咲夜さんメイン回にサンデーを398冊買って、何か話題になってたな、確か(笑)


sakuya0403.blog113.fc2.com


中学生の頃はまだTwitterをしていなかった(というかまだ無かった)ので、基本的にはブログのコメント欄で交流していて。
みんなハヤテのごとく!が大好きで、お気に入りのキャラが出ると喜んで。
それをハヤテ系のニュースサイトの「明日はきっと」が捕捉する。
楽しい時代だったなあ。


この頃は、初期のパロディーメインというよりは完全にラブコメでした。
天然ジゴロのハヤテに、ヒロインたちが落ちていく。
それをニヤニヤしながら読んでいました。
ちなみに私は、ヒナギクFCに入っていながら一番好きなキャラはマリアさんというクソ野郎でしたね。


※追記
ヒナみての会員名簿みたら自分が思っていたより初期に会員だったw


会員名簿 - ヒナギク様に恋してるっ!!


会員名簿1の割と上位の方というね。
昔はブログも載っていた気がしたけど、削除したからそのタイミングでリンク外されたのか。
何か懐かしいなあ。。。



地方出身だったので、関東らへんでオフ会やってるのは、非常に羨ましかったです。
いつか私も……、そんなことを中・高時代に思っていた記憶があります。
実は、岩手にいた時代も2回くらいはオフ会したことあるけどw
一風堂とガストだった。確か。

ハヤテのごとく!との決別

みんなハヤテのごとく!はミコノスから変わったって言います。
それがきっかけではあるかもしれないけど、個人的にはその前から私が読みたいハヤテのごとく!と作者が書きたいハヤテのごとく!が違ってきたように感じていて。
面白いけど、イマイチ以前のように楽しめない。
そんな展開が多くなってきて、ミコノス島は何というか、離れるいいきっかけでしか無かったというか。


結局私は、三千院家の面々(ハヤテ・ナギ・マリア)を中心とした話が好きだったんですよね。
ただ、キャラが増えて色々な絡みも生まれて、読みたかったシーンは必然的に減っていく。
そういうこともあって、高校生の時にはハヤテのごとく!感想は書くけど……みたいな状態になっていました。


ハヤテのごとく!界隈も、ミコノスの少し前から、以前と比べて活気は失われていたように思います。
そうそう、ヒナギクが名実共に人気キャラとなりメイン回も増えて、それが一部のFC会員から何だかなあって思われてたりして。
そのコミュニティ皆が読みたい話、というのはどうしても別れてしまって。


沢山あったFCも、次々と活動を停止していきました。
明日はきっとの「ハヤテのごとく!感想サイト」リンク集には、当時の名残が少し残っています。
あのリンク集の中で、逆に更新しているところはあるのだろうか……
※私の過去ブログリンクもありました(笑)


で、長い長いミコノス島編がやってきて。
そこで、ハヤテのごとく!から離れてしまいました。単行本も集めるのを止めてしまいました。


私の読みたいハヤテのごとく!と、作者の書きたいハヤテのごとく!がズレてきたって当時は思ってたけど、今思うと単純に漫画の好みが変わってきただけだったのかもしれない。
当時は、かなりハヤテのごとく!に関する恨み節みたいな発言も多かった。
不快にしてしまった方々、すみませんでした!


全く関係ないけど、レーシック受けて絵柄変わったとかあったよね(笑)

ハヤテのごとく!が残していったもの

今となっては、ハヤテのごとく!に特別な思い入れがあるわけでもありません。
ただ、感謝していることは多かったり。
こうしてブログで漫画感想記事を書いているのは、間違いなくハヤテのごとく!ブロガーだった時代のものがベースになっていて。
更に、ハヤテのごとく!の最新話が読みたくて書い始めてサンデーを、今も変わらず愛読しています。


ハヤテのごとく!でニヤニヤしたのと同じように、初恋ゾンビや天野めぐみはスキだらけ!を堪能して。


昔ハヤテのごとく!を好きになって。ラブコメを好きになって。
ああ、ハヤテのごとく!に漫画の趣味変えられてしまったんだなあ……(笑)
こんなにラブコメが大好きな漫画オタクになってしまった……

スポンサーリンク