いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

3月に買ったおすすめ漫画まとめ

先月買ったおすすめ漫画まとめの記事です。
この記事も書いたり書かなかったりですね。。。

www.itutado.com

2ヶ月ぶりか。
3月の新刊購入数は大体50冊くらいだったと思います。
そう考えると、そこそこ漫画にお金使ってますね(笑)


注意事項
・紹介文は割と短めです。詳しい漫画感想記事は、他の記事で書いてます。
・ラブコメ好きなので、恋愛要素のある作品が多いです。


参考
購読雑誌は、ジャンプ・サンデー・マガジン・ヤングジャンプ・ヤングマガジン・モーニング・ゲッサン・アフタヌーン・花とゆめ(最近は楽園にも手を出しつつある)

観測しているweb漫画サイトは、ジャンプ+、裏サン、サンデーうぇぶり、やわスピ、GANMA!、コミックメテオ・ポラリス、ガンガンオンライン、となりのヤングジャンプ、ヤングエース

あかねのハネ(1巻)

磯谷友紀先生の新作。女子バドミントンを描いた作品。
素人がバドミントンを始めて成長していく話ですが、元々女子サッカーをやっていたこともあって、主人公の運動能力は非常に高い。


一番の強さは、自分の弱さにあっけらかんと向き合えること。このあたりが、凄く好感が持てます。
そのため、1巻の中でも異常に近いスピードで成長していくことが分かります。他の部員にとって、それが少しずつ脅威になっているのも分かって、ついつい「飲み込め!」って思っちゃいます。
主人公がその競技に対して、前のめりになっているスポーツ漫画が好きだなあ。

試し読み
comic.pixiv.net

バイオレンスアクション(1巻)

可愛い顔して、やることはやってるバイオレンスアクション漫画。
少女がデリヘルっぽいポータルから依頼を受けて、相手を始末していく……というストーリー。


なんで少女がこんなことをしているかは分からないけど、特にそれ以外にすることがないから、といったものに近いかもしれない。
でもその中で、現状に甘んじず、小さな目標を持って何かに繋がる未来を探している感があるのが、妙にくすぐったい。
個別感想を書いちゃうくらい、この漫画は好きです。

www.itutado.com


試し読み
yawaspi.com

アレンとドラン(1巻)

サブカル糞野郎の私の心をくすぐる作品。
サブカル好き……というかオタクって、そりゃカースト上位の人間もいるけど、大半の人間は下位なんですよ(少なくともそう思い込んでる)
コミュ力高いやつが、とりあえずカースト上位で。オタクは基本的にはその逆。
人間関係で苦労することが多い中で、ヒロインの林田さんの生活をちょっと自分を重ねながら読むと面白い。


少しずつ、分かり合えない部分はあっても、互いを尊重しあえば繋がっていけるかな、なんて思わせてくれるのが良いのだ。

初恋ゾンビ(6巻)


一番面白いラブコメはかぐや様は告らせたいだけど、1番好きなラブコメは初恋ゾンビです。
6巻はこじれた恋が解かれていく様にニヤニヤして、眩しいほどの青春に息を飲んで。
今、この漫画は最高に面白い。
タイトルで損をしている、とかスロースターターだったとか色々言われている本作ですが、ラブコメ好きがみんな読んでくれるまで私はおすすめしていきます(笑)
個別感想で、その面白さはたっぷり書いてます!

www.itutado.com

試し読み
websunday.net

古見さんは、コミュ症です(3巻)


1巻の突き刺さるような感じはしないけど、安定してニヤニヤできるラブコメになってきました。
古見さんが頑張る姿も良いけど、只野くんに心を許している感がたまらない。
ちょっとだけ特別、って感じになっているのが最高にニヤニヤします。
ラブコメは読むと幸せになれるのだ……

www.itutado.com

試し読み
websunday.net

覆面系ノイズ(12巻)

ついにアニメも始まってしまいました。
ホントの心を隠した、片恋音楽漫画。
最近は隠した心を見せているわけですが、何というか自分すら気づいていない思いがまだまだあって。
それが読んでいて苦しいし、切ない。
12巻は、それぞれの揺れ動く心内が描かれているため、音楽シーンは少なめ。圧倒される音楽を味わいたい方は、ぜひアニメを見ましょう。

www.itutado.com

試し読み

思い、思われ、ふり、ふられ(5巻)

この恋が成就するタイミングはいつだ!って思っちゃうくらい噛み合わない。
や、メインの方は噛み合いつつあるけど、明らかに両想いの方の恋が噛み合わなくて歯がゆいのだ。
思いやりが、自分の心を素直にさせてくれない。
ぬおお、早く結ばれてくれ(切実)

僕たちがやりました(完結)

完結しました。
そしてドラマ化するらしいです。正気か?
クズ&クズなキャラばかりのこの漫画も、終わってみると非常に寂しい。
なんというか、醜くても生きるって感じが好きだったし、小市民が罪の意識を背負って生きることの重さも感じさせてくれました。
やっぱり、まともなやつほど死にたいって思うのかもしれない。
ヒロインとは、無理だと分かっていても結ばれて欲しかったなあ。。。

終わりに

新刊よりは継続して買っている作品が多かったかなという印象。特に3月は小学館系から良い漫画が多く出ました。
小学館系ばかりになりそうだったので、泣く泣く「だがしかし」6巻と「あおざくら」3巻はカット。
だがしかしも、ほたるさんがいなくなってから再び出会うまでが描かれていて、個人的にはめっちゃ好きなんです。。。


4月は新刊まとめで書きたい作品がすでにいくつかあります。
また小学館のスピリッツ系の作品ではあるけど(笑)

スポンサーリンク