いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

2016年に全巻読んで面白かった漫画をランキングで挙げていく

2016年も終わりということで、今年読んだ漫画について、少し振り返ろうと思います。


ある程度テーマがあったほうが面白そうなので、以下の記事のテーマをお借りさせて頂いています。

2016年に全巻読んだ漫画で個人的におもしろかったランキング - 心に火を、指先にペンを

選出ルールも、上記記事に準拠。

  1. 2016年に私が全巻読んだ作品に限定する。2015年以前に読んでいるものも2016年に全巻読んだならピックアップ。
  2. あくまで今年全巻読んだものなので週刊連載などで読んでいるものは省く。
  3. 2016年に全巻読んだ作品は覚えている限り全部ピックアップする
  4. 連載中、完結済み全部ごちゃまぜ


あらかじめ書いておきますが、好きな漫画のジャンルはラブコメとスポーツです。
恐らくは、そんな作品が多いランキングになるんじゃないかと思います。
なので、同じテーマで書いてる他のはてなブログとは、あんまり被らないランキングになるんじゃないでしょうか(笑)


じゃ、やっていくとしましょう。コミケの開場待ちな人は、待ち時間にぜひ(時事ネタ)

1位 あさひなぐ

あさひなぐ(1) (ビッグコミックス)


この漫画を揃えたのは、恥ずかしながら今年です。
とにかく熱い。
白熱した試合に、思考ごと持って行かれます。
武道としての薙刀、部活としての薙刀を非常に魅力的に描いています。


私の中で、今年全巻読んだ漫画でランキングをつけるなら、これが文句無しの1位。
最新刊の盛り上がりも凄まじいものがありました。冗談ではなく、ちょっと震えちゃうレベル。

2位 らんま1/2

らんま1/2 1 (少年サンデーコミックススペシャル)


久々にらんま1/2を読み返しました。
高橋留美子は、本当に凄い。
面白さはもちろんですが、今見てもなお、らんまのヒロイン勢は素晴らしく可愛い。
女らんまがネット上では人気な気がしますが、私はシャンプーが一番好きです。

画像は新装版のものですが……うん、つい買ってしまいました。全巻巻末が豪華なんだよ……!

3位 銀河英雄伝説

銀河英雄伝説 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


実家にはあったものの、小説未読勢です。
しかし、知らないからこそものすごくこの漫画が楽しんで読めます。
困難をさほど苦にせず、むしろ少し楽しそうに乗り越えていく英雄たちが、非常に魅力的。
何回も読み直してしまいました。毎週のヤンジャンで楽しみにしている作品の1つです。

4位 かぐや様は告らせたい

ヤンジャンの楽しみその2。
この漫画は、2016年のラブコメ漫画でNo1と言っていい作品だと思います。
天才たちによる、恋愛頭脳バトル。完全に天才の無駄遣いな気がしますが、だからこそ面白い。


そして計算外の部分で発生する、ニヤニヤ必須の展開。これは人類を幸せにする漫画かもしれない。

5位 月曜日は2限から

月曜日は2限から(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)


このテーマで、この漫画を挙げるのは私だけで良い、私だけで良いんだ……!
王道ではなく、しかしこの世界のどこかにあっても良い青春を描いた学園ストーリー。
悪友だったり、戦友だったり、個性的で少しズレたキャラクターばかり。


そんな彼らが過ごす青春は、どこか眩しくて羨ましい。
万人におすすめするタイプの漫画ではありませんが、ひまわり畑を見た時に、1つだけ向きが違うひまわりを見つけてしまうような人には強くおすすめしたい漫画です。

6位 暁のヨナ

暁のヨナ 1 (花とゆめコミックス)


ベルセルクの三浦建太郎もおすすめの少女漫画。
戦闘シーンは、少女漫画とは思えないほど迫力があります。
殺気や狂気が溢れる場面では、血が冷たくなる感覚を味わうこともあったり。


男性キャラも女性キャラも、力強く凛としていながらも、可愛いのがたまらない。
今一番好きな少女漫画です(何年も前からそう言ってるけど)

7位 GS三神極楽大作戦

GS美神極楽大作戦!! 01 (少年サンデーコミックスワイド版)


何年経っても横島が大好きです。
スケベな3枚目主人公が、やるときはやる。これが良いんだ。
テンポよく進む展開と、シリアスな流れでも盛り込んでくるお約束のノリ、何回でも読み直したくなります。
GSとして成長していく横島は、悔しいくらいカッコいい。
女の子を好きになる資格なんて無かったと嘆くシーンは、分かっているのにちょっと泣きそうになってしまう。


横島とダイの大冒険のポップが、私が憧れる男性キャラです。
逃げても最後に頑張れる奴が、憧れるほど大好きです。

8位 君曜日

君曜日 ─鉄道少女漫画2─ (楽園コミックス)


息を飲み込んでしまうほどの青春を詰めた、恋愛漫画です。
好きすぎて、同じ単行本の感想を2回書いてしまうレベル。
少しずつ近づいていく距離に、ニヤニヤが隠せません。というか悶えてます。

君が微笑む、世界が変わる。「君曜日」の名前がまだ無いその想いに、僕たちは悶えるんだ - いつかたどり着く

恋をする切なさを、この漫画は忘れさせてくれない。「君曜日」を再読して - いつかたどり着く

9位 イティハーサ

イティハーサ(1)


和風ファンタジーの傑作。
大好きな作品だけど、この魅力を語るのが非常に難しい。
ただ、誰かを想うことの美しさ、自分の意志で未来を選択することの力強さを、泣きたくなるくらい伝えてきます。
掛け値なしの名作。

10位 聲の形

聲の形(1) (週刊少年マガジンコミックス)

映画見た後に読み返しました。
何というか、やっぱり心に来るものがあるし、自分の過去等も踏まえて考えさせられます。
救われたい。報われて欲しい。誰かとつながっていたい。分かり合いたい。そんなことを思ったりします。


胸が苦しくなるシーンも多いけど、多分この先何回もこの漫画を読み返すんだろうな。
そしてたまに泣くんだろうなあ。

11位 阿吽

阿・吽(1) (ビッグコミックススペシャル)


最澄と空海という、同時期に出現した二人の天才を描いた漫画。
ストーリーも面白いんだけど、時に狂気さえ感じるような凄まじい描写が一番の魅力。
圧倒されたくて、何回も読みたくなりました。

12位 カードキャプターさくら

カードキャプターさくら(1) (なかよしコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 5,605


新刊出たから当然読み返すよね。流石になかよしは買ってないけど。
カッコよさと可愛さを兼ね備えた、私にとっても特別なヒロイン。恋模様は今読んでもドキドキしちゃうね(笑)
小狼が個人的には好きなキャラです。さくらを意識し始めてからがもう、微笑ましくて。

13位 アオアシ

アオアシ(1) (ビッグコミックス)

今年一気にブレイクしたサッカー漫画。BE BLUES!と並んで今面白いサッカー漫画。
ユースをテーマにし、部活とは異なる環境で選手が成長していく様子に、魅せられる。
余談ですが、僕はどちらかと言えば「BE BLUES!」派で、アオアシ好きの方と今年激論を交わしました(笑)

14位 初恋ゾンビ

初恋ゾンビ(1) (少年サンデーコミックス)


今年一番面白いラブコメはかぐや様は告らせたいですが、今年一番好きなラブコメは初恋ゾンビです。
初恋をこじらせてしまった主要キャラが、協力して初恋ゾンビを何とかしていく中で、心の距離を縮めていきます。
ヒロインの一人である、幼なじみの江火野さんとのやり取りは、もう青春が溢れてきて悶えてしまう。

http://blog-imgs-98.fc2.com/z/e/l/zelkova777/hz6_2016120100335188b.jpg


負けじとメインヒロインである指宿くんも、最新号で女性の姿で主人公をドキドキさせたり。
ライバルがいるからこそ、ヒロインたちはより輝くのだ……!!

15位 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


たまに下品だけど、そういうのも含めてこの漫画はカッコいい感がある。
全裸率高いよね(笑)
みんな逞しいから困る。活力が溢れすぎてて、たまに音もないのにやかましい、って思ってしまうくらいのエネルギーがこの漫画にはある。

16位 3月のライオン

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)


アニメも素晴らしく面白いです。見ながら読み返しています。
この漫画は、「熱い」上に「深い」感じがあるのが好きです。
そのキャラの成り立ちをしっかり描いているからこそ、脆さも強さも優しさも、そして狂気にも説得力がある。

17位 封神演義

封神演義 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


数年ぶりに読み返しました。めちゃんこ面白かった。
バトルの迫力もそうだけど、考えて戦い、戦略で勝つ部分もあるのが好きです。
中盤から終盤にかけて、好きだったキャラが退場していくと、分かっていても寂しくなってしまう。
終わり方も好き。ちょっと切ない。

ジャンプ+でも結構読めたりします。
少年ジャンプ+

18位 僕だけがいない街

僕だけがいない街(1)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)


一昨年から去年にかけて人におすすめしまくった作品。
一度読み出すと、もう最後まで一気に読まずにはいられない。貪るように読んでしまう。
未読の人用にネタバレは避けるけど、私は母親関連のシーンでいつも泣きそうになります。

19位 信長の忍び

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

1巻の時から集めていることを考えると、そこそこ古参ファンかも(アピール)
可愛い絵柄で、戦国位時代を時にコミカルに、時に史実通り残酷に描いています。
アニメも非常に面白いので、未読の人はアニメからでも良いと思います。

www.nicovideo.jp

20位 げんしけん

げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)

今年最終回を迎えました(2回目)
オタクの青春、ここにあり。2代目は斑目ハーレムだった。
初代と2代目で空気がちょっと違うのも面白かったです。代の色が出るよね、サークルって。

21位 アンゴルモア 元寇合戦記

アンゴルモア 元寇合戦記(1)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)


無慈悲な描写と展開が好き。
賢く強く、そして最後まで生きようという意思を持っていてなお生き残れない戦場。
命をかけるべき一所懸命を感じさせる漫画です。不条理を、乗り越えろ。

22位 覆面系ノイズ

覆面系ノイズ 1 (花とゆめコミックス)


今2番目に好きな少女漫画。映画化もアニメ化もします。
先が読めない恋愛展開もそうだけど、そこから生まれる読者を飲み込むような演奏描写が最高に熱い。
聞こえないのに圧倒される、そんな不思議な体験をさせてくれます。
切ないほどの青春を、体感して欲しい。

23位 干物妹!うまるちゃん

干物妹!うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

巻数を重ねるほどうまるちゃんが可愛くなっていく。
兄・タイヘイとうまるちゃんの話が一番好きです。
お兄ちゃん大好き!なうまるちゃんが最高に可愛いのだ!

24位 だがしかし

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)

ホタルさんがいなくなって、何か凄い悲しくて全巻読み直してた。
駄菓子を美味しそうに食べるホタルさんが好き。
馬鹿なことをノリノリでやる主人公たち、それを冷静に見ているサヤ師。その風景が大好きなんだ……

25位 帯をギュッとね!

帯をギュッとね!(1) (少年サンデーコミックス)


最高の部活漫画。
ギャグを交えながら、テンポよく進む展開、そして熱い試合描写。
今後、帯ギュより好きになる柔道漫画は多分ない。それくらい大好き。
個人的ベストバウトは橘vs斎藤。大将戦を前に皆が立ち上がる気持ち、私にも分かるぞ!!

26位 神戸在住

神戸在住(1) (アフタヌーンコミックス)

実在する様々な地名が出てくるから、個人的にこれを読むと街歩きしたくなる。
透明さを漂わせるタッチで、心を静かに和ませてくれます。
神戸行くときは、この漫画を全部持っていこうと思ってもう何年経つんだろうな……(笑)
中央線も結構出てくるので、沿線民はまた違った楽しみ方ができるかも。

27位 H2

H2〔文庫版〕  1 (小学館文庫 あI 61)

色褪せること無い名作野球漫画。
甲子園で準々決勝で木根が投げる話は、分かっていても泣いちゃう。泣きそうになるじゃなくて泣いちゃう。
ギャグも実にキレキレ。個人的に次のシーンが好き。上手すぎる。

柳『野田ID野球』 
木根『I(いいかげん)D(デタラメ)』 
国見『I(いかれた)D(デブ)』 
野田『I(いいから)D(だまってろ)』

28位 恋と嘘

恋と嘘(1) (マンガボックスコミックス)

マンガボックスで毎週楽しみにしている作品。
ずっと好きだった子がいるのに、政府が決めた結婚相手ともいつの間にか心を通わせていて、関係がより複雑になっていく。
皆が大切で、だからこそ明確な結論が出せなくて。
もうこの作品にどうなってほしいかさえ、分からない。完全に翻弄されてます、私が。

29位 斉木楠雄の災難

斉木楠雄のΨ難 1 (ジャンプコミックス)

安定して面白いギャグ漫画。
照橋さんは、今のヒロインで一番可愛いと思う。
出るたびにおっふってなります。いやホント。アニメ版の照橋さんマジおっふでした。

www.nicovideo.jp

30位 愛しのバットマン

愛しのバットマン(1) (ビッグコミックス)

大人の野球漫画。
熱さと言えば学生野球みたいなイメージあるけど、プロ野球も熱くて、沢山のドラマがあるんだよ。
細野不二彦短編集に、愛しのバッドマンの短編が3つも載っていて嬉しかったです。

31位 おはようとかおやすみとか

おはようとかおやすみとか


心温まる疑似家族漫画。
少しずつ家族になっていく様に、魅了されてしまっています。
寂しさ、愛しさ、優しさ。それを柔らかく描かれていて、読み終わるとため息が出る。良いのだ。

32位 それでも町は廻っている

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス)

今年最終回でした。寂しい。
説明がほぼ不要な有名作。この独特の雰囲気は他では味わえない。
ニヤニヤして、笑えて。楽しくなれる漫画。たまのミステリー話も結構好きです。

33位 柔道部物語

柔道部物語(1) (ヤングマガジンコミックス)

帯ギュは爽やかさがあるけど、こっちはもうスポ根と言っても良いでしょう。
しかし、熱い、熱いのだ。
強くなっていく様も、負けてリベンジに燃えるのも良いのだ。
この汗臭さ、泥臭さこそが、この漫画の青春だ(多分)
あと、やればできるよ(意味深)

34位 からかい上手の高木さん

からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

ニヤニヤ必須のラブコメディ。
巻を重ねるごとに、その破壊力は高まっていきます。
ずるいよ高木さんって言いたくなる。からかい女子は最高だな!

35位 BANANA FISH

BANANA FISH(1) BANANA FISH (フラワーコミックス)

ストリートキッズにスポットを当てた、私が凄く気に入っている少女漫画。
大人たちのドス黒い欲望が絡み合いながら展開される物語に、魅せられていきます。
男でも読める少女漫画筆頭格。私はショーターが好きです。

36位 大家さんは思春期

大家さんは思春期! 1巻 (まんがタイムコミックス)

中学生の大家さんと、店子さん達が織りなすハートフルコメディ。
大家さんのチエちゃんの可愛さ、に魅了されっぱなしです。
アニメはちょっと短すぎた。でも結構出来が良くてびっくり。

37位 GIANT KILLING

GIANT KILLING(1) (モーニングコミックス)

監督の戦術で勝っているイメージがあるけど、それに応える選手たちがまたカッコいい。
特に若手が試合中でも成長していく姿は、ワクワクしてしまう。
でも、鹿島がモデルになっているであろうチームが出てきたときには、鹿島勝て!って思っちゃった(笑)

38位 トライガン・マキシマム

トライガン・マキシマム(1) (ヤングキングコミックス)
少年画報社 (2013-08-01)
売り上げランキング: 11,723

毎回10巻で泣く漫画。戦闘シーンは毎回魅入る。
ヴァッシュやウルフウッドといった、主要キャラの生き様が最高にカッコいい。
許しをこわないヴァッシュが好き。

39位 信長協奏曲

信長協奏曲(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 34,220

この飄々とした信長像は、ほかの漫画では見られない。
登場人物たちも、信長の不思議な魅力に惹きつけられていくけど、それが納得できるからこの漫画は凄い。
斎藤道三の最後が、個人的に切ない。

40位 ボールルームへようこそ

ボールルームへようこそ(1) (月刊少年マガジンコミックス)

ようやく連載再開するらしい。熱いダンス漫画が帰ってくる!
「歪んだまま」成長する主人公は、どこか危うく、けれど人を惹きつけます。
ダンスシーンの迫力は、圧倒される。ダンスにかける情熱が、紙面から溢れてくるから好き。

41位 テツぼん

テツぼん(1) (ビッグコミックススペシャル)

鉄道オタクが政治家になって、知識を政治に活用していく漫画。
若干鉄オタなので、もう「確かに!」みたいに思えるシーンが多くて、非常に楽しい。
でもこの漫画の恋愛模様を楽しみにしている自分がいるから、ちょっと恋愛脳すぎるかもしれない。

42位 結界師

結界師(1) (少年サンデーコミックス)

あまり語られてることを見てないけど、名作。
結界を武器に戦うって、今まで見たことがほとんどないよなあなんて思いながら当時は読んでました。
今読むと、人と人のつながりを丁寧に描いていて、心に染みるシーンが多いなあと感じています。

43位 ラブロマ

ラブロマ(1) (アフタヌーンKC)
とよ田 みのる
講談社
売り上げランキング: 233,707

とよだみのる先生の名作。
ちょっとズレた、だけど相手を思いやる気持ちが伝わってくる主要キャラ二人のやりとりが大好き。
読むたびに心が暖かくなる。気持ちを言葉にして伝えるって、大事なことだよなあ。

44位 まんが道

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)
藤子 不二雄A
中央公論新社
売り上げランキング: 44,850

なんというか、ドラマしかない。
夢にかけた、すさまじいまでの情熱が詰まっています。
トキワ荘の住民たちとの話は、いかにその日々に刺激を受けていたかが伝わってきます。凄い作品。

45位 俺様ティーチャー

俺様ティーチャー 1 (花とゆめコミックス)

暁のヨナ、覆面系ノイズに並び、花とゆめで楽しみにしている少女漫画。
なんかもう、登場キャラみんな可愛い。
馬鹿なところも、一生懸命なところも可愛い。
シリアスな場面でも、笑いを入れてくるこの漫画が好きです。

46位 謎の彼女X

謎の彼女X(1) (アフタヌーンコミックス)

唾液を通して展開されていく恋愛漫画。
中毒性が凄まじい。ちょっと変態チックな展開(エッチなわけではない)に、ものすごくニヤニヤしてしまう。
写真越しのキスとか、もう寸止め最高峰のシチュエーションだよ!

47位 機動警察パトレイバー

機動警察パトレイバー(1) (少年サンデーコミックス)

働く警察官はカッコいい。
自分の仕事にプライドをもって、自分のロボに愛情をもって。
プロとして戦う姿は、正直痺れました。アニメも良いけど、コミックもまた素晴らしいのだ。
後藤さんは、みんな好きになっちゃうよね。

48位 応天門の変

応天の門 1巻 (バンチコミックス)

宮中でうごめく闇が、今後どういう風に、在原業平や菅原道真とかかわっていくかが非常に気になる。
私は無知だから、二人に親交があったことをこの漫画で初めて知りました。
年の離れた友人、って感じが出ていて好き。

49位 南国少年パプワくん

南国少年パプワくん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

今なお笑える切れのあるギャグ。
そして時折、弱さを見せる大人たちと、それを受け入れてくれるパプワ島。
読むと元気になれる。

50位 ゆーあい

ゆーあい(1) (メテオCOMICS)

今年完結したラブコメ漫画。
正直もっと見ていたかった。
変態チックにヒロインを愛でる主人公と、それを割と許容しちゃうヒロイン。
他のラブコメにない空気感があって、個人的に大好きでした。もっとみんな、読んでくれ!!

終わりに

参考記事に準拠して60位くらいまで書こうとしたけど、力尽きました。
50位でもかなり時間かかる(笑)
他にも全巻読んだ作品はいくつかあったはずですが、印象に残っているのは上記漫画たちです。
あ、嘘だダイの大冒険はいれときゃよかった……

それはさておき、全巻読んじゃうほど面白いので、基本的に全ておすすめの作品です。
ラブコメは、かなり人を選ぶと思うけどな!

スポンサーリンク