いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「暁のヨナ」夢見た未来の欠片

漫画 漫画-暁のヨナ

暁のヨナ21巻は、はっきり言ってこれまでで一番凄い。


16巻のハクとスウォンの邂逅を超えるシーンは、もう出てこないとさえ思っていたのに。
それを軽々と超えるシーンを描いてくるから、この漫画は恐ろしい。


20巻の続きで、隣国に攫われてしまったヨナとリリ。
救出しに向かっているのはハクたちだけではなく、スウォンたちもまた、ヨナたちの捉えられた砦に攻め入ろうとしていました。

20巻感想
www.itutado.com


そして、ハクとスウォンはもう一度出会ってしまう。
かつて夢見た未来の欠片が、そこにはありました。

夢見た未来


かつてハクは、スウォンをヨナを支えるために、彼らが統べる国を守るために、鍛錬を重ねてきました。
スウォンとハク。
親友であり、共に並び立てるように切磋琢磨してきた過去があり。


彼ら二人が揃えば、困難も乗り越えられる。
そんな思いが、少なくともハクにはあったはずです。
いや、例え並び立つ未来が来ないと知っていても、スウォンもまたそう思っていたことでしょう。


リリが処刑されそうになったとき、スウォンは彼女の首にかかった縄めがけて、弓を射ろうとします。
しかし彼女のいる場所は高く、縄が切れた瞬間に下に落ちてしまい、ただではすまない。


スウォンも誰かが受け止めないといけないことは、当然理解していました。
時間的猶予もなく。
それはまさに、刹那の思考。


f:id:watari11:20160924185117j:plain


その刹那を、共有できる人間が、その場に一人だけいて。


ハクは、今の詳細な状況など少しも見えていません。
目の前にいる敵をなぎ払い続け、広がった視界にいたのは、宿敵ともいうべきかつての親友。


理解できるはずがない。


理解できるはずがないのに、目があった瞬間、ハクは理解してしまった。
憎い相手にもかかわらず、彼が何をしようとしているのかが、分かってしまった。
ハクの顔に陰りがあるような描写ですが、これ最初は憎しみの現れかと思ってたんですよ。


でも、今読み返すと少し違う。
多分これは、理解できてしまったことへの苛立ち。


縄が切れる瞬間のハクの口元が、それを証拠付けているように感じました。


またこの場面、ハクと目があっているスウォンが2回描かれているんですよ。
ハクがスウォンの思考を理解したように。
スウォンもまた、ハクが自分の思考を理解したことを理解して。


この瞬間に、スウォンはハクを信じていたのでしょう。
刹那の瞬間、思考を共有した二人。


それを間近でヨナは見ました。ずっと二人を見てきた、ヨナだからこその思いがあって。
3人でいられた時間を、思い出す。夢見た未来を思い出す。
それは多分、夢見た未来にあったはずの光景。


f:id:watari11:20160924185350j:plain


見とれた。
それはヨナだけではありません。
まるで、英雄譚に一説に載るかのようなシーンで。


その場にいた誰もが、その光景に見とれていた。


しかし、このシーンはどこまでも悲しい。
それが、かつて夢見た未来の欠片であることを、ヨナは誰よりも理解しているから。
それがもう、届かない未来の欠片であることを、誰よりも理解しているから。


ハクとスウォンの一連の流れは、本誌で読んだときから鳥肌が止まりませんでした。
誇張抜きに、呼吸するのを忘れて魅入ってしまいました。
それくらい、凄いシーンで……圧倒される。


感想書くために21巻を読み返していますが、このシーンを何度も何度も読み返してしまう。
この記事読んでる人の大半は、暁のヨナ読者だと思います。
だから、この後もう1回21巻読んで、一緒に打ちのめされよう。

触れたくて、側に


戦いが終わると、ハクが仲間たちに強烈なハグをしかけています。
何というか、一人でヨナを守ろうとしていた時期があるだけに、妙に微笑ましい。
ハクに取っての、帰る場所。風の部族以外の、もう1つの家族。


f:id:watari11:20160924184843j:plain


ムンドクの前でそれを認めているあたり、おじいちゃんには隠せないから、少し素直になっているのかもしれない。
ちょっとだけ、戸惑っている感じもありますが(笑)


仲間たちに対しかなりフレンドリーに接するハクは相当レアですが、ヨナはそれがちょっと羨ましくて。
二人きりの夜に、「ハクに触れたい」との爆弾発言。
色々テンパって取り消そうとするも、ハクに力強く引き寄せられたらもう抗えない。


理由をつけたって、触れたい、側にいたいという気持ちが勝ってしまうのだから。


この辺はもう、読者に対するご褒美です。
ヨナの可愛さを、存分に堪能しました。


強引に抱き寄せられて、文句を言っても。


f:id:watari11:20160924185438j:plain


ハクが笑っている顔を、じっと見つめて。
ふと見つめ返されたときに、少しドキッとして。


私はただ、枕を殴りながら悶えることしかできませんでした。
ハクと二人きりのときに見せる、ヨナの乙女の表情の破壊力が凄まじすぎて。
シリアスな場面では本当に凛々しいヨナですが、可愛さも持ち合わせているから困っちゃうんですよ(笑顔)


呼吸をするのは苦しく、言葉を紡ぐのさえ怖くなり。
それでもハクに、近づきたくて仕方ない。


読者の胸が摩り下ろされるような、そんな恋の仕方をしているようです。
私の心臓が読むたびに止まりそうです。
暁のヨナが無事完結するまで、死んでも生きるけどな。

終わりに

漫画感想を書く時は大体ぽえみーな文章になりますが、暁のヨナ感想時のぽえむっぷりは我ながら凄いな(笑)
これをネットの海に流すのはちょっと恥ずかしくはありますが、同じ暁のヨナ好きの方に届けば良いなと、ぼんやり思っています。
良い作品読んだら、ポエム書きたくなんだよ!!


花とゆめを購読しているので、22巻にも素晴らしいシーンが収録されることを、すでに知っています。
もう楽しみしか無い!


あと何回も書くけど、今一番切ないキャラは多分ジェハ。
21巻も随所にそれが出ているから、もっかいチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク