いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「月曜日は2限から」の好きなシーンを紹介する

漫画 漫画-おすすめの漫画

「月曜日は2限から」という漫画があります。


一部の読者の心を掴んで離さない、ゆるい感じの日常系です。
タイトルからゆるさが伝わると思うけどな!


そんな月曜日は2限からが、今月のゲッサンで最終回を迎えました。
思わず私も感傷的になって、ぽえみーなツイートを連発してしまいました。


総括した感想は、最終巻が発売されたタイミングで書こうかと思いますが、
今回は、私が愛してやまない「月曜日は2限から」の好きなシーンを紹介しようと思います。


ゆるい感じの漫画だと言ったな。
会話のキレは、一級品だよ!

sasatanwwwww.hatenablog.com

※この記事の二番煎じです。被ってるチョイスもあるよ(ネタバレ)

雨の日に、傘を忘れたら

f:id:watari11:20160913011551j:plain

傘を刺さずに登校し、濡れてきたヒロインの咲野。
体を冷やすと心配していた主人公の居村くん、それ見たことか、という当然の反応。
しかしそこはヒロイン。咳すら前フリだったのだ。


コンコン、とだけで通じるこの感じが、たまらなく大好きです。
ああ、そういうことかと居村くんと一緒に納得してしまいました。
ちょっとニヤニヤしてしまう、そんなシーンです。

なんでだろうな

f:id:watari11:20160915223645j:plain


ついつい、他と違う形をしているものに目がいってしまう居村くん。
それは、隣にいる誰かさんが普通のことをしてくれないから。
咲野と居村の腐れ縁的なものを、感じさせてくれるエピソードです。

これだけ一緒にいたら、ひまわりに対してだって、「あ、何か咲野っぽい」って思っちゃうよね。

君に届け

f:id:watari11:20160913012226j:plain


やっかいごとばかり持ってくる咲野を、仕方ないという風にいつも受け入れてしまう居村くん。
悪友の自分だから、咲野が甘えているのを分かって、許しています。
普通の人には伝わらないぞ、という忠告に対する答え。


完璧だ。


このやり取りが、狂おしいほど好き。これ以上ないほど伝わる、咲野の「甘え」。
良いなあ。

気をつけるのがだいぶ先になりそうです

f:id:watari11:20160913013253j:plain


恋愛禁止の学校生活。
無意識に、近づいてしまった距離。
真面目な委員長は、音質より気になることに遭遇してしまいました。


誕生日だから、大目には見るけれど。
気をつけるべき「次」は、かなり先になりますね。


言ってて自分で気づく、ちこちゃん(風紀委員長)が可愛いシーンです。

手は繋がないよ。

f:id:watari11:20160913014036j:plain

人混みの仲、友達以上の関係の男女。
少し照れながら、手を繋ごうかと誘う居村くん。
正月らしい返しをした後に、断って。


自分との待ち合わせに遅刻して、走ってきた居村くんのことを考えて。
甘酸っぱい、青春に満ちた言葉が紡がれる。


ちょっとの間が合ったのは、そこに嘘じゃない気持ちがあったから。


月曜日は2限からの一番好きなシーンです。


月曜日は2限かららしい、流れるような掛け合いの中で、甘酸っぱさに満ちたセリフが紡がれる。
愛おしいほど、このシーンが好きです。

どんな校則を破ったのかな?


f:id:watari11:20160913014611j:plain


遅刻して、こっそり柵を乗り越えてしまった、元風紀委員長のちこちゃん。
破った校則は、柵を乗り越えた不正だけではない。


答えは、彼女表情を見れば明らかで。


校則で、ちこちゃんの気持ちを表現する展開が凄く良いシーンです。
ちこちゃんの乙女らしい顔が、印象に残っています。
その校則は、思春期には守り難いものなんだ。

誰だ!

f:id:watari11:20160915231626j:plain

単純に、会話のキレが凄まじい。
ボケの切れ味が、非常に強烈です。確かにこれは、落ち着けって言いたくなる。


しおりちゃんは優秀です。

月曜日は2限から


f:id:watari11:20160915231719j:plain


悪友ではあるけれど、それ以上の気持ちをちょっと自覚した後の、このやり取り。
ちょっとした甘酸っぱさを、感じずにはいられない。
それでいて、「いつもの二人」感に溢れているから、たまらない。


最後のコマが本当に好き。
ちょっとこれ最終回だった!?ってびっくりしたけど。
唐突なタイトル回収はビビる(笑)


終わりに

月曜日は2限からの好きなシーンを紹介してみましたが、いかがでしたか?
もっといっぱいあるんですが、全体の流れが素晴らしい話は、一部分を切り取るのが難しくて紹介しきれていません。
気に入ったシーンがあったなら、もう単行本買うしかないね!


ちなみに、月曜日は2限から読者の、今の気持ちを表してくれるシーンもありました。


f:id:watari11:20160915232627j:plain


もう少しだけ、このまま月曜日は2限からの世界に浸っていたい。
そう思えるくらい、素敵な作品です。


comic.pixiv.net

スポンサーリンク