いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

【ネタバレ注意】名前よりも、伝えたかったこと。きっと、忘れられない作品になる。映画「君の名は。」感想

アニメ アニメ-おすすめのアニメ

f:id:watari11:20160831213452j:plain

タイトルにも書いてあるけど、この記事はネタバレありの記事なので注意。


初めに書いておくが、私は新海誠が好きでは無かった。
オタクらしく文脈を語ると、最初に見たのは「ほしのこえ」。
盛岡のレンタルビデオ店で初めてその作品を見たとき、これを個人で作ったのかと、驚いた記憶がある。


次に見たのは、「あの雲の向こう約束の場所」。
私が当時、新海誠に期待していたほどではないけど、普通に楽しめる作品だった。


だけど、「秒速5センチメートル」が絶望的に合わなくて、私は新海誠の作品を見なくなった。
間違った見方をしたのかもしれないけど、女々しいというのが、この作品を見た時の私の感想だ、
かつての恋を振り切った作品だ、と後から人に言われたから、今見ると違って見えるのかもしれないが。


新海誠に興味を失った僕は、オタク失格かもしれないが「言の葉の庭」を見ていない。
それくらい、「秒速5センチメートル」が、当時の私とは合わなかった。


今回、「君の名は。」を見たのは新海誠が大衆よりの作品を作ったというのを、耳にしたからだ。


アニメも1クールに1~2本。社会人になってから、私からオタク的な要素は抜けていった。
ぜいぜい、月に漫画を50冊程度読むくらいだ。
今なら、新海誠の作品が楽しめるかもしれない。


そう思って、カップルの少ないであろうとしまえんで、私は一人「君の名は。」を見た。

目を奪われる色

綺麗だ。
それが、初めに受かんだ感想だった。


鮮やかな色使いに、私の目は奪われた。
新海誠の作品の色使いが、鮮やかだということを知っていてなお、素直に綺麗だと感嘆した。


鮮やかに描かれた空を、星を、見上げた。


任天堂ハードのゲームしかやったことが無かった小学生時代に、イースエターナルのOPを見た時も、同じような感想を持った。


難しい言葉は出てこなくて、ただただ、「綺麗だ」という感想しか出てこない、美しい色使いに、冒頭から心を奪われた。

名前より、伝えたかったこと


携帯の日記でしか相手を認識できなかった二人が、遂に出会うシーンがある。
忘れないように、互いの名前を手に書こうとするシーンだ。
瀧が三葉の手に文字を書いて、相手が書こうと瞬間に、別れが来てしまう。


別れたあと、大災害を防ごうと走る三葉。
しかし、途中で瀧の名を忘れてしまう。
懸命に、自分を奮い立たせながら走る三葉。


誰もが思ったはずだ。その手の中を見ろと。
三葉が転んだとき、彼女は勇気をもらおうと、その手に書かれた文字を見る。


……そこに書かれていたのは、名前ではなかった。
名前より伝えたかった、瀧の気持ちだった。


もし、名前を書いていたら、その後の展開はもう少し違ったものになっていたかもしれない。
それでも、瀧は名前より気持ちを伝えたかった。
忘れてしまう前に、伝えたかったのだ。


好きだという気持ちを。


青臭い。
正直に書いて、青臭い。


でもその青臭さに、どうしようもないくらい心が揺れた。
名前より伝えたかった気持ちが、作品を通してあふれてきた。
僕が新海誠に、完膚なきまでにやられた瞬間だった。

手のひらのしずく


この作品の大きなポイントの中に、夢の儚さというものがある。
夢は忘れやすいもので、時が経つに連れ記憶が薄れていってしまう。
瀧と三葉の入れ替わりも、まさにそういう儚い夢の類いだった。


忘れたくないという二人の気持ちさえ、少しずつ薄れていってしまう。


作品を見ながら、私はGS美神の「手のひらのしずく」という言葉を思い出していた。


夢は儚く、泡のようなものかもしれない。
それはいつか消えてしまうのかもしれないけど、すべてが消えるわけではなくて、手のひらにはしずくが残る。


この作品は、その手のひらのしずくが、元は何だったかを追い求めた作品だった。


新海誠は、奇跡を描く人らしい。
この作品で描いた奇跡は、何だったのだろうか。


私にとっては、この広い東京で、手のひらに残った、わずかなしずくを手掛かりに、二人がもう一度出会えたことが一番の奇跡だ。
瀧にとっては5年。三葉にとっては8年。
薄れゆく記憶の中で、確かなものは何一つなくて、何かを探している感覚だけがあった。


その感覚が、まさに「手のひらのしずく」だったと思う。


そのわずかな「手のひらのしずく」を頼りに、二人はもう一度出会う。
今度こそ忘れないようにと、相手の名前を問う。


「君の名前は」


恥ずかしいけど、泣いた。

終わりに

レイトショーで見たので、映画館を出るころにはもう日付が変わりそうになっていた。
心が震えて、とても落ち着いていられなくて、としまえんから1時間かけて家まで歩いて帰った。
エネルギーを放出しないと、とても寝られそうになかった。


結局、新海誠が大衆向けに作ったかは、私には分からない。
でも、少なくとも私にとっては、心を強く動かす、すごい作品だった。


シン・ゴジラとは違うベクトルで、人と語りたいと思った映画だった。


合わない人は、もちろんいると思う。


でも、新海誠が好きじゃなかった私が、こんなにも心を揺らされたから。
きっと、誰かの忘れられない作品になる。
そう思っている。

スポンサーリンク