いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

最近注目している、5人の漫画家を紹介する

漫画 漫画-まとめ

漫画は作者買いが多い、という人にはぜひ読んでもらいたい記事。


注目しているとか書いてますが、別に若手作家とは限りません。
ずっと前から注目されてるよ!という人も結構いると思います。ニワカだから許して(言い訳)


そんなことはさておき、ざっくり紹介していきましょー!

月子

代表作 彼女とカメラと彼女の季節


切なかったり、頬が緩んだり。読ませる漫画を描く月子先生が私は大好きです。
今までも作品ごとに違った雰囲気を出していましたが、最近出した最果てのサーカスは、それまでとは違い「圧倒」される凄さを感じさせる作品です。
中原中也や小林秀雄が好きな人には特におすすめ。

詩が詠まれた瞬間、別の世界に取り込まれるような感覚。ハマります。


中原中也は作中破天荒っぷりを見せていますが、その活力に魅せられる。


f:id:watari11:20160525111421j:plain


「消えない光」という言葉が、かなり印象的でした。
詩に限らず、創作物の究極的な目標かもしれない。

朔ユキ蔵

代表作 ハクバノ王子サマ


すみません、最近までこの方の作品を読んだことがありませんでした。
ドラマにもなったこの代表作は、ちょっと知っているなあくらいで。
しかし最近出た「神様の横顔」が本当に面白くて。


トップを狙い続ける秀才と、とある秘密を抱える天才の「才能」を巡る物語です。
秀才の主人公が、ライバルであるキャラの天才を認めつつも、欠片も諦めることなく貪欲に前を向き続ける姿に魅せられます。
今特にオススメしたい作品です。

水瀬るるう

代表作 大家さんは思春期


アニメの大家さんは思春期、流石に短すぎだと思います!
それでも、チエちゃんの可愛さを存分に表現しているのが凄いんですが。
大家さんは思春期が好きな私ですが、最近出した短編集を読み、こんな作品も描くんだ!と驚いてしまいました。

初めてのお泊まりを描き、男女の初々しい関係性に思わず枕を殴りそうになったり。
同性の恋愛を描き、悩んだり歩み寄ったりする様に思わず微笑んだり。
素晴らしい短編集なんですよ、本当に。

こういう短編集を、ぜひ定期的に出して欲しいです。

山本崇一朗

代表作 からかい上手の高木さん

今最もラブコメ界を熱くさせている漫画家、そう描いても過言ではないでしょう。
からかい上手の高木さんに、何人の人が悶えさせられたことか!
ゲッサンで連載中の「ふだつきのキョーコちゃん」も、委員長キャラが本気出してきたので、妹のキョーコちゃんが嫉妬し始めているのが素晴らしいんですよ。もうね、ニヤニヤが止まらない。


そうかと思えば、「あしたは土曜日」のように、特別なドラマはないけど、毎日を楽しそうに過ごす女学生に暖かい気持ちにさせられたり。
嫌な気持ちにならない、というのが個人的に大好きです。
この作者の作品を読むのが、楽しみで仕方なくなってる。

灰原薬

代表作 応天の門


平安京を舞台に、菅原道真と在原業平が都の闇に挑む物語に、去年からハマってしまいました。
特別仲が良いという描き方はされていませんが、どこか惹かれ合っている様子が面白い。
どこか透明感のある表紙とは裏腹に、闇が蠢く京を力強く描き、その深さに引き込まれてしまいそうになります。

タイトルにあることからも、これから政争が激化し「応天門の変」が発生すると思われますが、あの事件をどのように描くか実に楽しみです。
どんな闇が描かれ、それを二人はどう見るのかなあ。


終わりに

もうとっくに注目してたよ!という方も多かったかもしれませんが、どの作者の作品も、紹介したものは本当に面白いのでおすすめです。
青年向け漫画を描いている作家が多かったかもしれませんが、少女漫画家だったらアサダニッキ先生ですかね。
「星上くんはどうかしている」がとても好きなので……


スポンサーリンク