いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

「ニセコイ」今日僕は、春ちゃんのために泣こう

漫画 漫画-おすすめの漫画

今週のニセコイが素晴らしかった、素晴らしかったんだ。
私はすじピン!の感想を書く気満々だったんだけど、今週のニセコイを読んで何も書かなかったら、私は二度とニセコイが好きだなんて言えない。

※感想ブログ書いててネタバレ注意なんて書くのも今更ですが、この先はネタバレの配慮とか一切しないので一応収納します

伝えなかった気持ち。伝えたかった気持ち。

春ちゃんは楽が自分の王子様だと知っていたことを告げました。
それはつまり、彼女の想い人が楽であると伝えることでもあります。


楽が本当は優しい人で、変な噂で起こった誤解も今はないことを伝えます。


けれど、けれど彼女は楽を好きというわけではないと言いました。

感謝している、千棘とのニセモノの関係も知っているけど広めるつもりはない。
そして、お姉ちゃんをよろしく……春が楽に伝えた真実はこれだけでした。


違う。そうじゃない。それだけじゃない。
彼女が楽に本当に言いたかったことはそれじゃないんだ。


それでも春ちゃんは、楽に自分の想いを伝えませんでした。
楽が姉を好きなことを知っていて、姉もまた楽が好きなことを知っていて。
彼女は自分の気持ちを「伝えない」という選択を取りました。


その程度の好きだったんじゃないか、心ない人がそういうこともあるかもしれません。

ふざけるな


春ちゃんは本気で楽のことが好きで、でも姉のことも本当に大好きだから、自分の心を押し殺したんだ。


f:id:watari11:20160202013253j:plain


親友の前で、彼女は誰にも言えなかった気持ちを初めて言葉にする。


涙が溢れて。想いが溢れて。


こんなにも胸が苦しくなるのは、春ちゃんの気持ちが本気だったからに他ならない。
伝えなかった気持ち。本当は伝えたかった気持ち。
何度も何度も、このシーンを読み返しました。そのたびに、春ちゃんの気持ちにあてられてしまいました。


私の好きな「君曜日」という作品に、こんな言葉があります。

好きって気持ちがかなわなくても 一方通行でも やっぱり 恋だと思うの……

春ちゃんの気持ちは、実らないものだったかもしれません。
でもその気持ちは、間違いなく恋でした。ヒロインとして、読者の心を揺れ動かすレベルの恋だったんだ。


恋をすることの切なさを、春ちゃんは僕に忘れさせてはくれないらしい。


泣いていい、僕たちは春ちゃんのために泣いて良いんだ。

だからその時は、その後に続く言葉を僕たちはまだ知らない。


春ちゃんは髪を切りました。
少し大人っぽくなった春ちゃんの姿に、落ち着かない私の心はまだ少しざわついてしまう。


自分の進路を決めた春ちゃんは、楽に新作のお菓子を渡します。
今までで一番美味しいという楽の言葉は、春ちゃんがスランプを抜けたことを示しています。


f:id:watari11:20160202011356j:plain


楽へ恋をしてスランプとなり、楽への恋に決着をつけてスランプを抜けだして。
好きじゃなく無くなったから抜けた、そんな単純な話じゃない。


このシーンは、楽への恋を自身の糧にして、春ちゃんが歩み始めている証拠なんだ。


新作の和菓子を渡して、早々に立ち去ろうとする春ちゃん
だけど、少しだけ振り返って。
伝えられなかった気持ちを、ちょっとだけ滲ませて。


f:id:watari11:20160202011453j:plain


春風のいたずらで、その言葉が最後まで紡がれることはない。
「その時は」に続く言葉を、僕たちはまだ知らない。


作中で明らかになることはないかもしれない。それでも良い。
「その時」は、必ず春ちゃんに訪れる未来だと信じているからだ。その時に楽が取る行動が、きっとその後に続く言葉なんだ。


読者がやることは1つで良い。僕がやることは1つで良い。


精一杯の恋をした、春ちゃんのために泣こう。


今週のニセコイは最高でした。長々書いたけど、言いたいことってつまりそういうことです。


スポンサーリンク