いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

だから僕はゲームができない

趣味-ゲーム

ゲームができない。いや、この表現は適切ではない。
正確には、ゲームをやらないというのが正しいだろう。


理由は単純だ。それしかしなくなるからだ。


義務以外のことは全て省くようになる。趣味をそれだけにしてしまう。
漫画を読まなくなる。アニメも見なくなる。ブログの更新なんてもちろん止まる。


ゲームの区切りというのは難しい。漫画は単行本を読めば1つの区切りだ。それが最新刊ならば、必然的にそこで止まる。
しかしゲームの場合、章で区切られていたとしても、そこにはすぐ続きがあるのだ。
ボタン1つで、次のストーリーが始まる。制限をかけるものは、自分の理性だけだ。


ゲームをする時の私は、この理性がイマイチちゃんと機能してくれない。
あとちょっと、あとちょっとを延々と繰り返してしまう。


その結果が、他のプライベートを全て犠牲にすることになる。
ゲームだけをし続けた15日間、友人の誘いはほぼ断っている。ゴールデンウィークに実家に規制した時でさえ、PCを持ち帰り暇さえあればゲームをしていた。


ゲーム中心の生活になり、会社帰りの電車の中で、晩御飯と風呂をいかに効率的に済ませ、ゲームを何時から始められるかを考えていた。
きちんと6時間は取っていた睡眠も乱れがちになった。
1時までなら大丈夫と思っていても、2時位なら……頑張れば3時だって……こうやってダラダラと続けてしまう。


流石に3時は次の日が少し辛かったので反省した。しかし4時間半くらいの睡眠が続くようになってしまった。


昨日、ようやく15日かけて空の軌跡FC・SCを数年ぶりにクリアした。

英雄伝説 空の軌跡FC

英雄伝説 空の軌跡FC


それしかしなくなるから、ゲームはしない。
分かっていたことだった。でもちょっとした空き時間を持て余した時に、ふと目に入ったゲームのパッケージ。
我慢するのは難しいのに、落ちていくのは簡単だった。


一応この作品には続きがあるけれど、3rdはファンディスク的な位置づけでやらずとも空の軌跡としては完結している。
そう自分に言い聞かせている。軌跡シリーズはさらに続くのだが……考えたくない。


漫画やアニメと違い、ゲームはソフトそれ1つに物語が詰まっている。
物理的な区切りは、そこにはない。区切るのは理性だ。
だからこそ、ゲームは1日何時間までという約束事が、子供の頃は決められているのだ。


自分の中で区切りをつけられない僕は、求めるがままにゲームをプレイしてしまう。
だから僕はゲームができない。
やりたいこと、したいことを、ゲームが全て塗りつぶしてしまうから。


……自制心をもっと効かせろ、というだけの話。
全く関係ないけど、空の軌跡面白いですよ。Evolution買おうかな(やめとけ)

スポンサーリンク