いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

花とゆめで、素晴らしいラブコメが始まっている。「高嶺と花」プッシュ&レビュー

漫画 漫画-少女漫画

2015年注目度No1ラブコメ


白泉社がそう言ってのける作品がある。花とゆめで連載中の高嶺と花だ。


高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)

高嶺と花 1 (花とゆめCOMICS)


1巻発売日に合わせ、特設サイトを作ってしまうくらいのプッシュ具合だ。

www.hanayume.com


私は花とゆめを去年から購読しているが、この作品が読み切りだった頃から読んでいた。
これは絶対に連載して欲しい。


そう願っていた作品が連載開始となり、単行本も発売された。
連載になっても、この作品に魅了され続けている。

スペックは高くて内面は残念な青年と、The・庶民な女子高生コンビ


始まりは、姉のかわりにお見合いに出席したことだった。
最悪なファーストコンタクトをしたはずだったのに、なぜか御曹司・高嶺は普通の女子高生・花のことが気に入ってしまう。


高嶺は、高所得・高身長・高学歴と、スペックは非常に高い。
高いのだが……お世辞にもそのスペックを活かしているとは言えない。
花に反論し、女に困ったことはないと言うシーンは、それが顕著に表れている。


f:id:watari11:20150324224857j:plain


この状況で、ヒロインに「で?」って返されるイケメンって……
私には分かる。きっと、やってみたかったのだと。
女性と接する時に、こうすると良い的な認識を、どこかで持っていたのだろう。


実際に使えそうな場面がきて使ってみたものの、その後に何をすべきかまでは分からないのが少し可愛い。
その後は、多分流れだからね。でも初心者にはその流れが難しんだ。


高嶺はまた、高飛車な性格をしている。勝ち誇った笑みが、非常に印象的だ。


f:id:watari11:20150324225249j:plain


ああ、何だろう。
残念かオーラが漂っている。
これはアレだな。だめ可愛いってやつだな。


このレベルになると、分かりやすくて逆に扱いやすい部分がある。
若干面倒ではあるが、花がすぐに高嶺の扱い方を覚えているのが面白い。
負けず嫌いな性格を、ちょこっとくすぐってやればイチコロなのだ。


そんな単純な高嶺だが、時にはドキっとするような言葉を紡ぐ。
自分を大きく見せがちな高嶺が、ふとした瞬間に見せる素の表情や、不器用ながらも花を気遣うシーンは、思わず男性の私もニヤニヤしてしまう。


振り回したり振り回されたり。その中にある、確かなドキドキ。
ああ、これは間違いなくラブコメなんだ。

頬の緩みがとまらない、いじらしい二人の関係


物語を進めるのは、基本的に高嶺の仕事だ。
もはや日課と言っても良いくらいに、彼は花を学校帰りに出迎えている。
二人の物語はの多くは、花の下校から始まるのだ。


馬鹿にしたりされたりしながら、二人は関係を紡いでいく。
高嶺のことを精神的に残念な人だと思いつつも、花はその側がなぜか心地良い。
意識はしなくとも、二人が心を通わせていく様は、ニヤニヤが止まらなくなってしまう。


f:id:watari11:20150324225455j:plain


このセリフは、高嶺が別の女性とのお見合い際に言った言葉だ。
様子を見るだけだった。しかし花は我慢ができなかった。
その女性が家柄ばかりで、高嶺を見ていなかったことが花には許せなかったのだ。


ワガママで、いけ好かない部分もあるけれど、優しくて根は良い人なのを花は知っている。
いや、花だから知っている。


だからこそ、その高嶺を見ようとしないことが、彼女には耐えられなかったのだ。
ああ、こんな展開を見せつけられるだなんだ……!
公共の場では、見せられない表情になってしまう。この二人の関係は、もうご馳走レベルだ。


二人は一応、お見合いをした関係だ。
お見合いというと、普通の恋愛より結婚を意識させる面もある。
花がそれを意識した話が、また素敵なのだ。


f:id:watari11:20150324225652j:plain


結婚は考えられない。
その言葉は、お見合いという出会いから考えると、別れの言葉に等しい。


でも彼女は、この関係を壊したくないと言う。
それは花が初めて明確に認める、高嶺との関係。

一緒にいて楽しい、壊したくない関係を、いつの間にか高嶺と花は築いていた。
それは、始まったばかりの関係。名前にできない想いの芽生え。
どうなるか分からない。どうしたいかも分からない。
それでも、今のまま一緒にいたいという花の想いに、思わず胸がキュンとなった。


高嶺と花のやりとりに、一喜一憂する自分に驚いてしまった。
始まったばかりの少女漫画に、こんなに魅了されてしまうなんて。


白泉社の言うとおりの、2015年注目度No1ラブコメと断言することは、私には難しい。
でもこれだけは言える。

男女ともにニヤニヤできて、思わずキュンとなる。
そんな素晴らしいラブコメが、私達の前に現れたということを


花とゆめ 2015年 3/20 号 [雑誌]

花とゆめ 2015年 3/20 号 [雑誌]

小説・暁のヨナ 同じ月の下で (花とゆめCOMICS)

小説・暁のヨナ 同じ月の下で (花とゆめCOMICS)

スポンサーリンク