いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

コミティア111に行ってきました

趣味

ビッグサイトに行くのは、2年ぶりくらいでしょうか。
イベントに参加するのが本当にしばらくぶりだったので、ちょっとドキドキしながら会場へ。


開幕当初こそ少しゴタゴタしていましたが(限定を手に入れるために並んだりするから)、1時間後くらいには落ち着いた空気に。
事前のサークルチェックはそんなにせずに、回りながら欲しいと思ったものを購入していくスタイル。


せっかく久々にイベントに行ったので、購入したものについて軽く書いてみます。

・サークル名「おでんランチ」 コミティアに行ってきました

コミティアへようこそ! by あむぱか! on pixiv


ティアマガに初めてコミティアに参加する人用の漫画が載っていて、それが面白かったのでスペースにいって購入。
えっちな漫画が好きな女の子を、ちょこちょこ弄る感じが面白かった。
コミティアって良いなあ、とこの漫画を読んで改めて思う。
作り手の「書きたい」って気持ちの先に、本があるんだなあって分かる。僕もしずくちゃんが書いたえっちな本が読みたいです。

・サークル名「機械少女」 先生と雨

http://absorb215.yu-nagi.com/

【す40b】COMITIA110 by 如月 on pixiv

照れた女の子がとても可愛かった。
仮面の人と、セーラー服の女の子の関係が、説明はないけど理解できるあたりが好き。
本の表紙が仮面の人の服をつまむ女の子で、それにやられた。この構図好き過ぎる。

・サークル名「れふとめーる」 近距離エモーション・可愛いひと・こんぷれっくす×リーズン

れふとめーる

COMITIA111 by 円山エン@2/1ティアて21b on pixiv


既刊も含めてまとめて買ってしまった。
やはり女の子が可愛いと、ついつい買いたくなってしまう。百合ジャンルはそんなに得意ではないけど、ソフトな百合で私もニヤニヤできました。
新刊のこんぷれっくす×リーズンを読んで、手のかかる子は可愛いし、コンプレックスのある子も可愛いと思った。
遅刻寸前の少女を着替えさせているのが幼なじみだと反映した時の心の声、「お母さんだと思ってたいたのに!」が個人的にツボ。

・サークル名「喜怒快楽」 イママデト・ツタエカタ

コミティア111 by クワばぁ on pixiv


こういうサークルの作品に出会いたくて、コミティアに行っていたことを思い出した。
コミティアっぽい雰囲気の作風が、私的にたまらない。


新刊の「イママデト」は、卒業を1週間後に控えた高校生の男女の話。
短い話の中に、二人の大切な高校生の時間が詰められていて、それが終わるのが怖くて。
読み終わった後、「イママデト」というタイトルの秀逸さに思わず唸った。女の子の泣き顔が可愛いのも好き。


既刊の「ツタエカタ」も私好み。ヤンキー少女とオタクっぽい男の子の話。
ブコメチックなこの話が私は好きなんだけど、作者の方的にはイマイチらしい。ぜひまた描いて欲しいのだけれども。。。
このヤンキー少女だったら、私も好きになりますわ。
膝枕してくれるヤンキー少女が、本当に実在するのなら……

・サークル名「妄想をトランクに詰めて」 彼女はもう死んでいるのに(上・中)・一日一回、あなたを好きだと思わせて

妄想トランク詰

COMITIA111新刊表紙 by 時計 on pixiv


えー、すっかりこのサークルのファンになってしまいました。
高い画力もそうですが、私の琴線にビンビン触れてきて、切なくて悶える。


「彼女はもう死んでいるのに」は、亡くなった大切な女性を蘇らせるお話です。
精巧に作られたそれは、本当に大切だったあの人本人なのか。ホットミルクを好きだというシーンは、思わず胸が苦しくなった。
それは少年の前で、大切だったあの人が弟には内緒だよと明かしてくれた秘密と異なっていたから。
「数値」じゃ測れないものが、人間にはある。誰が悪いわけでもないから、私の気持ちは行き場を無くして悶えるしかないんだ。


「一日一回、あなたを好きだと思わせて」もまた切なかった。
甘々な話もあったけど、別れそうで別れない二人の話や、表題作が……ね。
この人のことが好きだ、そう思える瞬間が一日一回あれば、ずっと続いていけるのかもしれない。
ちなみに後書きの、「もうだめかもしれないと思った時 その人に出会った一番最初の時のことを思い出すといい」という言葉が染みた。骨に刻む。

・サークル名「フロリウムエトキシド」 散逸カレイドスコープ

COMITIA111新刊 by かなめいとま on pixiv


お前多分動物園とかで生きたほうが幸せだよと崩れた顔で言うシーンが、印象に残ってそれだけで購入を決意。
ちゃんと想いを男の子に伝えられて良かった。
犬とは思えないけど、犬と呼ばれている何かが可愛い。

・サークル名「m8」 あさくらさんちのさくらちゃんはブラザーコンプレックス!?

あさくらさんちのさくらちゃんはブラザーコンプレックス!? by はちぷよ on pixiv


妹はブラコンで、兄貴は超シスコンという漫画。
改めて思うが、お兄ちゃん大好きっていう妹を描いたものが私の中で熱い(ブームが遅れてきた)
兄のシスコンっぷりを魅せつけられて、嬉しくてニヤケてしまう妹が可愛い。
ブラコンじゃないけどね!って取ってつけたかのように言っていますが、まるで説得力がない……

サークル名「きまぐれやさん」 俺と妹とモーニングタイム

[きまぐれや弐号店] 


私は知らなかったけど、マガスペで連載されている作品のようで。
こちらも兄と妹が相思相愛の漫画。
お兄ちゃんが妹に好かれるために、ありとあらゆる努力をしているのが凄い。駄目じゃない兄貴(スペック的には)
私も妹で温まりたいなあ(誤解されそうな発言)

サークル名「kirazu」 ぎにゅうのあの子はちっぱいがーる

kirazu | 創作同人サークル


ニヤニヤしすぎて悶えた。憤死するかと思った。
おっぱいをもってしまった貧乳の女の子と、巨乳好きの男の子の話。
あれだ、好きな子のおっぱいが一番という結論辿り着けるようになりたいと思った。
二人にやりとりがニヤニヤしすぎる。ブラを着けさせてもらう時に少年の手が冷たかったから、二回目は握って温めてから。
着けさせてもらうのにはもう抵抗ないんだな!って心のなかでニヤニヤしながらツッコミ入れてた。最高。

・サークル名「電導バブー」 友達を始めませんか

“d“±ƒoƒu[


女の子の友情を描いた話。
これもコミティアっぽい雰囲気で好き。淡々と、でも「良いなあ」って思うことが込められていた。
優しい気持ちになれる。真っ直ぐ、相手に気持ちを伝えたい。
女の子ってそれが難しそうなイメージだけど、だからこそそういうシーンが愛おしい。

・サークル名「FUNUKE LABEL] とよ田みのるカラー画集・最近のアカさん・オバケのサリー

2月1日COMITIA111詳細 | FUNUKE LABEL


大ファンのとよ田みのる先生がコミティアに出るということで、開幕一番並びました。
原画ももらえてなおかつ、少しお話することができて嬉しかったです。


画集はもう素晴らしいの一言に尽きる。とよ田みのる先生の暖かさが絵からもうひしひしと伝わってきます。
これはもう、手にとって見て欲しい。


オバケのサリーは低学年向けとなめてました。ちゃんとストーリーが作られていて、ちょっと心を打たれたり。
オバケだけど、そのままのサリーと遊ぶというお話が好きでした。
そういうところに気を使える主人公が素直に好き。そのまんまのサリーと遊びたい、そう言えることが尊敬できる。


久々のコミティアということで、ちょっと張り切ってしまい疲れて結構寝てしまいました。
別に三時間くらい回ってるだけなのに(笑)


次の5月のコミティアも、また行きたいなあと考えています。
説明し辛いけど、コミケよりコミティアの雰囲気が私は大好きです。いや、行ってよかった。


コミティア30thクロニクル 第1集

コミティア30thクロニクル 第1集

コミティア30thクロニクル 第2集

コミティア30thクロニクル 第2集

コミティア30thクロニクル 第3集

コミティア30thクロニクル 第3集

スポンサーリンク