いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

アクセスアップの方法は書けないから、過去記事のブラッシュアップでも勧める

ブログ

はてなブログでビッグになるには、アクセスアップに関する記事は避けては通れない。
……いや嘘だけど。


昔からはてなに住んでいる人も、私のようにはてなに移り住んで来た人も、基本的にアクセスアップの記事が好き。
俺はこうやってアクセスアップを果たしたぜ!という記事は、はてなブログでも週1くらいで話題になっている気がする。


私も本音を言えば書きたい。
……が、そんなノウハウもない。大したアクセス数もないから当然ではあるが。


なので、過去記事のブラッシュアップでも勧めてみる。


このブログは、漫画感想が一応メインだ。
そんな旬の漫画を扱っているわけでもないので、特に話題性のある記事は書けない。


幸い定期的にブログを見てくれる人もいるようだが、大半は検索でこのブログを訪れる。
彼らは私の最新記事を読むのではない。1年も前に書いた過去記事を読むためにくることもあるのだ。


もしそこで面白かったら、関連する記事で表示された記事を読んでもらえるかもしれない。
最新記事はどんなものがあるかな、見てもらえるかもしれない。
逆に言えば、拙い記事の場合そこで彼らの興味は全て失われてしまうのだ。


だから私は、定期的に過去記事のブラッシュアップを行っている。
1年前の記事はもちろん、1ヶ月前の記事でも今見ると拙いと感じる部分が多々ある。
時間を置いてみることで、改善すべき箇所は自然と見えてくる。


検索等でよく見られる記事は、真っ先にブラッシュアップするべきだ。
ブログの訪問者は、その記事でブログ全体を認識する。人気記事は、最優先でブラッシュアップをするようにしている。


私のブログで言うと、「暁のヨナ」の感想が人気記事だ。
暁のヨナ関連のページビューだけで、1日400ある。ブラッシュアップする価値は充分にあるだろう。


1番人気は、10月にヒットした記事「ランキング形式で、オススメの漫画ベスト100を紹介する」だ。1ヶ月経っても、この記事がPVの半分くらいを稼いでいる。


10時間かけて練りに練って書いた記事だが、これもやはり少しずつブラッシュアップしている。作品1つ1つの感想の根幹は変えないが、表現が適切かどうかを確認し改善している。


基本的に、私は爆発的に人を集めるような記事を実力的に書けない。
瞬間的なものを期待してはいない。


だからこそ、書いた記事の内容を後からでも磨く。
いつ見られても良いように。いつ見ても共感してもらえるように。


……いや、お前のブラッシュアップはガバガバだよ!というツッコミは普通にあるんだけど。
誤字脱字が消えてくれない(節穴)


これをやればすぐにブログのアクセスアップに繋がる、そんなノウハウはないので教えられない。
けれど、過去記事のブラッシュアップは長い目で見れば間違いなくプラスだということは、自信を持って言えるしオススメできる。


どうでも良いけど、はてなブログで漫画感想メインのブログ増えないかな。
そういう人たちは、ダイアリーにいそうではあるけど。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

スポンサーリンク