いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

今すぐ引っ越したくなるレベルの、おすすめの下宿漫画を紹介する

漫画 漫画-まとめ

私は下宿漫画が好きです。
大学で親元を離れ一人暮らしをする漫画読みは、大体下宿漫画の展開に憧れてちょっと期待しながら一人暮らしを始めます。そんな展開は無いけどな!

下宿漫画はいくつかあしますが、大まかな年代に分けて代表例を3つおすすめします。

・1980年代~90年代
めぞん一刻

下宿もの漫画で真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
高橋留美子の名作です。
私は大学生になってからこの作品を読みましたが、こんな管理人さんがいるところに住みたかったと何度思ったか。
掲載誌は青年誌でしたが、大学生くらいになる漫画読みはまず抑えているレベルの名作。実際に90年代に大学生だった方に話を聞くと、当然憧れたというお話を聞きました。

中盤以降はくっつきそうでくっつかない二人にやきもきしながらも、その光景を楽しむという感じか。


ずっと言えなかった事があるんです。ずっと前から五代さんのこと好きだったの。

管理人さんの言葉を聞いた時、何か関係ない私が報われた気がした。
こんな美人の管理人さん、まずいないけど(涙)


・2000年代
ラブひな

私の世代の大正義下宿漫画。
いや主人公が女子寮の管理人をしているので、厳密には下宿漫画では無いかもしれませんが(笑)
ドタバタラブコメの代表作でもあるこの作品を、当時は買うのが少し恥ずかしかった記憶があります。
ある程度年を取ってから読むと、あまりエロさは感じませんがニヤニヤは止まりません。


ラッキースケベな展開の中に、男女が心惹かれていく様子が描かれているのが良い。
メインヒロインのパワフルな感じ、暴力女言われることもあるけど私は好きでした。活力に溢れてる娘が好き。

女子寮……という響きがすでに男子中学生の妄想をこじらせます。
童貞はまずラブひなでこじらせちゃいます。そんな上手い話はねーから!

・現在
僕らはみんな河合荘

知り合いの漫画好きたちから絶賛され尽くしている僕らはみんな河合荘
もう、先輩が可愛くて童貞をこじらせる。


赤面力が高いのが、この作者の作品の大きな魅力です。恋愛ラボもそうですが、赤面した女の子が可愛すぎる。いつまでも眺めていたくなります。
女の子の赤面はご褒美です。
そしていつか俺も……と思っている中高生がこじらせます。様式美ですね、きっと。


キャラ同士の距離感が抜群に良いのが、この漫画の素敵なところ。
わちゃわちゃしてるシーンとか、凄く楽しそうです。
ああ、こんな下宿に住みたい……と大学生時代思いました。下宿先に同じ学校の生徒なんていなかった。。。

f:id:watari11:20141009220049j:plain


赤面する先輩……最高です。ビバ赤面!!


大まかな年代に分けるとこんな感じになるかと思いますが、もう少し細かく見ると間に入ってくる漫画が結構ありそうですね。
まほらば何かも、魅力的な下宿生活でした。

今年も、そして来年も。
漫画に憧れて下宿して、現実を知る学生が大量にいるんだろうなあ(遠い目)

スポンサーリンク