いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

ジャンプ+で漫画投稿できるみたいだし、漫画投稿サイトをまとめてみた

漫画 漫画-まとめ

いやあ、ジャンプがweb漫画に本格的に進出してきましたね


少年ジャンプ+


人気作家の新作から、人気作品の番外編、歴代ヒット作品まで読める新漫画雑誌というジャンプ+。
地味に毎週電子版のジャンプが買えるのはデカイ。
それに加えて11月から少年ジャンプルーキーとして、漫画投稿サイトとして機能することも分かりました。


少年ジャンプルーキー | 誰でもジャンプでデビューできる、マンガ投稿サービス


サイトは別になるのかな?ジャンプ+アプリで配信されたりするそうですけど。
というか、ジャンプ+はソーシャル系のボタンに「はてブ」があるんだよね。
裏サンデーとかにはないので、ちょっとびっくりしました(笑)


本題に戻し、良い機会なので著名な漫画投稿サイトをまとめてみました。

マンガごっちゃ



マンガごっちゃ - 漫画・コミック・イラスト投稿・閲覧 完全無料のコミュニティーサイト


実は漫画投稿サイトでググると一番上位にくるのが、このマンガごっちゃ。マイクロマガジン社が運営しています。
人気作品は単行本化されています。


奇異太郎少年の妖怪絵日記(1巻) (マイクロマガジン・コミックス)

奇異太郎少年の妖怪絵日記(1巻) (マイクロマガジン・コミックス)


面白いweb漫画で有名な妖怪絵日記も今はこちらで連載されてたり。今後単行本化作品増えるかなあと予想しています。

ニコニコ静画



ニコニコ静画 (マンガ)


動画サイトとして有名なニコニコ動画の静画サービス。それの漫画カテゴリです。
個人の投稿だけでなく、商業誌の漫画も載っていたりする、ニコニコならではのサービス。
web漫画雑誌で連載中のワンパンマンが、こちらにも載っていたりするから面白い。

ちなみに私が絶賛プッシュ中の、「だがしかし」も読むことができるよ!



だがしかし / サンデー編集部 - ニコニコ静画 (マンガ)


だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)

新都社


WEB漫画とWEB小説の新都社


web漫画好きならみんなご存知、漫画投稿サイトの元祖的な存在。
人気作品は軒並み更新ペースが遅くなったり休載してたりもしますが、ついつい見に行ってしまいます。
送球ボーイズは今も更新されていて、チェックするくらい好き。

送球ボーイズ

週刊少年ワロス



週刊少年ワロス | 気軽に無料で投稿・閲覧できるWeb漫画雑誌 - Free Web Comic Magazine


新都社載せるならこっちも載せるよね。というわけで、こちらも結構前からある動画投稿サイト。
新都社もそうですが、雑多な感じが凄く好き。みんなが作るサイトという雰囲気。
ちなみに、最近だとこの漫画が好き

http://books.vipdoor.info/comic/ww4239

マンガボックス インディーズ



マンガボックス インディーズ(MangaBox Indies)


こちらはDeNAが運営するマンガボックスのインディーズ版。講談社と深い関わりがあったはず。
編集部からスカウトされれば、マンガボックスで連載されたりするチャンスがあるらしい。
作品数が豊富で、漫画投稿サイトの中でも全体の平均レベルが高い印象です。

女性向けの作品が多いかな、何となく。人気作家に女性が多いからかもしれないけど。


【番外編】

裏サンデー



裏サンデー | 第3回投稿トーナメント1回戦スタート!!


常に投稿できるわけではないけど、たまに裏サンデー連載権をかけた漫画投稿トーナメントを開催する。
投稿した漫画は基本的に読めます。永続的に読めるわけじゃないっぽいけど。
このトーナメントを勝ち上がって連載権を獲得したヘルク、懲役339年は今や裏サンデーの人気作品。
今回のトーナメントを勝ち上がる作品にも、期待しちゃいます。

Helck 1 (裏少年サンデーコミックス)

Helck 1 (裏少年サンデーコミックス)

懲役339年 1 (裏少年サンデーコミックス)

懲役339年 1 (裏少年サンデーコミックス)

pixiv



イラストコミュニケーションサービス[pixiv(ピクシブ)]


今更何かいうこともないイラスト投稿サイト。
イラストの方が圧倒的に多いものの、こちらでも数多くの投稿漫画が読めます。



いかがでしたでしょうか。他にも
マンガ★ゲット
漫画ハック
などがありますが、私があまり詳しくないので今回はあまり触れず。


こうして見ると、漫画を公開する場所は今はかなり多くありますね。
選択肢が増えるのは、良いことの方が多い気がします。読む方は、集約されてたほうが手間が省けて良いのかもしれませんが。
今後も、面白い漫画が新たに投稿されることを楽しみにしています。



スポンサーリンク