いつかたどり着く

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかたどり着く

漫画とかの駄文書く。

エントリーシートを突破するために役立つ記事まとめ

就活

そろそろ最終面接だな、という友人の声に焦る就活生がこちら。

まだ一次面接くらいしか辿り着いていないんだが。し、志望している企業の採用時期が遅いだけだよね……(震え声)

コミュ症なので面接も不安しかありませんが、ESを突破しないことにはコミュ症だからなんて言い訳もでない。

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2014 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2014 エントリーシート編

ちなみにESで二社落とされた。改善の余地は存分にありそう。
ということで、ESを磨くために役立ちそうな記事をまとめた。


【保存版】エントリーシート通過率を極限まで高める7つのチェックリスト

チェックリストとなっているので、自分のESがその項目をクリアしているか比較しやすい。
まず最低限、聞かれている質問(設問)に答えないと。


たいていのエントリーシートは成立してない!?劇的に変わる裏技とは

まず日本語として成立させるため、「です・ます」と「だ・である」を混在させないこと(たまにこのブログでやらかしてる)
読み手のことを考えてあげる事ができれば、それだけで良いESになりそう。


いいエントリーシート 悪いエントリーシート エントリーシートのどこを見られているのか

具体的な経験のディティールを書いて、相手に質問させたくなるようなESにすると良いらしい。
あとはやっぱり、大学のキャリアセンターを利用した方が賢いのかな。


志望動機が書けない人が陥る3つのワナとその処方箋

ESで絶対に聞かれるとも言っていい志望動機を書くためのアドバイス。
ある程度範囲を絞ったり、簡単な情報をとっかかりにしても良いから事業内容を調べて興味を持つことから始めると良いらしい。
興味があるかないか、本当に志望しているかどうかは企業の人はすぐ分かるんだろうな。


エントリーシートどっとこむ

ES全般のまとめサイト。
全く分からない、という場合はここからスタートするのが良いと思う。


カオスちゃんねる : エントリーシート通過率を極限まで高めてやる

2chまとめながら、はてブで圧倒的人気を得た記事。
面接のことを考えながら、分かりやすく相手に伝える技術を惜しみなく載せている。
「分かりやすい文章」 とは「無駄な情報の無い、論理的な文章」
受かるESとは、つまるところこれができているかいないかではないか、とすら思った。


エントリーシート(ES)郵送における10の注意点、エスタンシア

良いESが書けたなら、しっかりと相手に届けよう。



全ては難しいけど、何個か実践して良いESを作りたい。
ちょっと頑張った(まとめただけで満足してESには活かされないタイプ)

スポンサーリンク